私に何の関係があるというのだ 

What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉

人生は郵便屋さんを追いかけまわす以上に面白いことがたくさんある

finaly.jpg


「父をアルセーションに、母をスタフォードシャー・ブルテリアに持つバスターは
1995年ロイ・ハッタスリーのもとに移り住んだ。ずっとの家だ。クリスマスだけのものじゃない。

動物レスキュー・センターから出たとたん、日記を書き始めることにした。
彼の興味のありどころは「匂いをかぐこと」「穴の中に頭を突っ込むこと」「食べること」
そして大切な主人を(誰か他の人が餌を与えるとその人が主人になるが)
意のままに操ろうとすることである。

誇りに思っていることは自分の姿と丈夫なこと、そして犬の哲学を実行すること。
ロンドンとダービーシャーと犬を受け入れるホテルの間を行ったり来たりしている。

バスターの日記は彼の文学的名声のために、
幸いにも彼のお抱え書記であるロイ・ハッタスリーの
ウイットとスタイルでまとめられることになる」

Buster's Diary As Told To Roy Hattersley より

images_20210626182107be8.jpg



雑種犬バスターがロンドンのセント・ジェームス公園で英国女王所有のガチョウに襲撃されたとき、
バスターがとった自己防衛手段は裁判で認められず(ガチョウは死亡)、
一緒に散歩をしていたハッタスリー卿とともに罰金75ポンドと犯罪歴が課せられてしまった。

物語はここから始まる。ニュースが一方的に報じられていることが、バスターには我慢ならず、
ジャーナリストであるハッタスリー卿に自分の思いを書かせ、
新聞に載せたのがこのバスターの日記である。

野良犬からレスキュー・センター、そしてロンドンの高級住宅地へと、
間と暮らし始めた雑種犬バスターはすべて交渉していかねばならぬ犬生活を語る。
しかし問題は24時間で消えてしまう彼の記憶力だ。

この本は動物飼育を語る真面目な動物心理学の本ではない。
きりきりとねじ巻いてしまった人たちへのねじ緩めの本である。
数々の経験や考察を経て、人間をコントロールする楽しみを獲得した犬の
ハッピーエンド・ストーリーなのだ。

「人生は郵便屋さんを追いかけまわす以上に面白いことがたくさんある」
ということを世の人々に納得させることに成功した本である。

アマゾン書評:ルーシー・ネイラー氏