動物の辛さを少しでも軽減しようと懸命になっている人たちへ

Picture 998
At Kensington High Street


ノン・キルシェルターを宣言し、確実に目標達成に近づいている
アメリカのNevada Humane Societyは気合が入っています。
「シドニーとクーパーのビッグ・デー」と名づけられた
ビデオクリップをご覧になってください。Youtubeに寄せられたコメントのひとつとともに



このビデオクリップは

動物を愛するすべての人たちへ

シェルターのボランティの人たちへ

野生動物を助けている人たちへ

自分の家をフォスターハウスとして動物たちを受け入れている人たちへ

動物の権利のために闘っている人たちへ

地球の動物の辛さを少しでも軽減させようと懸命になっている人たちへ

そしてその一人一人に神のご加護がありますように






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

FSYAMさん

私も「あーアメリカ」って思いました。元気で前向きですよね。

イギリスも日本もこのくらい弾けて欲しいです。
このゆるさとユーモアは動物のためにたちあがる強力な充電力になります。

送ってくださったハワイのパピーミルの画像はかわいそうでしたが、
息子さんを始め、多くの人が手がさしのべてくれます。絶望的ではありませんよね。

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR