どうして道を誤ったのか

Picture 563
At Baker Street

RSPCAのHPより最新ニュースです。

過剰犬猫数

犬、猫、ウサギそして小動物。私たちは伝統的に動物を愛する国家である。
その私たちがどうして道を誤ったか?何故こんなに多くの動物たちが路頭に迷っているのか。

過剰だと何が問題なのか

ホームレスの動物の数と受け入れる家の数である需要と供給がアンバランスになっている。
私たちが保護している動物はどんなに愛らしく忠実なペットになるだろうか!
というくらいキュートなのに家を見つけるのに大変苦労をしているのはどういうことだ。

捨てられる動物の数は増加の一途をたどり、2008年に受けた動物放棄の電話数は1,535件、
翌年は1,923件、2010年の終わりには2,112件ととどまるところを知らない。

RSPCAはそれに対して

2009年に70,030頭の動物の里親をみつけた。
可能な限り、ワクチン接種をし、マイクロチップを施し、去勢不妊手術をして送りだしもした。
しかもともに長く幸せな生活を送ることができるように
飼い主とペットのベストマッチを選別するのに情熱を傾けたのだ。
それもこれもそりが合わないといって返される事態は避けたかったからである。

2009年にはトータルで87,189頭の去勢不妊手術を行った。
2011年1月、無責任な飼い主を取り締まる法の強化を政府にプレッシャーをかけ、
2月には Get puppy smart のキャンペーンを行い、仔犬を買う際に頭を使って買うように
国民に喚起を促したりもした。

あなたができること.

犬、猫、うさぎ、小動物がみんな家を見つけることができるように手伝ってほしい。
過剰問題を解決しようとがんばっている私たちを応援してほしい。
そして以下もお願い

ペットの去勢不妊手術を。
迷子になったときあなたのもとへ帰れるようにマイクロチップを。
そしてドッグライセンスの施行を行うよう政府にプレッシャーを。

最後にもしあなたの友人や家族が新しいペットを飼おうとしていたら、
私たちの里親ページを覗くように話をもっていってくれたらとても嬉しい。
人生における素晴らしい忠実な友人がそこでみつかるかもしれないのだから。


イギリスの種を日本の土壌の中で育てるのは難しいかもしれませんが、
日本の土壌を耕しつつ、日本に合う種をイギリスからもってきて植えたいものです。
国は違えども人間の心根は同じ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR