光をもたらした3本足の犬

2012/ 10/ 26
                 
7歳のオーエン・ホーキンズはシュワルツ・ジャンベル症候群という
非常にまれな病気を抱えている。
就学して他の子供たちと違うということに気づき始め、
学校に行くのを拒否するようになった。人と話すのも怖がるようになった。

ところがレスキュー・センターからやってきたアナトリアン・シェパードが、
オーエンの人生に新しい光をもってきたのである。
引きこもりだったオーエンの姿をハーチと一緒に通りでよくみかけるようになった。

ハーチの人生のスタートも厳しいものであった。
10ヶ月のころ、線路にしばられ、電車に轢かれたのである。
数日後に発見されたときは尻尾も足もぐちゃぐちゃであった。
獣医は手のほどこしようがなく、尻尾と足を切断するしかなかった。

それからのハーチの未来も暗いものであった。
RSPCAもジャーマンシェパード・レスキュー・センターも
3本足の犬の新しい家を見つけようとするが、誰も引き取りがなかった。
しかしついにフェイスブックで犬のことを知ったオーエンの父親ウイルとその婚約者、
コリーンがハーチをひきとったのである。

オーエンが3歳のときから一緒にいるコリーンは語る。

「ハーチの影響はすごいです。
ハーチが来るまではオーエンは外に出るのをとても嫌がっていました。
自分が他の子供たちと違うということにとても過敏になっていたのです。
オーエンは定期的に病院で治療を受けなければなりません。
またそれも落ちこませる要因の一つであったのですが、
エネルギーあふれる仔犬がそばにいることが辛いことを乗り越えさせてくれるのです。
今では病気のことも以前とは違ったふうに受け止めているようです。

オーエンは見知らぬ人をとても怖がっていました。
でも今ではみんなにハーチのことを話したくてたまりません。
ドッグショーにもいつも連れていってくれと頼みます。
どんなに変わったか言葉では言い尽くせません」

現在15ヶ月のハーチは最近、セラピー・ドッグとしてのトレーニングを終了した。
これからイラクアフガニスタンで負傷し、手足をなくした兵士を訪ねたり、
病気や不治の病をもった子供たちを訪問する予定である。.

ハーチの奇跡の生存とオーエンにもたらしたポジティブなインパクトによって
IFAWのアニマル福祉賞を獲得し、来週国会で表彰を受ける予定である。


article-2221341-159EF203000005DC-356_634x432.jpg

article-2221341-159EF428000005DC-126_634x393.jpg

article-2221341-159EF47E000005DC-894_634x401.jpg

article-2221341-159EF4FA000005DC-170_634x541.jpg

article-2221341-159EF0AC000005DC-27_634x478.jpg

article-2221341-159EF39B000005DC-544_306x431.jpg

MAIL ONLINE

オーエンもハーチも素晴らしい。そして障害を持った子供を抱えながら
レスキュー・センターから悲惨な過去を持つ3本足の大きな犬をひきとったウイルとコリーンも、
勇気あふれる美しい人たち

スポンサーサイト