勇気の決断

Picture 502
At Greek Street

ドッグ・トラスト・ペットロス・ワークシートその2

安楽死

通常は前足の静脈にバルビツル酸塩を注入する。基本的に睡眠剤の大量投入である。
ペットは注射針のチクッとする痛みだけ感じる。数秒で意識を失う。
呼吸はゆっくりになり、次に心臓停止がくる。そして最後の死を迎える。

獣医を見ると興奮するペットにはその前に精神安定剤が投与されることもある。
死後、筋肉調節のため、痙攣を起こしたり、突然のあえぎや尿便失禁を起こしたりすることもある。
もしこのことを事前に知らされていなければ飼い主にとっては正視に耐えないことになる。

注射のときにそばにいるかどうかはあなた次第である。
ペットを安心させるためにそばにいたいという飼い主もいるし、
自分の動揺や悲しみをペットに伝えるのはよくないと立ち会わない飼い主もいる。
立ち会わなくても、最後のお別れのために亡骸と対面することは必要である。


イギリスは安楽死が普通なので、「飼い主がどうやって安楽死に立ち向かうか」ではなく
「いつ安楽死をさせるか」がテーマとなっています。
日本人には抵抗があるかと思いますが、
その子にとって何が一番よいのか信頼できる獣医と相談しながら
勇気を持って判断してください。

大丈夫です。その勇気の決断はあなたの深い深い愛情に支えられています。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR