私たちは決してあきらめません

Picture 307 (500x375) (2)
Big Ben Westminster

ロンドンのバタシー・ドッグス・アンド・キャッツ・ホームは設立150年の歴史を持つ
動物愛護レスキューセンターです。

「2011年には絶対幸せになりたいと渇望する犬たち」というタイトルの以下の記事を
ご紹介させてください。

愛情を注いでくれる家族を見つけられないまま
バタシー・ホームで2回目のクリスマスを迎えた3匹の犬たちは
今年こそは新しい家に行きたいと新年の決意を新たにしています。

バズル、ブルーとリコは3000匹以上の仲間達が幸せな家へもらわれていったのを見送っていますが、
3匹は引き取り手のいないまま、この21年間で最長逗留記録を更新し続けています。

10586_Bazzle_sml (200x134)


「やせこけて町をうろついていたブルテリア雑種犬バズルはとても気立てのいい犬で
14ヶ月ここにいるけど、やはり彼が新しい家にもらわれていくのを見るほど幸せなことはない」と
ボランティアの散歩係りのアリソンは語ります。

10584_Blue_sml (200x134) (2)

ブルーは2歳のスタフォードで、くたくたになったテニスボール2個をいつも口にくわえて
散歩する姿がこのあたりで有名です。この子もとても人なつっこくていい子なのに、
どうして誰も欲しくないのか、まだバタシー・ホームにいるのかわかりません。

10585_Rico_sml (150x200)

リコは2年前の11月に町でうろついてたところバタシー・ホームに来たのですが、
新しいお母さんに出会うことを夢みています。
残念なことに今のところ誰も見つかっていないのですが、
今年こそリコに輝く未来をもたらせてあげるつもりです。

バタシー・ホームは150年の歴史をもち300万匹の犬猫に家を見つけてきました。
滞在期間の平均は28日前後ですが、バズルやブルーやリコのように長逗留する犬もいます。

ホーム長のクレア・ホートン氏は語ります。
「私たちのホームには犬猫の滞在限定期間はありません。
幸せで健康であるのなら、私たちは彼らが家を見つけるまで世話をします。
時間がかかることがありますが、私たちは決してあきらめません。
この子達にぴったりの家がかならずあると知っています。それを探し続けるだけです」

バタシーホームHPより写真も 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR