ボイコットするのに何のためらいがあるだろう

DSC_2802_picnik.jpg
At Harrods

昨日に引き続きVIVAのHPより。本日は蚕
シルクに関しては、蚕に何かひどいことが起こっているのではないかと
うっすら思っていたのですが、今回はっきりしました。

ギャラクシーチョコレートやシャンプーなどの宣伝で
シルクの手触りがたとえられ、ゴージャスさが強調されている。
そのシルクはいったいどうやって作られているかご存知だろうか。
昔はその製造工程の大変さで裕福層用に限られていたものであったが、
今やどこの店でも簡単に手に入るようになった。
現在世界で60の国で生産されているが中国、インドがほとんど牛耳っている。
(中国はインドの3倍)

シルクの歴史

中国の言い伝えによると5000年前皇帝と后がお茶を飲んでいたとき
蚕がお茶に落ちて長い糸が出てきたのを見た時からとされる。
2000年の間、中国は市場独占のため製造過程を秘密にしてきた。
しかし秘密は漏れ、日本、インド、そしてヨーロッパに流れてきた。
フランスのシルク従事者は1685年宗教迫害によりロンドンに流れつき、
地域の人たちにも技術を伝道したため、イギリスのシルク産業は発展をとげた。

シルクとは?

昆虫から産出される細い糸をつむいで柔らかい生地にしたてあげたものである。
蛾になる前の最後の段階で繭を作るときに絹の糸を作る。
もっとも多く使われる昆虫は中国産の蚕である

エコファッションの本を出しているタスミン氏の談

「シルク産業は非常に残酷である。糸にダメージを与えないために、
繭のなかにいる虫を生きたまま茹でるか焼く。
100度のオーブンで数時間。
そのような殺し方をするのにシルクは自然の倫理にかなった繊維だと宣伝される。
蚕には卵、幼虫、さなぎそして蛾と4つのステージがある。
ところがシルクワームとして知られる素晴らしい生き物である蚕は
この自然のライサイクル4つのステージを全うすることはできない。
さなぎの段階で殺される。繁殖のために残される蛾を除いては。

蛾として再び外界と融合しようしているさなぎを殺す方法はたくさん用意されてある。
最も多く使われる方法は熱湯に入れることである。
オーブンの中に入れたり、太陽の下に放置したりすることもある。
生物の福祉など微塵も考慮されていない。文句なしに残虐な野蛮な行為である」

一匹のさなぎが作る糸は900メートルほどであり
一ポンドの重さのシルクを作るのに3,000匹必要である。
すなわちシルクスカーフやシルクネクタイ一枚を作るのに
何百匹の蚕が殺されているということになる。

シルク労働者

シルク産業は中国やインドといった労働者が低賃金や劣悪な労働環境で雇われている
後進国で行われている場合が多い。。
従事者のほとんどは10歳から15歳までの子供で、親の借金の肩代わりに働かされている。
蚕の煮沸具合を見るために素手で熱湯の中に手をいれるので焼けどや炎症を起こしている。
機械の煙を吸い、イギリスのような労働者の権利や法律の保護などなく、
不当な扱いを受けている。
それゆえシルクが世界的に安価で手に入るのである。
アメリカや合衆国などで作られるとしたらともて現在の値段では売られていない。

代替品

シルクはシャツ、ドレス、ベッド用品、スカート、下着、裏地、
そして他のぜいたく品に使われている。
買わないようにするのは簡単である。
1890年から人工シルクが広くでまわっている。
レーヨン、ナイロン、ポリエステル、バンブーコットンなどいろいろな種類がある。
レーヨンは手触りなど最もシルクに近く、どの店でも簡単に手に入る

シルク・ボイコット

ゴージャスでセクシーなぜいたく品としてのマーケットの位置づけであるが、
生きたまま蛾を煮沸するのはセクシーでもゴージャスでもない。
実際シルクは毛虫が孵化する最後の段階で放出されるカスである。

シルク産業は蚕、シルク労働者、そして環境を破壊している。
これらを考えたら、ボイコットをするのに何のためらいがあるだろう。

VIVA UK SILK

「ただ単に実態を知らない」人たちには情報を与えてあげればよいのです。
大変なのは「動物は人間が利用するために存在している」と思っている人間たちです。
しかしその人たちを諭す時間と労力を考えると、不買運動のほうが早くて効果的だと思います。
動物実験と違って、フォアグラ、シルク、毛皮、など金にならなければ生産不可能になります。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR