やっぱりハッピーエンディングが好きだ

DSC_0776.jpg
At Covent Garden

ヤニは前の飼い主に頭にも身体にもあちこち刺されていて、
RSPCAのチェシャー支部に保護されていた。
精神的にも虐待を受けていたが、それにも負けず素晴らしい犬であった。
ヤニの犬種であるスタッフ・ブルテリアは里親を見つけるのが非常に難しい。
マスコミに偏ったイメージを植えつけられ、考えのない飼い主により異常繁殖されている。
シェルターはこの犬種であふれかえっている。

今回、ヤニは素晴らしいペットになりうるということを証明してくれた。
今までヤニの犬種を飼ったことのない、
しかし犬種について誤解していると思ってくれていた
スコットランドの家族がひきとってくれたのだ。

ヤニの新しい飼い主に語ってもらおう。

「アイルランドに休暇に行ったとき、ヤニは水は苦手だったが砂で遊ぶのが大好きだった。
ヤニをもらったことは今までで一番いいことだった。
ちょっと甘やかしてしまったかもしれないが、すごい犬だ。みんなから愛されている。
ヤニの親友は三軒隣りのゴールデン・レトリバーのマックである。いつも公園で一緒に遊んでいる。

ヤニは私の膝の上に座ってテレビを一緒にみる。車も前の席に座りたいと主張する。
自分のシートベルトがあり、静かに座っている。私の言うことはすべてわかる賢い犬だ。
毎日6時半にいつも長い散歩にいく。そのときに私たちの靴を持ってきて吠える。
本当だ、一日一回、吠えるのはその時だけだ。

何度も言いたい。ヤニをもらったことは私たちにとって最高の出来事だ。
彼女を愛している、彼女も私たちを愛している」

5982F5302FYani.jpg
RSPCA 文写真とも抜粋
RSPCA

頭をナイフであちこち刺されて虐待されていたヤニ。
素晴らしい人にひきとられ、再び人を信頼し、本来の愛らしい犬になる。
時々はハッピーエンディングを聞いて心を温めたいですよね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR