犬はいつだって悪くない

DSC_0643.jpg

ポインター、セッター、リトリバー、スパニエル。。。
みんな好きだった。良い子もいたが中には悪い子もいた。悪い子はたいてい私のせいなんだ。
良い子はどんな環境にいても良い子だっただろうから。ジーン・ヒル

I like them all ― pointers, setters, retrievers, spaniels ― what have you. I've had good ones and bad of several kinds. Most of the bad ones were my fault and most of the good ones would have been good under any circumstances.by Gene Hill




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR