ケージがすべて空になるまで

DSC_0805.jpg
At Museum Street

ハロッズの前で毛皮販売反対のキャンペーンを行っている団体 ↓
Coalition To Abolish The Fur Trade (CAFT)
イギリスの最後の毛皮農場の様子です。2008年のレポート

空っぽのケージと荒れ果てた小屋。
11年前、寒い霧の深い朝に訪ねた場所とはまったく違う様相を見せていた。
なんと素晴らしい光景だろう。我々の努力が、キャンペーンが
イギリスの毛皮農場の廃止に至らせたのだ。


elland97_mink.jpg1997年 elland97_shed.jpg ミンクぎっしり

2008年9月11年の歳月を経て、ウエストヨークシャーにある
かつてあった動物農場を調査に行った。
1997年には何千匹ものミンクが閉じ込めれていたケージは草や木が生い茂っていた。
コンクリートの建物は取り壊され、ひとっこひとりいない静寂な場所と化していた。

Elland08_shed2.jpg現在        Elland08_cages.jpg 空っぽ

これは近い未来すべての毛皮農場があるべき姿だ。
私たちは暴き続け、毛皮のために動物を殺戮する行為を廃止させる。
すべてのケージが空になるまで。

Elland08_farmbig.jpg 草ぼーぼー
写真と記事はHPより抜粋

毛皮や動物実験のキャンペーン写真って本当にショッキングです。
そこまで見せないとわからない
想像力のない人たちのためなのでしょうが。

買わないでください。
これが最も効果的なキャンペーンです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR