美という名のもとに

Picture 668
At Marble Arch

先日お話しした動物実験反対団体 - またもや社会的地位、発言権のある動物保護団体です。
BUAV
British Union for the Abolition of Vivisection
HPより:
私たちは100年の間、動物実験の必要性など誰も信じない世界を
平和的な方法で築いていこうとしています。
動物実験に関してその専門性を社会的に認められており、
政府、マスミディア、企業、公的機関などからアドバイスや意見を求められます。
法律を守り、プロとして活動し、政治家や意見決定権のある人々と密接な関係を保っています。
実験に使われる動物の代弁者として世界規模で法律や規制の見直しもしています。
ロンドンに本部を置くチームは世界中の科学者、法律家、キャンペーン家、
リサーチャー、政治家たちとのサポート・ネットワークもあります。
私たちは政府からの援助を一切受けておらず、サポーターたちの寄付で成り立っています。

そしてうさぎの実験のときにとりあげました
化粧製品の動物実験反対のキャンペンの署名活動に力を入れているのが、
ポールマッカトニー卿です。
「美という名の下に動物は苦しめられるべきではない。
化粧製品を作るための動物虐待は不必要です。
2013年までに動物虐待の製品は廃止されるよう署名してください。
動物実験をするメーカーの物を買わないでください」とポールからのメッセージです

物を購入するときに動物実験をしていませんというラベルのついた物を購入することで、
私たちは動物の命を救っているのです。ポールはまたカナダのあざらし猟にも強く反対しています。


paul-mccartney-homepage-small.jpg

BUAVのHPより転載





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR