神様からの手紙

Picture 546
At Torrington Place

ドッグトラストのペット・ロスの続きをアップしようとしたとき、子供がペットを失ったとき
親はどうすればいいのかということを考え始めました。そして突然3年ほど前アメリカで起こった
胸を打つ実話を思い出しました。

4歳のメレディスは家族だった14歳の愛犬アビーを失くし、悲嘆にくれていました。
そんなメレディスを見て、両親は神様に手紙を書いてはどうかと提案したのです。
メレディスは手紙を書いてポストに入れました。

親愛なる神様

どうか私の犬の面倒をみてください。アビーは昨日死にました。今あなたのいる天国にいるはずです。
彼女がいなくてとてもさびしいです。
アビーは最後は病気になってしまいましたが、私の犬としてくださってありがとうございました。
アビーと遊んでください。アビーはボール遊びと泳ぐのが好きです。
神様がアビーと会ったとき私の犬だとわかるようにアビーの写真を送ります。
アビーがいなくて本当にさびしくさびしくてたまりません。

愛をこめてメレディスより

メレディスはママに神様が手紙をうけとったかどうか尋ねました。
ママが言えることはイエスだけでした。
しかし数日後、金の包装紙に包まれたプレゼントがメレディスのもとへ届いたのです。
中に入っていたのは‘When a pet Dies’ の本と一通の手紙でした。

親愛なるメレディス

アビーは無事に天国へ着きました。
あなたが写真を送ってくれたおかげですぐアビーだとわかり、大変助かりました。
アビーはここではもう病気ではありません。
アビーの魂は私と一緒にここにいます。あなたの心の中にずっといるのと同じように。
アビーはあなたの犬だったことをとても幸せに思っています。

天国では身体は必要ないので送ってくれた写真を入れておくポケットがありません。
ですから、あなたがアビーのことをずっと覚えてくれるようにと送った本の中に写真を返しておきます。

美しいお手紙をありがとう。そして手紙を書くのを手伝ってくれたあなたのお母さんにもお礼を言います。
何と素晴らしいお母さんでしょう。あなたのために私が特別に選んだお母さんですよ。
私の祝福を毎日送ります。そして私が愛していることを忘れないように。
私は愛があるところにいつでもいます。

愛をこめて
神より

手紙を受け取った郵便屋さんがメレディスに返事を出したそうです。

以下原文です。
Dear God,
Will you please take care of my dog? She died yesterday and is with you in heaven. I miss her very much. I am happy that you let me have her as my dog even though she got sick. I hope you will play with her. She likes to play with balls and to swim. I am sending a picture of her so when you see her you will know that she is my dog. I really miss her.

Love, Meredith

Dear Meredith,

Abbey arrived safely in heaven. Having the picture was a big help. I recognized Abbey right away. Abbey isn't sick anymore. Her spirit is here with me just like it stays in your heart. Abbey loved being your dog. Since we don't need our bodies in heaven, I don't have any pockets to keep your picture in, so I am sending it back to you in this little book for you to keep and have something to remember Abbey by. Thank you for the beautiful letter and thank your mother for helping you write it and sending it to me. What a wonderful mother you have. I picked her especially for you. I send my blessings every day and remember that I love you very much. By the way, I am wherever there is love.

Love, God

abbey.jpg
メレディスとボビー
インターネットより転載


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR