逃げられると思うなよ

Picture 334 (500x375)
At Piccadilly Circus

不景気のため犬がどんどん捨てられていく 

RSPCAは2010年の最初の4ヶ月で3,512件の捨て犬に関する電話を受けた。
前年の3,110件に比べると12.9%の増加である。
1月から4月まで4,966匹の犬が捨てられ、4,502頭だった前年より10.3%の増加だ。

犬のライセンスに関する問い合わせも増えてきた。
飼い主の追跡が困難な現状を改善するために再導入の動きが動物保護センターから起こっている。

捨て犬、人間にとっても他の犬にとっても危険な犬、犬から人間に感染する病気、
無責任な犬の繁殖、犬への虐待などにも大きく寄与できるのではないかと考えられている。

「イギリスやウェールズで毎年何千匹もの犬が無慈悲に捨てられている事実に胸が痛みます。
RSPCAや多くのチャリティ団体がかわいそうな動物たちの救助に惜しみなく力を注いでいますが、
この終わりなき問題の助けとなるのが犬のライセンスの再導入だと信じています。
犬を捨てるというう犯罪行為を行った人間が
うまく逃げおせられると思わせないようにしなければなりません」
とRSPCAのスポークスマンは語る。

1017人を対象に昨年2月に行われたアンケートでは76%の成人が、
そして66%の犬の飼い主がライセンスシステムに賛成している。
犬のライセンスは1987年にイギリスでは廃止されたが北アイルランドでは行使されている。

THE INDEPENDENT UK

イギリスは不景気の波をかぶり多くの人が失職したり、
家を手放さなければなりませんでした。
とても犬など飼っていられないということなのでしょうか、
捨てられる犬猫の数が相当数になりました。
犬は食べる物に不自由しても屋根がなくても
飼い主のいるところならどんなところでも喜んでついていくのに。


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR