生まれて初めて愛をもらったボーイの最後の日々

DSC_0221(1).jpg

ボーイが救助された時には、痛みで苦しんでいた。
しかしレスキュー隊はボーイの最後の日々を献身的に尽くし
彼が今まで知らなかった愛を与えたのである。

ホームレスのボーイは無数のダニに覆われ、歩くことも食べることもままならなかった。
「ストリートの犬を救え」というシンガポールのレスキュー・グループは
ボーイをシェルターに保護し、彼の短い地球での人生の最後の日々を
可愛がってもらったという思い出を持っていってもらうよう心をこめて介護した。
ボーイにとって生まれて初めて触れる優しさであったであろう。

通りで生まれ育ったボーイはエアコンのフィルターの水を飲み、残飯で生き延びていた。
憔悴し、痛みでうめいていたところを、レスキュー隊は新聞紙で包み獣医へ連れて行った。
しかしダニが全身を覆い、ダニ熱に冒されていた。
歯は抜け落ち、ばい菌が入り緊急輸血が必要となる。
ありとあらゆる感染症にかかり、ガンにかかっている可能性もあった。

こんな状態にあってもボーイは静かにおとなしく言うことを聞いていたのだ。
しかしボーイは病気ではなく、死にかけていた。

ところが、レスキュー隊は安楽死をを選ばなかった。
家に連れ帰り、暖かく、愛に満ちた環境で最後を看取ることに決めたのである。
ボーイにとって生まれて初めての環境である。

「そばにつきっきりで痛みや苦しみのためうめいているとき、身体をさすってやりました。
彼が生涯望んでいたことでしょう。他の犬たちもボーイを見守っていました。
慰めを必要としているときはそばで鼻をくっつけていました。
そして最後の水を飲んでボーイは明け方逝ってしまいました」

彼の世話をしていた隊員たちは薔薇の花びらをかけ、あごをひまわりでつつみ、さようならと言った。
お葬式の後、ボーイがついに自由に走れまわることができるよう祈りながら、灰を野原にまいた。

資金もシェルターもなく、メンバーの家を使い、持ち寄りの金で、
ストリート・ドッグを救助し、セカンド・チャンスを与えようとしている団体
Save Our Street Dogsは、ボーイのような犬たちが多くいることを世界中にアピールをしたいと
You tubeにボーイのストーリーをのせたのである。

「ストリート・ドッグの福祉を向上するためには地域コミュニティの結束が必要です。
一歩でも先へ進むためには、どんな助けでも価値のあるものです」

article-2192585-14AA0395000005DC-78_634x350.jpg

MAIL ONLINE
Save Our Street Dogs

上のメールオンラインのリンクをクリックしていただくと、ボーイの写真やビデオが
たくさんあります。涙で見えなくなりますが。



スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR