寄付金が何に使われているかご存知か

Picture 781
At Victoria & Albert Museum

動物の権利保護団体のアニマルエイドは
「恥ずべき医療リサーチ・チャリティ団体」の名前をあげ、
9月18日までの2週間、セントラルロンドンのロンドン、40箇所にポスター・キャンペーンを行った。

beaglebillboard.jpg

動物実験をする資金を集めているチャリティに寄付をするのか?

●ブリティッシュ・ハート・ファンデーション
●ガン・リサーチ
●パーキンソン病UK
●アルツハイマー病ソサエティ

これらは動物実験の資金を集めているイギリスの大手トップ4である。
他の多くの医療リサーチ福祉団体は動物の福祉を最優先にし、
人道的にあるいはMRIやコンピューターを使用し、
動物を使わないアプローチを試みている。

以下はアニマル・エイドが調査した健康チャリティの動物実験実施の有無のデータベースある。

HEALTH CHARITIES AND ANIMAL TESTING

嬉しいことに最近、NPOがアンケートを実施し、以下の質問がなされた。

「あなたたちは動物実験のための資金を集めている医療リサーチ機関、
ヘルス・チャリティにそれを知りながら寄付をしているのか。それとも知らないのか」

82%の人が知らなかったと。16%の人が知っていた。
2%の人はわからないと言う回答であった。

72RussellSq.jpg   MansellStAldgate.jpg
ロンドンのあちこちに貼られたポスター
ANIMAL AID

上の4つのチャリティ団体は医療関連の中では最大手です。
店もたくさんもっていて、客の入りも良く、多くの人が寄付しています。
でも私も含めて、そのお金が動物実験の資金となるということを
知っている人はほとんどいないでしょう。

アニマルエイドのホームページの中には動物実験をしなくても
病気の解明や研究は可能であることを説明しています。
私は上のチャリティショップで時々買い物していましたが、もうやめます!(きっぱり)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR