命を救う方法

Picture 1017

ノン・キル・シェルターと言えるのは、
「肉体的にも精神的にも健康な動物
(治療を施すことによってそのレベルまで行く動物も含む)は殺戮しない、
数字で表すと収容動物の90%以上の命を救うことができるシェルターです。
イギリスではドッグ・トラストがノン・キル・シェルター宣言をしており、
引き取り手のいない動物たちを終生面倒をみる専用のシェルターがあります。
RSPCAも2017年までにノン・キル・シェルターを目指すことを宣言しました。

多くの団体が「無理だ」と根を上げる中、
アメリカネバダ州のノーキル・シェルターを目指すヒューメイン・ソサエティは
多くのボランティアの力を借り、2007年、
初めて一匹も殺戮しなかった年を成し遂げています。

そこのホームページが素晴らしい。

Fray の How to Save a Life のファンタスティックなビデオクリップをご覧ください。




また頑張りましょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR