What's That Got To Do With Me?

Picture 187 (375x500)


私のブログのタイトルにお借りしたこの言葉は
イギリスで2006年に発刊された低学年の子供向けの本のタイトルからです。

以下抜粋

捨てられ処分される犬猫から動物実験にいたるまで
動物の福祉は個人によって受け取り方が違います。
この本はいろいろな事例や個人体験ををあげ、写真をみせ、子供たちに問題を提起します。
自分自身に関係があることかどうかは自分の心に問うて自分で判断させることが大切です。

オーガニック・ファーム

●高価なオーガニックチキンを買うか安価なブロイラーチキンを買うか
 選択するときの決め手は何ですか?
●肉食用に殺される動物たちの環境というものはあなたにとってどのくらい重要ですか?

ペット

●人間の好みにより純血種を作るため動物の健康に害を与えていることは
 あなたにとってどのくらい関係がありますか
●どうしてみんな雑種よりも純血種がいいのでしょう。
●誰でもペットを飼う権利があると思いますか。

狩猟

●母鹿を殺すのが残酷だと思われているのはなぜですか。
●自分達の食用に動物を殺す人と、
 誰かが殺した動物を店で買って食べる人たちに違いがありますか?
 違いがあるとしたら何でしょうか。
●食用として動物を殺すこととスポーツとして殺すことの違いは何でしょうか。

動物実験

●動物実験が正当化される状況とはどんなものでしょうか?
●自分の飼い犬を実験に喜んで差し出せますか。
●(実験中の猿を見せて)この写真を見てどう思いますか

動物シェルターの人

●動物シェルターの人たちの仕事が非常に大切である理由はなんですか
●あなたはどんな動物を助けたいと思いますか?
●ボランティアの仕事や、チャリティに寄付をしたことがありますか?


次回に続きます

Picture 223 (156x200)

by Antony Lishak, Franklin Watts Publishing
この本は日本語訳本もあります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR