ジョン・クリーズの猫

IMG_4710.jpg

今のお隣さんの前に住んでいたカップルの猫。
イギリス俳優ジョン・クリーズから貰い受けたという猫でした。
(何かの事情で飼えなくなったらしい)
ジョン・クリーズはハリーポッターやモンティパイソンなどで有名な俳優。

ある日この猫が病気になり獣医に連れていったところ
獣医から猫の治療費は不要だと言われたそうです。
「ジョンがこの猫の生涯の獣医費用を負担してくれていたのよ。
獣医はジョン・クリーズに請求書を送るだけ」ですと!

ウイキにはこんな記事が。
クリーズは1997年の映画「フィアース・クリーチャーズ」で共演した
キツネざるに魅了され、BBCの野生動物番組のホスト役をつとめた。
マダガスカルの森林に戻したキツネザルを追跡する内容であるが、
クリーズは救済のため私財を一部分つぎ込んだ。
「キツネザルはすばらしい。行儀がいい、可愛らしい、楽しい。結婚するならキツネザルだった」
と語っていた。

Cleese-lemur.jpg
写真グーグルイメージより転載

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR