たった一人で冬を待つ

DSC_0657.jpg

ロンドンにお住まいのAさんから松村なおとさんの近況を見つけましたと
ご親切にメールをいただきました。
多くの方が松村さんのことを心配してくださいましたので、
もしまだご存知なければと思い、Aさんに教えていただいたワシントンタイムズ抜粋し、
アップさせていただきす。Aさん、ありがとうございました。

たったひとりで冬を待つ

チェルノブイリ原発事故以来最悪とされる福島県原発事故。
その立ち入り禁止区域の中にたった一人で住むとされる松村なおと氏が
ワシントンタイムズ紙のインタビューで近況を伝えた。

冷たい風が吹きすさぶ中、タバコに火をつける。
「これをやめたら、病気になってしまうんでね」

松村なおと氏、52歳。一日一箱を吸うという。
家から8マイルの距離にあった原発3基から放出された放射能の量は広島と長崎の168倍とされ、
1986年に起こったウクライナ地方チェルノブイリの原発事故以来最悪のものとされている。

電気もなく、発電機の金も持たずに生活している松村氏は、
隣人から譲り受けた石炭でこの寒い冬をまかなえるかどうかわからないと言う。
すぐ零下になる東北地方の冬である。

彼が世話をする何百もの動物。
牛400頭、豚60匹、鶏30羽、10匹の犬、100匹以上の猫たち、そして一匹のダチョウ。
この動物たちはもう来年の春を見ないかもしれない。

「この動物たちを助けることができるのは人間だけです」

「餌の貯蔵は12月末で尽きてしまいます。餌だけでなく、冬を越す小屋も作らなきゃいけない。
私はひとりで全部やっているんだ。政府がやるべきことを、私だけがやっている」

家系をさかのぼると武士に行きつくという松村氏はスパルタ教育を実践する父に育てられた。
一生懸命働き、自分の足で立てと。ずっと農業に従事している。10年前に離婚して以来一人である。
21歳と23歳の子供たちは埼玉に住む。

原発事故後、子供たちは父を呼んだが、
「心配するな。この原発事故でみんな死んでもわしは死なん。ここからは出ない」と拒んだ。
彼は自分を砂漠の中の一匹狼になぞらえる。
そして原発は生きているものを、今もそして未来も食べつくす目に見えない敵だとみなす。

日没後、あたりは真っ暗になる。遠くまで闇である。人間の気配すらない。
テレビもインターネットも携帯も何も持っていない。
石炭の火で暖ををとり、7時には布団にくるまる。
自分の身体の中で何か起こっているかもしれないという悪夢にうなされながら。

夜明けとともに起き、缶詰を食べ、、原野を20分ほど犬と散歩する。
日のあるうちに墓を清掃し、動物たちの世話をする。
牛や豚は3月に飼い主たちがいなくなってからは柵囲されていない。

松村氏は原発を所有する東京電力を責める。彼の100歳になるおばを殺されてしまったからだ。
富岡から会津若松の病院を何度もたらいまわしにされ、疲れ果てて死んでしまった。

「多くの人が叔母のような亡くなり方をした。東京電力のせいだ。ひどい会社だ。
政府より権力を持っているんだ。電力供給を管理しているからな。しかもマスコミにも影響力がある」

11月のある日曜日、救急車が彼の家の前に到着した。
「家ん中に入ってきたのでびっくりしたよ。誰が寄こしたのかわからない。
身体を見たけど、特に悪いところはなかったようだ。俺は退屈もしてなければ鬱にもなっていやしない。
一人に慣れっこだしね。医者が俺のことを放射能のチャンピオンだといったよ」

彼は動物と原発のことを話す時、一番情熱的になる。

「エネルギーを悪い形で使うのを世界中でやめるべきだ。人間がつくりあげたものはいつか必ず壊れる」

彼は続ける。

「富岡も他の立ち入り禁止地域と同じように大掛かりな手立てをとらなければ消えていくだろう。
年寄りだけが村に戻りたいと言っている。若い人はもう戻らない。20年以内には年寄りはみんな死んでいく。
生命のサークルを受け継ぐ若い世代はいなくなり、ついに誰もいなくなる」

20111123-205039-pic-834097754_s160x201.jpg

THE WASHINGTON TIMES

松村さんの関連記事は前にもアップしています。併せてご覧ください。
置き去りにされた一人と一匹

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

助けたい

動物達の餌の貯蔵が12月末で尽きるとのこと。支援物資を送る事は出来ないのでしょうか?

知りませんでした

終了されたブログですのに、記事をアップして頂き、ありがとうございます!

日本人の安否を、日本人のマスメディアからじゃなく、外国メディアから知ることの異常さ。。。
ずっと松村さんのことが気になっていました。
この国は、松村さんという存在を消してしまったのでしょうかね。
ここに残されているどうぶつたちも一緒に。

ワシントンタイムズ紙が、松村さんとコンタクト出来たのに、
日本のマスコミは取材する気もなかったのでしょうね。
他所から立ち入り禁止区域に入るのは、警備が厳重で大変だそうですね。
今にも雪が降ってきてもおかしくない寒さの中、松村さんとどうぶつたちの命を
どうやって護れるのか、私たちに出来ることは無いのでしょうか。
政府にメールしてみようか・・・・考えます。
ツイッターと、ブログに転載しても宜しいでしょうか?
宜しくお願い致します。

Re: 助けたい

レナさん、コメントありがとうございます。私は土地勘がないので間違ったら困ると思い、地名が入るところは省略したのですが、三春村の近くだと書かれてあります。インタビューを受けたのは原発事故から25マイル離れたところのようです。何とか支援物資をお送りしたいと思いますよね。日本で話題にのぼらないのがまったく不思議です。

Re: 知りませんでした

みぃさん、コメントありがとうございます。
松村さん、三春村の近くにいらっしゃるようですが、よくわからないのです。
何故外国からの報道ばかりなのでしょうか。とても不思議です。
みぃさんがおっしゃるように

> この国は、松村さんという存在を消してしまったのでしょうかね。
> ここに残されているどうぶつたちも一緒に。

ということなのかと勘ぐりたくなりますよね。

どうぞツイッターとブログに転載なさって、広めていただければ嬉しいです。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

理恵さん、こんにちは。
松村さん、私もずっと気になっています。
冬は厳しいですよね。私のほうもまったく手がかりがありません。
福島の保護団体の方に問い合わせしてみようと思っています。
ところで「天国からの手紙」
心臓と涙腺をぎゅっとしぼられますよね。
そこにあるのは「愛」のみですね。(涙)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。
この記事を拙ブログで紹介させて下さい。
私も、警戒区域にのこされた動物たちを救うのは人間の役目だと思っています。
この小さな命を見殺しにして、人間の幸福などないと言えるでしょう。
京都で太田康介さんの写真展「のこされた動物たち~福島第一原発20キロ圏内の記録」を開催し、非常時に動物たちの命がどのように扱われたかを多くの人に知って貰い、この国の動物たちに対する考え方を 改めていきたいと考えています。
  

送ったのですが、エラーかな?再送致します。逆輸入の記事を有難うございました。詩のような物悲しい・・・そんな思いを転載させて頂きます。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
本当におっしゃるとおりです。
人間が人間たるゆえんは他の生命を思いやることができることなのです。
ブログでご紹介くださるとのこと、嬉しく思います。

Re: タイトルなし

Sabimamaさん、コメントありがとうございます。
ご紹介くださいまして本当に嬉しいです。
松村さんのことは逆輸入になりましたね。
どうして日本には知られていないのか不思議でなりません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

福島県民さん
ご連絡ありがとうございました。
外国からの記事だけではわからないことも多いのですね。
お知らせくださいまして本当にありがとうございます。
保護活動をなさっていらっしゃる方なのですね。
応援しております。お身体にお気をつけてお過ごしください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

福島県民さま

続けてのコメントありがとうございます。
遠くに住んでおります私たちが目にする耳にするものはほんの表面の部分だけです。
福島に住まわれ、動物の保護をなさっている方からのコメントは本当に貴重なご意見です。
そしていろいろな事が起こっていても
動物には関係ないことで、すべての犠牲が動物たち、家畜たちに強いられているとのお言葉
まさにその通りです。
その中で「できることをやっていく」とおっしゃってくださる福島県民さんのお気持は
遠く離れたイギリスまでもきらりと光って届きました。
本当にありがとうございます・

松村さんの記事

はじめまして。
私も実はイギリスなんですよ。
邦子さんのブログは、読み逃げって言うのはいやなんだけど、コメントは残さなくても読ませていただいていました。
邦子さんのブログを知ったのは、もちろん、このお一人で警戒区域に残られてらっしゃる松村さんの記事がきっかけです。

とうとう、松村さん、新聞記事になりました。
ぜひお知らせしたくて、初めてコメント書きます。
これからもよろしくお願いしますね。
私はケント州におります。
http://mainichi.jp/select/today/news/20111214k0000m040128000c.html?inb=tw

Re: 松村さんの記事

洋子さん

コメントありがとうございます。ブログも読んでくださっていて嬉しいです。

混乱させてごめんなさいね。コメントは管理人認証制になっているので
同時に反映はしないのですよ~。
貴重なニュースをありがとうございました。
早速ブログで紹介させていただきました。
ぜひご覧になってください。

ケントにお住まいなのですね!今年はマイルドなクリスマスになりそうですね。
(去年は大寒波でしたものね)


プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR