いたずらチャーリー

DSC_1423.jpg
Winter Wonder Land at Hyde Park

犬猫シェルターのサイトを眺めていると犬種によって随分性格が違うらしいです。
特にスパニエルは「犬種の経験がある人が望ましい」とあります。
やはり生まれつきいたずらなんだなあ、と友人の犬チャーリーのことを思いだします。

仔犬のころに虐待や残酷な扱いを受けたコッカ・スパニエルのチャーリーを
引き取ることになった。我家へやってきたときは
「私たちを信頼する」こと」から教えなければならなかった。
しかし、家族となってくれることにさして時間はかからなかったよ。

いやはや、チャーリーは、しかし、いたずらの限りを尽くしてくれた。
ちょっと家を空けると、帰ってきたときは泥棒が入ったのかと思うくらいのしっちゃかめっちゃかさ。
爆弾が落ちたのかと思ったときもあった。
金をためてやっとの思いで買ったブーツも、家具もみんなこっぱみじんに破壊してくれた。

時がたち、そのチャーリーが病気になった。今まで何度も病気になったが、いつも潜り抜けてきた。
でも今度は違う。勝てない闘いであることは明らかである。あちら側へ行かせてやらなきゃいけない。

獣医に注射を二分待ってくれるように頼み、私はチャーリーの前にひざまずいた。
さあ、彼が家でやった悪行のすべてを思い出させなきゃならない。

「私のタバコを盗んだね。、チョコレートもたいらげた。
お前が家をめちゃくちゃにしたので家族が戻ってくるまで
あわててつくろわなきゃならなかった。カーテンも引き裂いた。ペンキもこぼした。
人がきてもだれがボスかを必ず教えなきゃいけなかったよね。いいか。
いたずらチャーリーの歴史のまとめだ」

チャーリーは動かなかったけれど、私の言うことを聞いていた。

最後に私は言った。

「チャーリー、私のブーツを食べたときのことを覚えているか。あのときはうまく逃げおせたよな。」

老犬チャーリーは仔犬のときのようないたずらな目になり、私を見た。
よろよろと尻尾が震えた。ほんのちょっとだけだ。
しかし、確かに確かにシッボを振っていた。

私は彼に楽しい思い出をもって旅立ってほしかった。
そして成功したと思う。尻尾を振ったのを見て
「今お願いします」と私は獣医に言った。

数分後獣医は言った。
「いい見送りだったね」
「そうでなきゃならないんです。チャーリーは素晴らしい犬生を送った。
そして楽しかった思い出とともにこれから良い場所に行くのかだら」

獣医をあとにし、車にとびのって子供のように泣いた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うう...(;ー;)

いつお邪魔しても素晴らしい内容のブログですね。
コメントを残すとお話を汚してしまいそうな気がしますが感動したことをお伝えしたくて書いてしましました。
ありがとうございます。

記事をアップして下さり有難うございます。
また泣いてしまいました。悲しい涙ではありません。感動の涙です。

Merry Christmas & Happy holidays !!

Re: タイトルなし

ジジママさん、不定期更新なのにご訪問嬉しいです。
そして素敵なコメント、RTもありがとうございました。
2012年はいよいよ希輝ちゃん空を飛ぶ!ことを祈ってメリークリスマス!

Re: タイトルなし

理恵さん、こちらこそご訪問くださってありがとうございます!
私もこの話しを聞くたびに笑い涙が出てしまいます。。
理恵さんファミリーも素敵なクリスマスを!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 始めまして

mikiさんお便りありがとうございます。

この世に遊ぶために生まれてきた犬猫たちのひどい処遇を思うと
絶望的な気持になりますね。

しかし[どうにかならないものか。。」と眠れずにいらっしゃる
Mikiさんやそして同じように思っている多くの人たちの存在を知ると
勇気が湧いてきます。

そう思う心のひとつひとが希望のと灯火だと思っています。
あきらめずに、できることからやっていきましょう!!

転載してくださるとのこと。ありがとうございます。

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR