命を救うサービス業 How We Did it 7

Picture 1153

ネバダ・ヒューメイン・ソサエティの成功の秘密を惜しげもなく披露いたします。

人が遊ぶ時間を有効利用せよ

ビジネスで成功したければ、人が仕事をしていないとき、
たとえば、夜間、週末、祝日が最大のチャンスである。
動物を譲渡するのにこの時間帯を見逃すことはできない。
しかしそのために余分な人件費や動員が必要になることにはならない。
動物譲渡が少ない朝の時間の出勤を遅らせたりする工夫をして、
十分調整はできるのである。

人が来るのを待つのではなく、動物を人にもっていく

統計によると動物シェルターから動物をもらう人はほとんどいないそうである。
そんなことなど考えたことのない人が多数である。
そして残りはシェルターの動物に対して間違った考え方をしており、
訪問しようともしない人たちばかりである。

これらの障害は従来のやり方をちょっと離れて工夫すれば容易に克服できる。

「衝動買いは悪い」という古い概念にとらわれるのはやめよう。
研究論文でもこれは間違っていると発表されている。
人間の本能は性能が良いのである。
気高く正しいことを選択する能力があるのだ。
それは動物を選び、彼らに暖かい家を与える選択においても
十分発揮できうるものである。

動物と触れ合うことを推進しよう。
触って、一緒に過ごして、恋に陥いってもらおう。
里親にならずとも動物たちは触れ合ってもらうことだけでも喜ぶのだから。

旧式な動物シェルターの専門家は動物との接触を最小限にとアドバイスするが、
動物と触れ合いたいと思うのは人間の自然な欲求である。
政治家と商売人はこれを知っていて、それぞれの立場で大いに利用しているではないか。
私たちも命を救うサービス業という仕事において同じ心理学を応用できるはずである。

動物と交わり、触れ合うことによって譲渡数を増やすことができるだけでなく、
動物たちもストレスが軽減し、病気に対して強くなる。
動物は一緒に遊び、触れ、抱きしめられることにより健康になるのである。

私たちはロビーに「猫ルーム」とショーケース・ケージを置いている。
皆の目にとまり、そばによって見てくれると考えたからだ。

またボランティアが犬の散歩に連れていくとき、
「里親になってください」と書いたベストを着せて、
シェルター内を歩きまわる。この効果は絶大である。
ベストを着せた犬たちはケージの中やガラスの中で見
せる犬よりも、もっと早く里親が見つかるのだ。
人々は動物たちと「直接関わること」ができるからである。

私たちは動物が人と相互作用できる機会を絶え間なく探し続けている。
最近ではキャット・コロニー・ルームを作った。
部屋の中にはカウンターがある。猫はそこに自由に乗り降りできるのが大好きだ。
入ってきた人たちはそのカウンターで猫と話しができる。
カウンターは人が動物と触れ合う理想的な高さである。
そしてなんと、これによってその部屋にいる猫の里親が劇的に増えたのである。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

”Please adopt me"と書いたヴェストをつけてシェルターの近くの界隈をお散歩しているワンコを見かけます。
わざわざシェルターに足を運ぶことはないけれど、あれをみて、「あ、あの犬、可愛いな」とか思う人はいるでしょうね。
PRに加え、犬の運動と社交能力(?)の練習も兼ね、一石三鳥ですね!



Re: タイトルなし

私もそのベストをイギリスで見て、まるで犬がそう言っているかのような錯覚を起こし
ついふらふらと欲しくなります。上手ですねえ。作戦。
「どうすれば譲渡数」を増やし、ノーキルを達成できるかを四六時中考えている人たちですね。

過去何日間のを一気に読ませていただきました。

日本でもすぐに実行してほしいです。
散歩のときに「里親募集中」と言うのは本当に良い考えです。

日本でもTシャツを売られてたような気がしますが、里親募集のための寄付金集めだったような気もします。


今日の画像はどこのケーキやさん、レストラン?それともお手製ですか。
減量中ですがとてもおいしそうです(笑)

今3段のケーキスタンドがほしいなと思ていたとこです。
やっぱりこういうのはイギリスの方がお値段の割にはいいのがあるのではないでしょうか。
それに手作り教室がハムステッドにあるようです。行きたいです。(笑)
昔、ハムステッドで3ヶ月程、下宿したことがあります。
今もあるのでしょうか、駅を降りてすぐにあった映画館。
1972年にそこで悲劇の王妃「アン・ブリーン」の映画を見たのを思い出しました。
コベントガーデンも花や野菜の卸しやさんが立ち並んでいました。
今はすっかり様変わりしていますね。

思い出と言うのは、ちょっとしたきっかけからどんどんと膨らみます。
関係のないコメントを長ながとごめんなさい。

なるほど

なるほど。「里親になってください」と声をかけるより目に訴えていくほうが記憶に残りますね。
参考になりました

Re: タイトルなし

cocoさん、コメントありがとうございます。
ハムステッドに住んでいらしたのですか。素敵なところですね。
イギリスも不景気で、新しいお店ができては消えていきます。
でも基本の町並みは変わっていないので、
またいらしたときはすぐ思いだされますよ。
ケーキは私ではありませんが、手製です。
私はケーキ作りの才能がなく、もう「ケーキは買うもんだ」の域に達しています(笑)

日本のシェルターや保護活動をなさっている方々にぜひ読んでいただきたいと
ネバダ・ヒューメインのやり方をご紹介させていただいてます。
できるものから取り入れていただければ嬉しいです。

Re: なるほど

ワンワンオーナーさん、こんにちは。
私もバタシー・ホームでよく目にしました。
そのベストを着て、颯爽と散歩に出かけるわんちゃんたちはなぜかハンサムに見えるのですよ。
思わず「欲しい!」と思いましたもの。
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR