あの時と今

2012/ 11/ 16
                 
スタイルは変わっているだろう。ヘアカットも違っているかもしれない。
しかし横にいる犬たち変わらず人間のベストフレンドである。

よちよち歩きの子供と仔犬が台所の床でおもちゃに囲まれて遊んでいる愛らしい写真がある。
その横には12歳になった男の子と彼の忠実な友人の写真が並んでいる。
Dog Heirs.comというサイトの「犬は生涯の家族」というセクションに投稿されている楽しい写真が
メール・オンラインで紹介されている。

article-2231696-15FC18C9000005DC-92_634x432.jpg article-2231696-15FC1731000005DC-431_634x452.jpg
ディラン14ヶ月 コービー9週。そして12歳のディラン

article-2231696-15FC148B000005DC-489_306x448.jpg article-2231696-15FC14C3000005DC-307_306x448.jpg
マイケルとレヴィ1997年と2012年

article-2231696-15FC0FA2000005DC-908_634x407.jpg article-2231696-15FC109F000005DC-349_634x377.jpg
14年来の兄弟であり友達でもある

article-2231696-15FC12C8000005DC-295_306x492.jpg article-2231696-15FC13F8000005DC-914_306x492.jpg
11歳だったミッシェルとスクラッピー。7年経った今は絆はより深くなっている。

article-2231696-15FC173A000005DC-24_634x386.jpg article-2231696-15FC1736000005DC-950_634x423.jpg
子犬のケイティ2001年。11年後、いまだに兄姉である二人と。

article-2231696-15FC1497000005DC-309_306x393.jpg article-2231696-15FC15A7000005DC-825_306x393.jpg
幼い兄弟への2001年のクリスマスプレゼントだったネイヴィ。2011年には右の仔犬も。

article-2231696-15FC12B0000005DC-495_634x495.jpg article-2231696-15FC14C9000005DC-326_634x466.jpg
ジランとポージィーの小さい時。ジランが大きくなってもまだ小さいままのポージィー。

article-2231696-15FC2005000005DC-554_634x478.jpg article-2231696-15FC21D0000005DC-903_634x406.jpg
サヴァンナ8歳、サム8ヶ月。サヴァンナは17歳になり、サムも大きな犬となった。

article-2231696-15FC1223000005DC-495_634x574.jpg article-2231696-15FC12BC000005DC-31_634x604.jpg
仔犬のスパーキーと一緒のサム。大きくなってますますグレーになったスパーキー

MAIL ONLINE

そして相変わらず写真を貼るのがヘタなワタシ。。。


スポンサーサイト
                 

コメント

        

犬がいれば
人生は豊か。

笑顔のオンパレードに疲れもどこへやら。
Re: 犬がいれば
おふみさん

動物は見ているだけで頬がゆるみますね。
存在自体が幸せの源ですよね。
ちょっと前にとても悲しいお話を聞いたとこなので、写真を見ながら、うるうる、してしまいました。

GBでの実話です。
動物病院に小型犬を預けに来られました。
若い夫婦に赤ちゃんが生まれたので、この小型犬を手放さなければならなくなったとの事。
遠い、ヨーロッパの親戚に貰ってもらうことが決まったのだが、手続きの日々、家に置いて置けないから預かってほしいとの事。
彼女曰く、これはとてもつらい決断だった。との事。
私は、はァ~~~。何言ってんの!
その仔はあなたの赤ちゃんにとってベストフレンドになるかもしれなかったし、兄弟のように遊んでくれたかも知らなかったのに。

そして何より授かった命と手放す命の重たさは一緒なのに・・・。

彼女たちには、もう二度と犬を飼ってほしくないと思いました。

Re: タイトルなし
cocoさん、

赤ちゃんが産まれるという理由で犬や猫を追い出すす人がいますよね。
まったく不思議です。
そうかと思うと、新生児と大型犬を2、3頭連れて闊歩している
お母さんもいます。「頼もしいなあ」といつも後姿を賞賛しております。