私に何の関係があるというのだ 

What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉

犬を食べる11の国

Picture 989



食用犬の廃止提案と世界的な批難の声にもかかわらず、肉はまだ売られ続けている。

犬を食べる国は世界で11カ国ある。

中国、インドネシア、韓国、メキシコ、フィリピン、ポリネシア、
台湾、ベトナム、北極地域、南極地域、そしてスイスの2州。

中国:世界で最初に犬をペットにした国であるが、犬を食べる習慣は孔子の時代、あるいはもっと前から。

インドネシア: Batak Toba 民族が伝統的に食す。ドッグミートシチューのような伝統的な料理がある。

メキシコ:アズテック文明時代より犬肉を食べる。食用犬は古いメキシコ陶器にも見られる。 

フィリピン:マニラでは犬肉のために殺したり売ったりすることは違法である。
しかしリサーチや頭数制限はこの中に含まれない。

ポリネシア:1769年ヨーロッパと接触をもったとき、タヒチと他の島で食べられている。

台湾:冬に特に食べられる。身体を温めると信じられている黒犬が重宝される。

韓国:犬肉を使ったドッグスープがあるが、動物好きから、特に西洋人からの批難を受けている

スイス:1996年のスイスの新聞によるとAppenzell 、St. Gallen の
ふたつの州が犬肉を食べる習慣があり、ジャーキーやソーセージ、ラードにしたり、
医学用に使用している。

ベトナム:国中で食べている。北部では特に人気がある。レストランの夜のディナーに上る。

南極北極地方:シベリア、アラスカ、北部カナダ、グリーンランドの種々の人々の緊急食料であった。
そりを引く犬も食料難に陥れば食用となる。


MAIL ONLINE

このニュースに関してイギリスのラジオ番組で偶然耳にしたキャスターのコメント

「犬肉を食べるのは、ひどい習慣だと思う。しかしそれが彼らの文化なら、
おせっかいを焼くべきではない。
自分たちのこともほかの国からあれこれ言われたくないじゃないか」と。

いえ、焼かなければならないおせっかいもあるのです。
批判を続けながら、これらの国に行く時は気をつけて食事をとるように。
需要がなければ供給もないのです。