私に何の関係があるというのだ 

What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉

Why Own a Dog?

DSC_2035.jpg

犬を飼うんだって?危ない、危ない。
一匹だけじゃおさまらなくなるって。やみつきになるよ。
犬は中毒症状を引き起こすところに危険性をはらんでいるんだ。
しかも多くなればなるほど、君は貧乏になり変人として見られる。

一匹は問題なし。2匹目は楽しい。
3匹目は簡単さ。4匹目は蜜月
5匹目は喜びであり、6匹目はそよ風である。
余裕で暮らせる。

さてもう一匹だって?本当にやれる?
きっとやれるんだろうけど。
あの犬の毛!ソファ、ベッドそしてキッチンにある犬のベッド。

確かに手のかからない、行儀のいい子たちばかりだ。
しかしもう一匹増えるのは単に犬のベッドがもうひとつ増えるだけ?
ソファは毛だらけ、窓はがたがた
床は足跡のマークで埋め尽くされ、家具の埃は積もるのみ。

これでは、家の中をきれいに保つのは難しい。
でも誰が気にする。
鼻の跡や毛が少々増えるだけじゃないか。
だから仔犬を飼おう。場所はあるさ。
掃除の時間をちょっと増やせばいいだけだ。

飼う犬の数には制限はない。
制限があると考えるほうが悲しい。
一匹一匹が特別であり、役に立つし、笑わせてくれる。
獣医費と食費はかさんでいくばかりだが。

でも、友達は訪ねてこなくなる。泊まりにもこなくなる。
同じような生活をする「犬友達」を除いては。
庭の芝生は枯れ、潅木もだめになった。
でも週末は忙しい。乗組員たちと遠出するからだ。

ドッグフード、ビタミン剤、トレーニング、注射。
旅行や犬も泊まれるホテルなど高くつくことばかりだ
そんな価値はあるのかと問うてみる。自分はわなにはまったかと。
そう思っている時、君のお気に入りの犬がやってきて膝の上にのぼる。

犬のまなざしは「あなたは特別な人だ」と熱く語る。
金はかかるがやはり全部キープしておこうと思いなおす。
遊ぶために、愛するために
どの子もみんなそれぞれ必要性を充たしているのだ。

犬。犬が見せてくれるもの。ともに歩むこと。スリル。
世話や心配事。プレッシャー。請求書。
すべて価値があるように見える。犬はあなたの人生だ。
彼らはなんとチャーミングであろう。すべての苦難をチャラにしてくれる。

君のライフスタイルは変わった。以前と同じようにはいかない。
言っただろう。犬は中毒になるって。ゲームのように。

作者不明