微笑ませたことを後悔するな

IMG_3385 (1)



大晦日です。

拙ブログを覗きにいらしてくださる皆様、応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

今年は初の電子書籍を作りました。
「大の男が号泣するとき」アマゾンです。
利益はすべて動物チャリティに寄付いたします。
今までお買い上げくださった皆様ありがとうございます。
まだの方はどうぞ「動物のためになるのだったら、寄付してついでに
ノーマンテイラーの本でも眺めるか」というお気持ちでどうぞ宜しく
お願いいたします。

どこの動物チャリティへ行くのかというと、現在のところ夢想段階ですが、

神奈川県動物保護センター建設資金へ

Sustainability (持続可能性のあること)への寄付と考えております。
新保護センターはシステムやプロセスを将来的に発展させ持続することができ、
また日本全国へ広がる可能性が高いとの期待をこめて。

台湾のサンクチュアリー The Pack Sanctuaryへ

車に轢かれたり、轢かれそうになる状況にいる動物たち、
罠にかかって瀕死の野良犬や野良猫、その他大変な目にあっている動物全部を
拾い上げ、救い上げる素晴らしい活動をしている団体
この団体もアジアの動物福祉の未来を考えたときの
Sustainabilityを可能にしてくれる団体だと思っております。

そしてあとは「切羽詰まった」シリーズとして、

ルーマニアの犬シェルター Hope for Holdaへ

2014年のドッグ・トラスト・インターナショナル・プログラムに参加していたグループです。
犬を保護するとか、里親にするとかそういった概念が全く存在しない国で
ボロボロになっている犬たちをボロボロのシェルターで保護し、イギリスやドイツに
送っているボランティアの人たちへ何とかして応援したいと思っております。

飢えている動物たちを抱えている切羽t詰まった日本の動物保護の人たちへ

これはどんなところがあるのか(たくさんあると思いますが)
日本の方々に教えて頂かなければなりません。

それぞれの団体さんは私がこんなふうに思っていることは
露もご存じありませんが、
どうぞ「大の男が号泣するとき」広めてくださるよう宜しくお願いいたします。

皆様本当にありがとうございます。
2016年も皆様にとって素晴らしい年になりますよう。

ノーマンテイラー邦子


人生は短い。ルールは破れ。すぐに許せ。キスはゆっくり。真剣に愛せよ。
涙が出るまで笑いころげ そして何であろうと君たちを微笑ませたことを後悔するな。

20年後、君たちはやったことよりやらなかったことを悔やむのだ。
さあ、錨をあげて、安全な港から出航せよ。
貿易風にのり、探検せよ。夢見よ。発見せよ。


Life is short, break the rules, forgive quickly, kiss slowly, love truly, laugh uncontrollably,
and never regret anything that made you smile.

Twenty years from now
you will be more disappointed by the things you didn't do than by the ones you did.

So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor.
Catch the trade winds in your sails.
Explore. Dream. Discover.

by Mark Twain


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR