バービー、すまないが、もう終わりだ

IMG_5281.jpg

6月初頭のロンドンの地下鉄やバス停はバービーとケンの顔でにぎわっていました。
「バービーはケンに捨てられた」というタイトルで
「動物に脅威を与える女の子はへどがでる」というケンのセリフとともに。

barbie-dumped-blog.jpg

自然保護団体のグリーンピースUKが
インドネシアの熱帯雨林を破壊している大手の玩具会社
マテル社を非難しています。

グリーンピースのHPより

バービーが大暴れ。
インドネシアの熱帯雨林をめちゃめちゃにしているだけでなく、
絶滅の危機に瀕しているトラ、オランウータン、象なども脅威に陥れている。
ただかわいいパッケージを身にまとうためだけに。

バービーを製造している世界で最も有名なマテル社は
インドネシアの金満企業APPを通じて
おもちゃの包装紙を熱帯雨林を突き崩して買っている。
野生生物の生態系と熱帯雨林と肥沃な土壌が、
安価で一度使って捨てられる包装紙のために破壊されているのだ。

マテル社におもちゃの包装紙のために
熱帯雨林を破壊するのをやめるようアピールしなければならない

orangutans.jpg
バービーのためにこの子たちが危険にさらされているのです。↑

そしてバービーとケン一色になったロンドの町をクリックしてぜひご覧ください。↓
Barbie gets dumped in London


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR