置き去りにされた一人と一匹

Picture 796

「見捨てられた一人と一匹 地震と津波と原発事故のあとで」という記事が
メール・オンラインに掲載されています。

つたがはびこる人気のない富岡の町。
庭には腰のあたりまで雑草が生い茂っている。
牛小屋では餓死した牛たちが横たわっている。
鶏舎はウジがたかり、吐き気をさそう悪臭が漂う。

原発立ち入り禁止地域で、政府の命令に反し、
立ち去ることを拒否した農夫の松村なおと氏
(訳注:漢字は直人さんだと思いますが)は富岡市の唯一の住人である。
「癌にかかる可能性も考えたが、留まりたかった」
アキという名前のやせた犬がいつもそばにいる53歳の男性は言う。
「もし私があきらめて去ったら、それですべて終わりだ。
とどまるのは私の責任であり、私はここに留まる権利がある」

政府に反抗することがまれであり、
皆の意見の一致を何よりも大切にする国において松村氏は異端である。
彼の静かな抵抗は沈黙を守る何万人もの原発難民のジレンマに
非常に大きなインパクトを与える。

松村氏は置き去りにされた動物たちの面倒を見ている。

「私達はすでに忘れ去られています。
日本の被災地以外の地域の人たちはもう自分たちの日常に戻ってしまった。
私達のことはなるべく考えないようにしているのだろう」

市役所は安全な場所に移され、住民たちは仮設住宅に移るか、
どこかへ引っ越してしまった。
町は警察のバリアで封をされ、人間が住むには危険な場所だと公的に示されている。
警察官は毎日見回りをしている。
法的には立ち入り禁止区域にいる人間は誰でも拘留され、
罰金を払わせられることになっている。

しかし警察は松村氏のことを見てみぬふりをするということだ。
過去には警官とは数回衝突したこともあったが。
残っている人たちは何人かいたが、
数週間前に最後の人間が出て行った。松村氏に猫を託して。

古いモーターを使って電気をおこし、水は井戸からくみ上げている。
缶詰か魚を釣って食べる。一ヶ月に一度か二度町に出て必要なものをもらってくる。
見捨てられた犬や猫たちの世話もする。
狼に似たアキも。

何回か東京にいって政治家にも進言した。

「なぜ私がここにとどまっているのか。
牛を置き去りにして死なせることがどんなにひどいことか。
家族の墓も守らなければならないと。しかし彼らは私の言うことなぞ聞いちゃいない。
そんなとこにいるほうが悪いというだけでした」

松村氏は一度だけ町を出たことがある。
しかしそれは彼が村に留まる決意を一層強めることになっただけだった。

「親戚のところにも行ったが私が放射能をあびていると恐れ、中にいれてくれなかった。
避難所にも言ったが満員だった。これで私は十分にもとの場所に戻る理由ができた」

松村氏は100万円の弁償金をもらった。
農夫としての収入に比べればずっと少ない。
原発が安定するまで先の保障はないそうである。

第二次大戦で降伏を拒んでジャングルの中にいた日本兵士を自分になぞらえる。
雨が激しくふってきた。多い茂った山を降りて水田に足を運ぶ。
穂をつまんでため息とともに溝へ投げる。
今年は水田からは金はできない。もしかして一生できないかもしれない。

「最初は一人でいるのが奇妙だったが、とどまろうと決心したよ。もう慣れてきたしね」

article-0-0DA442FB00000578-830_634x399.jpg 
アキと村松氏
MAIL ONLINE

この記事に対して「たった一人で多くの動物を救う彼と彼の愛の行為に神のご加護あれ」
というコメントが支持をたくさん受けておりました。松村さん、ご存知ないでしょうが、
イギリスでこんなにあなたのサポーターがおります。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 麻阿さんへ

> 麻阿さん、コメントありがとうございます。(ブログに反映ご希望されていないのですが、それでよろしいのですか?)
>
> 松村さんがどこにいらっしゃるかわからないのですが、
> 立ち入り禁止区域を管理する警察の方がご存知かもしれませんね。
> 私のほうでも調べて、もしわかったらブログのほうでもお知らせいたします。
> さぞやご不自由されていることと思いますが、こうして多くの人が心配しています。
> あの方が一人ではないとわかってくださればと祈ります。

もじゃわんさんへ

もじゃわんさん、コメントありがとうございます。(非公開になっていますがよろしいのですか?)

松村さんがどこにいらっしゃるのか残念ながらわかりません。
原文も再度チェックしたのですが、詳細は書いておりませんでした。
原文のほうにもう少し写真があるのですが。。。

残された動物たちにも心が痛みますが、松村さんへの支援も何とかしたいと思いますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

エコちゃんの母さま
コメントありがとうございます。(非公開でよろしいのですか?}
ブログのほうも訪問させていただきました。
真摯な思いがあふれるブログですね。

「命の光と陰」の写真展、素晴らしいです。
多くの方がいらしてくださって
きっとそれぞれの胸の中で新たな決意をなされたことでしょう。
これからも何度も展示をなさるとのこと。
どうぞ一人でも多くの人に警鐘を鳴らしてくださるこを願ってやみません。

日本政府は本当に情けないです。
私もそう思います。
そんな政府をもった私たちは「声を出す」「抗議をする」日本人になっていかなければならないと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

みぃさん、お便りありがとうございます。(非公開でよろしいのですか?)
記事を紹介してくださって、そしてリンクも貼ってくださってありがとうございます。
「そこにいるのが悪い」などという政府のことを多くの人に知っていただきたいと思います。

みぃさんのブログも訪問させていただきました。
動物救護がんばっていらっしゃいますね。
お気持がひしひしと伝わってきました。

ありがとうございます!

邦子さん、こんばんは。
転載を許可して頂き、有難うございました。
自分の文の中で、松村さんのお名前を”村松さん”と間違え、慌てて書き直しました。
失礼なことしてしまいました。ごめんなさい。邦子さん、松村さん。
そして暖かいお言葉、有難うございます。
また訪問させて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。

Re: ありがとうございます!

みぃさん
私のほうこそありがとうございました。
実は私も松村さんと村松さんをしょっちゅう間違えそうになりました(汗)
また時々遊びにきてくださいね。

記事ありがとうございます。ブログでご紹介させていただきたくお願いいたします。

Re: タイトルなし

kuroさん、どうぞkuroさんのブログでご紹介お願いします。
できるだけ多くの方に松村さんのことを知ってほしいと思っています。ありがとうございます。

はじめまして このような人がまだ圏内にいるとは思っていませんでした。自分は圏内の動物たちを一つでも多くを救いたいと活動している小さな団体です。もしよろしければ犬用のフードなど支援したいのですが詳細を教えてもらえないでしょうか?
この記事を転載させてもらえませんか?

Re: タイトルなし

久保田さま、ご連絡ありがとうございました。記事はどうぞご転載くださり、できるだけ多くの方に
知らせていただけると嬉しいです。
英文のオリジナルの記事では、松村さんがどこにいらっしゃるか特定することができません。
三春町の近くの立ち入り禁止区域内にお住まいということだけがわかっております。
その地域の保護活動家の皆様がもしかしておわかりになるかもしれませんが。。。

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR