いつか明かりは見えてくる

IMG_4492.jpg
At Oxford
昨日の続きです

旅行の前に

旅の前に行く国の動物福祉の状態がどんなものであるか
事前にリサーチしておいたほうが心安らかに出発できる。

動物が不当に扱われているか。どんな状況を想定していけばよいか。
中国や東南アジアでは拷問にかけられた犬猫がレストランに出されたり、
インドやバルカンでは熊の踊りなどがあることを覚悟していかなければならない。
その土地の動物福祉団体をも調べていくこと。
虐待を阻止するための法律の適応範囲も頭に入れておく。

ツアーオペレーターに前もって
自分は動物に優しいツアーを好むことを書式で問い合わせよ。
彼らはそんなこと聞かれたことはないので、とまどうだろう。
そこでちゃんと意味を説明しなさい。
ただのベジタリアンやビーガン用の食事を頼んでいるのではないと。
客の希望に応えられないのなら、利用するのを考えなおしたほうがよい。

旅行中

虐待をしていると思われるみやげ物、アトラクションには金を落とさない。

もし動物が不当に扱われているのを見たら、すぐアクションをとる。
でないとチャンスを逃してしまうことがある。
少なくとも、責任者をみつけ、自分の立場を言明し、やめるように提言する。
相手の出方を見つつ、抗議する技術が必要である。
旅行者にとって高度な技術かもしれないが。

さらに効果的なのはその土地の行政機関に苦情を申し立てることである。
法的措置の効力は国によって違うので
行政に何かアクションを起こさせるのは難しいかもしれないが、
外国でも私たちは苦情を申し立てる権利があるのだ。
その権利を虐待されている動物のために使いなさい。
行政機関にとって国にお金を落としてくれる旅行者は大切である。
もし動物の虐待が旅行者を遠ざけ国の汚名になるとしたら彼らも考えるであろう。

もしシリアスなケースであれば、できるだけたくさんの証拠を集めなさい。
これが虐待者を直接叩く一番良い方法である。
日付と場所、動物の数、若いか年寄りか、そして動物の種類を記録する。
写真やビデオもとり、パンフレットなどの資料も集めておくこと。
他の目撃者からも住所や署名、目撃証明を書式の形でもらっておくこと。
最後に虐待に関わった人物の氏名も確保すること。
もし法律をおかしているようであれば、地元の警察に通報する。
また地元の動物福祉団体へも通告する。自国の大使館に相談してみるのも一計である。

すばやくそして継続的なアクションが必須である。
躊躇すれば、チャンスや証拠はすぐ色あせてしまう。
書類のオリジナルはすぐコピーして必要なところへまわす。
問題に対処されるまでそこにできるだけ長く留まる。
あなたにコンタクトを取ってきた人などすべて記録にとっておくこと。

すぐひきさがらない。担当者が腰が引けていたら、上の人と話させてもらう。
事務所が動くのを嫌がっていたら、市長や市議員とコンタクトをとる。
彼らマスコミに虐待を訴えるといえば、すばやく動いてくれるはずだ。
自分たちの地位にしがみつくためには、悪評は大敵であるからだ。

帰国後

現地にいる間に動物福祉団体に連絡がつかなければ、
帰国後、自分の目撃したことを知らせ、
何とかして欲しいと手紙を書く。
旅行会社にも、アニマルフレンドリーなツアーを企画するのであれば、
これから知人友人にも推薦すると。

動物を救う行為は旅行中は無力だと思わないで欲しい。
アニマル・フレンドリー・トラベラーは長い目で見れば
現地の人たちも助けているのだ。
動物に対して健康的に接することができるようになるからである。
動物にとっての良い環境作りというのは一夜にしてならず。
しかし抗議を止むことなく発し続けていれば、
いつか明かりは見えてくるのである。

How To Do Animal Rights

ここまでやる人はやるだろうなあ。私もできるところまでやりたい。
少なくとも帰国後の行動は絶対やると思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR