論理的矛盾

DSC_2013.jpg

実験をする人にどうして動物を使うのか聞いてみるがよい。
「人間のようだから」と答えるであろう。
今度は「動物を実験に使ってもいい道義的理由はなんであるか聞いてみるがよい。
「人間と違うから」と答えるであろう。
物実験は論理的矛盾の中にあぐらをかいているのだ。

Ask the experimenters why they experiment on animals, and the answer is: "Because the animals are like us." Ask the experimenters why it is morally okay to experiment on animals, and the answer is: "Because the animals are not like us." Animal experimentation rests on a logical contradiction. ~Charles R. Magel

こちらはすっかり秋です。日本ももうひと息ですね。本日もご来英ありがとうございます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

logic

ブログを拝見しています!
In English it is clear that there is logic,
but in Japanese not. We do not like to use "no",
though it is most simple element to make logics.

Re: logic

Satoshiさん、コメントありがとうございます。(私の仕事関係のSatoshiさまですか?違っていたらごめんなさい)
「ノーと言えない日本人」とか「あいまいな文化」と言われます。
でも今後グローバルに太刀打ちするにはやはり「ノー」と言うべきときは毅然と「ノー」と言いたいですね。

一般名詞?

遅レスにもなって、二重にすみません。一般名詞?としての日本語のsatoshiです m(_ _)m
人間と同じ生命として動物を温かく見守るブログ記事が好きです。

Re: 一般名詞?

Satoshiさん、お返事ありがとうございます。
私の仕事関係の人にさとしさんという方がいて、てっきりその方だと思いこんでしまいました。失礼いたしました。
ご訪問くださってありがとうございます。
また時々のぞきにいらして、イギリス人はこういうことをやっているんだとお心の隅に留めておいていただければとても嬉しいです。
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR