桃源郷を見たようなーMoose Farm

DSC_0775.jpg
At Neal's Yard

動物の権利のサイトを見ていたら、なんだか心癒される桃源郷を見たような画像がありました。↓

220px-Young-Moose-Eating-Oats-sw84-37.jpg  gr-five-freedoms.jpg

これはロシアのヘラジカ農場です。
ヘラジカというのは ↓

220px-Moose-Couple-hp3388.jpg

1869年ロシアの動物学者探検家でもある
アレクサンドラ・ヴォン・ミデンドドロフは政府に申し述べた。

「文明が発達しているヨーロッパでさえもヘラジカの家畜化に失敗している。
ヘラジカが人間の役に立つというのは疑う余地もない
我が政府は何とかしてこの動物を家畜化すべきだ。必ずできる。
報われる仕事だ。そして輝かしい未来をもたらす」

コストローマ農場

1963年に放し飼いのヘラジカ農場として生態度研究もかねて
動物学者や研究者によって設立される。
1992年、予算の都合で研究所は閉じられたが、農場は続けらた。
2002年に研究所がまたオープンし、現在に至る。

農場のビジネスはミルク生産である。ヘラジカのミルクは栄養価に富んでいる。
そのほかにアンとラーベルベット、ツーリストアトラクション
動物園やサファリパークへの販売、あるいは同じような農場を開きたいと思う団体に販売

ヘラジカを屠殺する目的で農場を経営しないこととされている。
採算がとれないし、放し飼いにしているヘラジカは馬鹿ではない。
自分の仲間がだんだん殺されていくのを見ると戻ってくるはずはない。

220px-Moose-Imprinting-sr81-15.jpg

人になつくヘラジカの赤ちゃん
記事(抜粋翻訳)写真ともウイキより

そししてその素朴なコストローマ農場のホームページ↓

moose farm

index1b.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR