私に何の関係があるというのだ 

What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉

貰ってくれる人がいると信じること How We Did It 6

Picture 1192

5.譲渡数を増やすために

ゴール達成のためには人々の協力と共通の意識を持ってもらうことが不可欠である。
それを衆知しなさい。家のない動物たちの命を救おうとしていることを宣言し、
そのゴールに到達できるように、スタッフに、ボランティアに、一般の人々に助けを求めなさい。
目標を達成できたら皆に感謝し一緒に喜んでもらうこと。

私たちが1000匹の譲渡をゴールとし、1006匹に達成したとき、
感謝のニュースを地域の人々に伝え、キャンペーンに寄与してくれたスタッフに
ピザのバウチャーを配った。

ひとつひとつの譲渡が祝いである。実現のたびにトライアングルを慣らし、
スタッフはすべて仕事をやめ拍手で送る。
私たちの仕事を再認識し、里親になってくれ人たちにへの敬意である。
デスクの後に譲渡数を貼りだし、目標までどのくらい達成したか、
あとどのくらいあるかみんなに見てもらう。

この子達はみんな貰ってくれる人がいると信じること

うまく運営されていないシェルターは里親になってくれる人が少なく、
可愛い動物や扱いやすい動物だけがひきとられていく。
しかし愛に限りがあるはずはない。
危険な動物や重い病気にかかった動物を除いては
みんな貰ってくれる人がいるはずである。
一匹一匹適正な売り込みができるかどうかによるだけである。

譲渡スタッフは二つの役割をになう。
動物たちの幸せのためにきちんとした家にもらわれていくようにすること。
そして訪ねてくる人や飼い主になる可能性のある人たちにとって完璧なペットを探せるよう
質の高いカスタマーサービスを提供すること。
to be continued...


やはり気合とそれをバックアップする洞察力、企画力、実行力でしょうか。