私に何の関係があるというのだ 

What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉

胸をはって言えるきちんとした理由がある

Picture 934_picnik
At Regent Street

ウッドグリーン・アニマル・シェルターの犬の行動と訓練部長であるスー・ケトランド氏が
レスキューペットを貰う利点をシステムを説明しながら語る。


こんなに多くのホームレスの犬猫が家を必要としているそばから、
どうして純血種をどんどん作り、次から次へと買っていくのか?
これはチャリティ団体で働くすべての者たちが心の中で繰り返し問うことである。

チャリティで働く者は人間のベストフレンドである動物たちを
愛しているからこそこの産業を選んだ。
レスキューセンターの給料は低い、長時間働き、休日も週末もない。
恒常的に動物たちであふれかえるセンターの中で、
スタッフは彼らがベストなケアを受けるよう常に監視の目を怠らない。

仕事環境は両極端に感情を揺さぶられるところである。
一方では動物に対する想像もつかない虐待に直面し、
もう一方では私たちを支えてくれる人たちの心が
金のように輝いているのを見ることができる。
その両極端の間をいったりきたりする毎日である。
どんな一日になるかわからない。
ハートが壊れるか、喜びであふれる日になるか。
どんなふうに転ぼうとも、私たちは誇りを持って仕事を遂行する。

里親のプロセスが非常に難しいと最近マスコミに寄せられていた記事を読んだ。
すべてのチャリティが同じようナやり方をするわけではない。
シェルターの規則はそれぞれ違い、
ちょっとでも条件にはずれると引き渡しをしないところもあり、
犬一匹一匹にひきとる家庭の子供の適正年令をつけてあるところもあり、
昼間仕事に行く人には犬を譲渡しないシェルターもある。
こういったリストは永遠に続く。

しかしこれらの規則やプロセスはすべて善意の意図から発したものであり、
畢竟飼い主が動物を大切にしていれば、動物シェルターがこんなに満員になっているはずはないのだ。


「心対頭」という葛藤がある。もし「心」が世界を支配するのなら、
この世は素晴らしい世界になるであろう。
しかしその世界では「ものごと」は果たして進むであろうか。
完全なる世界を夢見るが、完璧さとは何であろう。
非常に主観的なものである。ある人にとっては愛すべきものでも、
他の人にとっては憎しみになるかもしれない。
だからこそ人生は面白いのである。

私たちシェルターが目指すのは「中間で」あり、「適度」さである。
これは動物福祉の現場で働く者たちは覚えておかなければならないことである。
もし完璧な家庭が現れるのを待つのであれば、犬や猫は長い間待たなければならない。
けれど、水と食べ物と寝る場所と医療と運動と愛を与えてくれる家、
他の言葉で言えば「適度な家」を見つければ、
犬はすぐソファの上で暮らすことができるのだ。

ウッドグリーン・アニマル・チャリティでは犬の基本的要求を満たす家、
それにちょっとプラスアルファをつけるように訓練されている。

私たちはとっくの昔に気がついている。
何エーカーもの広大な土地を持ち、住み込みのドッグ・トレーナーがいて、
飼い主は四六時中在宅であり、小さい子供もいなければ、
問題のあるホームレスの犬をぜひきととりたいという熱心な飼い主。
そんな家は現実にはあまりないことを。

ただ、私たちを信用して大切なペットを手放した飼い主に対して、
ペットの残りの人生が安全であると保証される家を見つける義務がある。
私たちはこの責任を非常に重要だと認識しており、
どんなことがあろうと、経済的にも感情的にも基本を満たすことのできない家に
私たちの動物を手渡そうなどとは夢にも思いはしない。

新しい犬、仔犬を探している人たちにはいろいろなオプションがある。
ブリーダー、新聞、店頭の広告、そして今やインターネット。
ペットをオンラインで購入させようとするサイトも増え続けている。
何故そこで買いたいのか。本当にそこから買いたいのか、
犬猫を飼う前にもう一度考えて欲しい。

名のあるチャリティ団体は犬に家を見つけようとするとき、
動物だけでなく飼い主への手助けもする。
多くのチャリティ団体はメディカルチェック、予防注射、虫下し、のみとり、
そして不妊手術、マイクロチップを施し、
新しい飼い主に一ヶ月の無料保険をつけて渡す。
そして社会に送りだすすべての動物たちの生涯の幸福のために
サポートとアドバイスを与え続ける。

他のどんなところがこの高いレベルのケアと愛情を提供するだろうか。
しかもブリーダーに払うお金よりずっと安いのである。

私たちは飼いたいという人に少々厳しい試練を与えるかもしれない。
しかしその背後には、胸をはって言えるきちんとした理由があるのだ。
私たちの犬は犬を飼うということがどういうことかちゃんと理解している人たちに
手渡さなければならない。
それぞれの家も、人々の経験も、人々のケアの仕方も皆違うということも十分理解している。

ハウツーを最大限に駆使し、ウッドグリーンに友人を探しに来る人すべてに対して
個人としてお迎えする。
もちろんシェルターのガイドラインはある。しかしそれはあくまでもガイドラインに過ぎない。
途中で曲げたり、折ったりすることもできる。
私たちのゴールは動物を可愛がってくれる家を見つけることである。
私たちの動物を地に足のついた真の人たちに渡すことである。

The_Ketland_Gang_x_107__3__article_detail.jpg

WOODGREEN ANIMAL CHARITY

犬を貰おうとしている私は「地に足のついた人間」に見せなければなりませんでした(汗)
それは何とか合格して、次は「4時間以上あける場合は隣人が世話をする」という手紙をもって
今度の日曜日出頭します。それから家庭訪問です。道はまだまだ遠い。
こんなめんどくさいなら「いっそ。。」と思うときもありますが、
でもきちんとした理由がわかります。共感します。そして協力します。