私が止まり木から落ちた時は

Picture 1140


シャギー・ドッグ・ストーリー

ロビン・ページ(イギリスの俳優、テレビのプレゼンター)とバンブル(Lurcher) の場合

バンブルとはどこへ行くのも一緒だった。17歳半で死んだが、
最後は私ではなく、彼が耐えられなかったので、安楽死となった。
この国は人間より犬のほうが処遇がいいのだ。
私はバケツの水をひっくり返したように泣いた。

バンブルは他の犬にとって替えることのできない、ある意味では特別な友達だった。
テレビ番組「男とその犬」をやっている時も、本のリサーチをやっている時も
いつもそばで励ましてくれた。
だから、次の犬を飼うのに二年もかかったのであろう。

私たちが好きな野原の一角にバンブルを埋葬した。
石を置いて墓らしくする。今は木苺が覆い、ちょうどいい塩梅になっている。
私が止まり木から落ちたときは、そこをちょっと奇麗にしてもらわなくてはならない。
そうすればバンブルの横に埋めてもらえるから。


雨の日曜日、プリンターのインクを寄付しようと、
メイヒュー・アニマル・ホームへ行ったところ、
それどころではなく、「犬がいる!!」と捕獲棒を手にしたスタッフ数人が、
ホームの電柱につながれているスタフォドシャー・ブルテリアを
保護しようとしているところに出くわしました。
犬は恐怖のあまり、大暴れ、スタッフはきびきびと動いていましたが、
哀しそうでした。リードで柱につないでレスキュー・センターの前に
捨てただけでもまだ心が残っているのでしょうが、
「捨てられた犬」の姿が目に焼きついて離れません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何てことをするのでしょうか!
でも、まだ良しとすべきなのでしょうね。

恐怖で大暴れしている仔が目に見えるようです。

「捨てられた犬」のことが目に焼き付いて離れない。
共感しています。

何だかもやもやとした怒りか、悲しみか何か自分でもはっきりしないものがたまり胸をかきむしりたくなります。

Re: タイトルなし

COCOさん、

何故、そんなことができるかまったくわかりません。
できる人とできない人の間には深い溝があります。

メイヒュー・ホームのサイトをこれから頻繁に見て
あの子がいい人にもらわれていくように見守っています。

トラウマ

この救われた子 今後このことがトラウマになりませんように と 祈ります
捨てた方の人間の心がわかりません。

Re: トラウマ

ワンワンオーナーさん

どういう風な状況で「捨てる」という行動に結びつくのか
私もわかりません。
その人を主人として慕っていた家族ではないのですか。
今度は本当に良い人に巡り会って欲しいと願っています。
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR