イギリスで一番不機嫌な猫

article-0-0CC4955A00000578-846_634x509.jpg

カメラをちょっとずつ近づけるたびにうなる。
飼い主談。「ミスターピップは音が嫌いなの。悪天候など。特にフットボールは憎んでいるわ」
ペルシャ猫とシャム猫の雑種は裏庭で犬を凝視しながら静かに座っている時が一番幸せである。
しかし、そんなハッピーな瞬間でも苦虫をかみつぶした顔を見るとまさか楽しんでいるとは思えない。

「この猫はいつも不機嫌に見えるし、不機嫌にふるまうのよ」

あまりの不機嫌さに病気ではないかと獣医に連れていったこともある。
しかし彼はすこぶる健康である。
「膝に乗るような可愛らしい猫ではないけど、私たちはうまくやっているわ」

Mail Online
写真もそこから転載

そして下はセキセイインコを間近で凝視したい我家のせんちゃん
Picture 066



スポンサーサイト
プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR