No Book Ever Ends

IMG_3857.jpg


ロアルド・ダールは(1916-1990)イギリスの作家です。
「チャーリーとチョコレート工場」や「ジェームズ・アンド・ジャイアントピーチ」、「マチルダ」、など
たくさんの本を子供たちに残しています。

私が好きなのは 「The Giraffe and the Pelly and me」
少年が窓拭き会社を作ります。友達のきりんは長い首を使って高い窓を拭き、
ペリカンは大きな口でバケツのようにお水を汲み、サルは器用な手で窓をふきます。
会社は大成功で、ついでにクイーンまで助けてしまうのです。

{CE22B7E9-197D-41CE-B02F-9994C2F55EA2}Img100


次が本のエンディングです。

さようならは寂しいけれど、

All you do is to look
At a page in this book
Because that’s where we always will be.
No book ever ends
When it’s full of your friends


そして次に以下の文が続くのですが、

彼が住んでいた村が見渡せる教会の敷地にダールのお墓があります。
そのお墓のそばのベンチに次の言葉が書かれていました。

We have tears in our eyes
As we wave our goodbyes,
We so loved being with you, we three.
So do please now and then
Come and see us again,
The Giraffe and the Pelly and me.


4273.jpg
グーグルイメージより転載

ダールのサイトも素敵です。↓
Roald Dahl Official Site

そして多くのダールの本のイラストを担当したブレーク↓
Quentin Blake
この人のサイトも素晴らしい!
ブレークさんはまだまだお元気で、現役でご活躍中。私サインいただきましたっ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR