優しさと暖かいハートに拍手と敬礼を

Picture 686
Peter Pan at Kensington Park


見捨てられた犬を救出するために自らの危険をかえりみず救出作業に向うレスキュー隊という見出しで
メールオンラインに救助の様子が報道されました。(立ち入り禁止になる前です)

地震と津波のため多くの動物が見捨てられ餓死している。
そして福島の原子炉問題のため20キロ圏内は立ち入り禁止となり、
状況はますます悲惨になっている。
それを見かねた動物を愛する人たちが危険を顧みず救出に出かけ、
迷い犬を保護し、餌や水を与えている。

という記事に対する賛同者が多いコメントを以下に

★アニマル・レスキュー隊はヒーローです。いやそれ以上です。
優しい心に感謝します。動物も人間と同じように恐れ、消沈し、混乱します。
どうぞ優しくしてください。

★よくやってくれた。この素晴らしい犬たちを救ってくれてありがとう。

★本物のヒーローとはこ人たちのことです。本当の勇気を持っています。
彼らの勇敢な行いに神のご加護がありますように。
このような人たちのストーリーを見ると神への思いを改めて強くします。

★見捨てられたという犬(abandoned dogs)という言い方はいい加減をやめて欲しい。
3万人亡くなっているのだ。その中にたくさんの飼い主がいたはず。
彼らは見捨てたのでも無責任でもないのだ。

★なんと素晴らしい人たちであろう。実際何が起こったのか、誰にもわかりません。
飼い主が生きていたらきっと迷子にはしていなかったに違いないでしょう。
おそらく亡くなってしまったのです。私が心配しているのは、こわがって出てこない犬たちです。
救出されなければ死んでしまいます。優しくしてください。
この世の多くの人は善意の人なのだと思わせてくれる記事です。

★バスで避難所に行くとき、ペットを連れている人は乗せてくれないそうだ。
悪いが私のペットを連れていくことを止めることができるやつは誰もいない。

★猫は餓死しないのですか?どうしてみんな犬ばかり?誰も猫に同情しないの?
保護シェルターを見たら犬ばかり!あまりに不公平です。

★ペットを置いていくことが理解できません。飼い主が亡くなってしまった場合はわかりますが、
置いていくと餓死することがわかっているのに?

★勇敢な動物レスキュー隊。あなたたちの優しさと暖かいハートに拍手と敬礼を送ります。
世界はあなたたちのような人がもっと必要です。成功を祈ります。

article-0-0B9ED5EE00000578-335_634x403.jpg

MAIL ONLINE
記事と写真メールより転載

ペットを連れて行くことが当然のイギリス人は何故飼い主が置いていくのか理解できないでしょう。
置いていけばどんなことになるか知りつつ、置いていかなければならなかった残酷な状況。
ただでさえ、悲惨な状況の上にますます鞭打つ拷問です。
ペットが一緒に来ていたらどんなに心の支えになってくれたでしょう。
今後は、やはりペットも一緒に避難するという体制を考えていくべきだと思います。

暖かい心と勇気を持った動物レスキュー隊の皆様、応援しています!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR