妥協して物言いする時間などない

Picture 1463


今この時間にもどんどん殺処分されている動物のことを考えれば、
私たちは妥協して物言いをする時間はない。
となると「責任感のある良心的なブリーダーなどは存在しない」と言い切ろう。

仔犬農場というブラック・マーケットがあり、近寄らないようにすることはみんな知っている。
しかし、いわゆる「良心的なブリーダー」であれば良いと誤解している人のなんと多いことか。
貰い手がないためおびただしい数の犬や猫がシェルターで殺処分を受けている限り、
犬猫を繁殖させているブリーダーが良心的で責任感があろうはずがない。

すべてのブリーダーは動物の頭数を増やす火にそそぐ油である。
仔犬や仔猫が一匹誰かに買われるたびに、
家のない動物たちは家を見つけるチャンスを奪われていくのである。
そして殺処分である。ブリーダーの多くは仔犬や仔猫の購入に際して不妊去勢手術を要求しない。
そこでますます犬猫が増え、またシェルターの動物の生きるチャンスが奪われる。

簡単に言えば、仔犬や子猫を繁殖させているブリーダーは一人残らず、
シェルターの動物たちを殺しているのだ。
売るために動物を繁殖させることは貪欲で無神経なビジネスである。
動物をひきとってくれる家が絶対的に不足しているこの世界において
本当に良心的なブリーダーというものは,
この過剰動物頭数にどうやって寄与できるかのりーダー的存在となる事を考えるべきである。
動物たちを去勢し、そしてビジネスをやめることだ。

繁殖させられる動物たちも憐れなものである。犬猫はどんな見かけであろうが、
コンテストの審査委員に気に入られようが関係ないのに。
純血種を維持改造するために腰の問題、形成障害、不自由な目や耳、
皮膚の問題、痙攣などが頻繁に起こる。体型を著しく変形させられたブルドックやバグなどは
呼吸の問題、ダックススフントは背中や腰椎ヘルニアの問題で苦しんでいる。

大量ゴミを処理するような規模で殺処分が次から次へと行われているその傍らで、
動物を繁殖させるブリーダーを肯定する理由などどこにあろう。

あなたが動物を愛し、動物の一生を預かろうとするなら、どうぞ域の動物シェルターに足を向けて欲しい。
尻尾を振り、希望に満ち溢れた心を持って、檻の背後で愛してくれる誰かを待っている。
シェルターには毎日新しい犬猫がやってくる。
最初の訪問であなたのライフスタイルに合う動物がいなければ、何度も足を運んで欲しい。

ぴったりの犬猫を見つけたときにベスト・フレンドを得ただけでなく、
あなたはひとつの命を救う選択をし得たことをどれだけ嬉しく思うであろう。


PETAのホーム・ページより

イギリスの動物保護団体やグループはシェルターから貰わないのであれば、
せめてきちんとしたブリーダーから貰ってくれといいます。
それはオンラインやペットショップで購入するよりはましだからです。
しかしシェルターで活動する人はすべて「繁殖させては殺す」このサイクルを
狂気の沙汰ととらえているはず。


スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR