私とマイロは一つのパッケージ

Picture 767_picnik
At Kensington Palace Road

日曜日には(なるべく)教会に行くようにしています。
この夏、8年間慣れ親しんできた神父さまが突然転勤になり、
とてもがっくりしていたのですが。。

9月からやってきた新しい神父さま、ファーザー・ケビンといいますが、
驚いたことには、神父さまのいくところ、
すべてなんとなんといつも犬のマイロがくっついているのです。
教会の中も一緒にうろうろしているのです。
そしてファーザー・ケビンはおごそかに次のようにおっしゃったのです。

「私とマイロはふたりで一つのパッケージとしてやってきました。
離すことはできません」



Picture 810

しかも立派な雑種犬。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR