How We Did It - 2

Picture 1120
At Piccadilly Circus

ネバダ・ヒューメイン・ソサエティ (以下NHSと略す)2011年統計

カウンティ全域の救命率

Countywide Save Rate (NHS and WCRAS combined)
2011: Dogs: 91% Cats: 91%
2010: Dogs: 91% Cats: 91%
2009: Dogs: 90% Cats: 89%
2008: Dogs: 90% Cats: 83%
2007: Dogs: 92% Cats: 78%

これに対する国との比率は 2009: 58% (Source-Maddies's Fund)


Nevada Humane Society Save Rate(NHS 救命率)
2011: Dogs: 93% Cats: 93%
2010: Dogs: 94% Cats: 95%

Pet Adoptions (Live Release of All Animals) ペット譲渡

2011: 9,340 down 3% (328 less adoptions)
2010: 9,668 up 5% (484 more adoptions)
2009: 9,184 up 6% (549 more adoptions)
2008: 8,635 up 7% (605 more adoptions)
2007: 8,030 up 61% (3,040 more adoptions)
2006: 4,990 (pre no-kill initiative)

譲渡前に仔犬仔猫すべて不妊手術、ワクチン接種、マイクロチップを施す

Animals Losing their Lives in Washoe County Shelters 
(ウォッシュホーカウンティのシェルターでの動物の殺戮率)
2010: 12% decrease(減少)
2009: 27% decrease
2008: 10% decrease
2007: 52% decrease (2,700 fewer dogs & cats lost their lives in 2007 than 2006)

Animal Deaths in Shelters per Thousand People
(人口1000人に対するシェルター動物殺戮率)

Washoe County 2011: 3.6 animals per 1,000 residents
1,000人に対して3.6匹の殺戮率(ウォッシュホー・カウンティ)

National Average 2009: 7.8 animals per 1,000 residents
(Source―Maddie’s Fund)
(国の平均2009年、1000人につき7.8匹の殺戮率)

Shelter Admissions(シェルターの動物受入数)

Washoe County 2010: 38 dogs & cats per 1,000 people
(1000人に対して38匹の犬猫)
National average 2009: 14 dogs & cats per 1,000 people
(国の平均は1000人に対して14匹の犬猫)
(Source―Animal People Newspaper)

100%も夢じゃない素晴らしい数字です。毎年キープできることも素晴らしい。
そして公開することも素晴らしい
どうやってこれができるのか、次回へ続きます。
早く知りたい方はNHSのホームページへどうぞ

NEVADA HUMANE SOCIETY

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1,000人に対して7.8殺戮率。

この比較の仕方がとても私には新鮮です。

私は殺戮には無関係と思いながら読んでいましたが、
1,000人に対してと比較されると、いきなり7.8と言う数字が自分にものしかかってきました。

日本ではどうなんでしょう。
殺戮ゼロに近づいてほしいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

COCOさん

日本は殺戮数を公表しているところがあるのでしょうか。
イギリスも隠しはしないでしょうが、表立っては出していないようです。
やはり出せない数字なのでしょうか。
「仕方がない」「無理だ」と思ったときから後退の一途です。
ネバダ・ヒューメインのやり方をこれから数回に分けてご紹介させていただきますね。

Re: タイトルなし

FSYAMさん、

なるほど、合衆国は州によってかなりモラルが違うのですね。
アメリカの殺戮数はとても多いと聞いていましたが、
その壁を打ち破ろうとしている人たちもたくさんいるようで、ちょっと救われた思いです。
仰るとおり、この不毛に見える問題を打ち破っていくためには
普通のことをやっていては進みません。
クレバーさと、柔軟さと強さを持った戦略家が必要ですね。


プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR