バスターが死んだんだぞ

Picture 167 (375x500)

At St John's Wood

ハッタスリー卿はイギリス政界の要人かつ重鎮です。そしてすぐれたジャーナリストでもあります。
今年の初め卿は15年連れ添った雑種のバスターをなくしました。
彼がデイリーメールに寄稿した記事は胸をうちます。抜粋しようと思いましたが、やはり削れませんでした。
長いですが、ほぼ全文です。

犬が死ぬということはおそらく日常のささいなことであろうに、
私はその大きな喪失感に耐えられず、身の置き場がなくなってしまう。

私の元へ全速力で駆けてくるときの首輪のタグのちりんちりんという音。
風呂に入れた後の濡れた犬の匂い。30秒で食べる朝ごはんのボウルのかちゃかちゃいう音。
私のシャワーが少し長くなったとき、突然ぬっと入ってくる姿。
タオルをとろうと手をのばし、思いがけず彼の顔に水滴がかかった時の恨みがましい顔。
雨そぶるピーク・ディストリクトへ彼に催促され出かけた時のひどい寒さ。
彼のいびきで夜中に眼が覚めたり、出かける時のハーネスの装着が複雑で面倒くさかったこと!

しかし叶うことなら私はまたもとのあの不便な生活に戻りたくてしょうがない。

ロンドンからダービーシャーに戻る車の中で眠っていたはずなのに
なじみの村の角っこを曲がると突然起きて歓喜の声をあげる。
家に戻って一部屋一部屋臭いをかいだあと、階段の踊り場で窓の外で行く人々を眺める。

バスターと階段に座ってよくやるゲームがあった。
ビスケットを一方の手に隠し、バスターの前に差し出す。
バスターは手でそっと入っているほうの私の手を叩くのである。それはそれは優しい叩き方であった。
ゲームはいつもバスターの勝利に終わるのであった。こんな小さな思い出がとても辛く胸を刺す。

誰にとっても自分の犬は特別である。なので私は書かずにはいられないことだけ書留めよう。

ラップ・トップのコードにからまるバスターを見ない朝はなかった。
暖炉の薪の匂いをひとつひとつチェックしていくバスターの手伝いなしでは冬が始まらなかった。
玄関にスーツ・ケースを見つけると、その間に座りこんだ。
まるでまだらのスーツ・ケースがひとつ加わったように。
もちろん、彼も一緒に行くつもりであることを明確に知らせるためである。

客がバスターの席(だと彼がみなしている席)に座ると、
客の横に体をぴったり密着させ座っていた。
猫やウサギや家畜とはうまくいかなかったが、人間は大好きであった。
私の本の出版のときは読者のおばあちゃんがおやつをもってきてくれるのを楽しみにしていた。
決してノーと言ったことはなかった。講演のときは拍手のときだけ一緒に吠える。

この10週間私は考え続けていた。私が彼の奴隷だったことはさておき、
私と彼をつないでいたものは何であったのだろう。

私は彼が自分の心の支えであることを楽しんでいた。
そして彼も私のことを心の支えだとみじんも疑っていなかったその気持ちを賞賛する。

彼は「希望」を放射していたのだ。

毎朝食料ドアを開けると後ろに必ずバスターが立っていた。何かもらえると期待して。

バスターのことを先天的楽天家と呼んでいたが、
彼のことを毛皮を着た人間だという風にみなしたことはなかった。
彼は犬である。

人間のテーブルで物を与えたことはない。犬専用のベッドで寝かせた。
犬として扱うことが彼に対する敬意である。
バスターが犬であってくれることで十分である。それ以上彼に望むことはない。

15年間彼の成長を見てきた。賢くなるのを見てきた。年老いていくのを見てきた。
獣医は彼は天寿を全うするだろうと予測した。
これ以上疲れて続けられなくなったときが逝くときだと。

「そのときは彼はあなたに教えるよ。」と獣医は言った。

そしてその通りになった。

短くなった毎朝の散歩でさえもきつそうだった。
朝ごはんもゆっくり食べると決めてしまったようだ。
そして一旦横になるともう起き上がるつもりはなかった。

最後の決断はバスターにとって一番良い方法に基づくものでなければならないが、
私の安楽死の選択をひきのばしたいという気持ちとの戦いであった。

ある朝 私は一瞬の苦悶のときを過ごした後、獣医に電話をかけた。獣医はすぐやってきた。

バスターはブルーチーズのかけらを食べながら死んだ。
普段は食べることを許されなかった、錠剤を包むときだけ口に入れられた大好物だったブルーチーズ。

私の悲しみだけが特別だというつもりはない。どれだけ多くの家族が落胆と絶望に陥っているだろうか。

ただ事実をここに述べさせて欲しい。

人生の中でバスターが逝ってしまったことほど痛みを感じたことはなかった。

そして人前で我も忘れて泣いて取り乱したこともなかった。

一階の私の仕事部屋の窓から人々が日々の生活を送っているのをながめているとき、
驚きとともに怒りを覚える。
なぜそうやって普通どおりの生活を送っているように振舞っているんだ。時計を止めろ。
バスターが死んだんだぞ。

犬を過小評価するなかれ。彼は永遠に続く財産を残してくれた。
彼が与えてくれた喜びの思い出である。

バスターにお手やおすわり、ごろり、握手、死んだまねなど教えるつもりはなかったし、
彼も新聞をくわえてもってくるようなまねもしなかった。

しかし、彼は ―たいしたことではなかったのかもしれないが、

私の人生を変えた。

バスターは私の人生は犬なしでは考えられないことを教えてくれた。

またレスキューセンターへ行って雑種の犬を家に連れてかえることは
バスターへの裏切りのような気になった時期もあったが、10週間後また私は探し始めた。
新しい犬はバスターの代わりではない。誰もバスターの代わりにはなれない。
彼の後継者はまったく別の犬である。

ただしその犬はバスターが輝きをもって示してくれた
[犬を所有することの至上の喜び」を再び証明してくれるであろう


メールオンライン2010年1月11日Roy Hattersley ノーマンテイラー訳

卿の当記事の原稿料はブルークロスアニマルトラストに全額寄付されました。

bg (189x300)
メールオンラインより転載

原文と写真
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1242173/Roy-Hattersley-How-I-miss-beloved-dog-Buster.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

バスターちゃん、天国で安らかに

記事と翻訳をありがとうございました
情景が目に浮かんできてしまって…

涙が・・・

人間もそうですが、犬もいつかは死ぬときがきます。でも毎日、愛犬リオンに向かって「長生きしてね。ママがおばあちゃんになっても一緒にいようね」と語りかけています。 彼女は首をかしげて聞いています。 

わたしは今年5月に愛猫を突然なくし、ずっと泣いてばかりいました。何も手につかず、そして健康にも害を与えるほどに。普段の生活はひとに気づかれぬ程度にきちんとこなしていましたし、そのことについては同僚にも決して話すことはありませんでした。代わりにネットで猫に関するものを読んでばかり。少しずつ立ち直れるようになったのは、わたしがひとりではないのだとわかったからかもしれません。来年2月に仔猫をもらう決心をしました。心を打つお話の翻訳をありがとうございました。また泣いてしまいましたが「思い出をありがとう」とわたしの亡猫にも言いたいです。

よかった!

> > がびさん、私も20年連れ添った5匹の猫たちを次々に見送っていきました。そのうち2匹は安楽死をさせなければならず、身をひきさかれる思いでした。その時の辛い気持ちはいまだにひきずっています。なのでがびさんのお気持ちとてもよくわかります。たかが犬猫のことで。。と思う人も多いのでついつい自分の中だけでおさえこんでしまいますよね。私がバスターの話を読んで思ったことは、世界は広いけど、人間は孤独じゃないなあということと、こんなに素晴らしい人生の喜びを味あわずにいられようか、犬を飼いたい!ということでした。がびさん、2月に仔猫をまた迎えること、よかったです。そうなるとまた旅行も大変だから、その前にがんがん旅行しておきましょう!

Re: タイトルなし

> Sleeping Beautyさん
>
> こちらこそ読んでくださって本当にありがとうございます。
バスターと卿の日々は犬を飼っていらっしゃるみなさん
思い当たることばかりですよね。

天国へ行く直前のことばかり思いがちですが
楽しかった日々のこともどんどん思い出して行けたらなと思います。

Re: 涙が・・・

Natsuboiさん

飼っているペットを見ながら、この子たちもいつかは。。と頭で理解できるのですが、
いざとなったらやはりショックですね。特に突然逝かれたときはショックの空洞を埋めるのに
とても時間がかかりました。かけがえのないペットたちとの日々の暮らし。毎日
大切に悔いのないように生きていきたいと思っています。リオンくんはまだ若犬なのですね。
首をかしげて聞いているというのが可愛い!

Re: よかった!

邦子さん、温かいお言葉をありがとうございました。実は愛猫の死についてはまだ詳しく書けるほど立ち直っていませんが、11月には自宅の裏庭に野良猫母子が現れるという事件がありました。それはわたしの猫救済(=動物愛護)に関する無知を知らされる結果となるんですが、よい経験でした。豪州の動物愛護についても少々書きました。イギリスとは違う側面もあるかと思います。一気に11個もエントリを作ってしまいましたが、お時間のあるときにでも読んでいただけたらありがたいです。http://gabysterrace.com それでは、暑いバンコク(単身赴任地パースより自宅に戻っています)から雪景色のロンドンへ-メリークリスマス! 

Re: Re: よかった!

がびさん
バンコクもオーストラリアも暖かそうでうらやましいです。
こちらはまだまだ寒い日々が続いています。
がびさんのブログご紹介くださってありがとうございます。訪問させていただきますね。
メリークリスマス!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: バスターが羨ましい

高見さん、コメントありがとうございました。ケイトはとても愛されたのだとひしひしと伝わります。
後悔ばかりとおっしゃっていますが、どうぞご自分を責めないでください。
ケイトにとってはこれ以上の飼い主さんはいなかったです。息子さんもどうぞお元気を出してください。
しばらくは亡くなる前後のインパクトが強いので、頭から離れないでしょうが、それは自然なことです。
でも、それよりももっと長い素晴らしい時間をケイトと過ごせたということを思い出してください。

こんな月並みなことを申し上げあげても、悲しみは癒えないかもしれませんが、
やはり私は遠くから高見さんの手を握っているつもりで、がんばってくださいと申し上げます。

ロンドンから戻られたらまた新しい犬に幸せな犬生を与えてくだされば素敵だなあと思います。

リンクさせてください。

初めまして。
FaceBookにシェアをさせていただきたいと思い、コメントいたします。

「バスターが死んだんだぞ!」
このくだりは、共感いたします。
「ラピスが死んだんだぞ!」
そう思った日が私にもあったからです。

これからも変わらぬご活躍を心より願っております。

Re: リンクさせてください。

ラピスぱぱさん、コメントありがとうございました。
私も周りの風景が白黒になり、停止してしまった日々がありました。

乗り越えるのが難しく、幽霊になってでも出てきてほしいと
気配を探していましたが、
しばらく経って心の中にいることがわかり
探すことはやめました。

今はシェルターから新しい犬猫たちをもらって
暮らしています。








プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR