私に何の関係があるというのだ 

What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉

街灯を愛でる老犬

Picture 1288
Hyde Park

米のネバダ・ヒューメイン・保護センターは
「普通より引き取り手が少ないけれどそれども愛らしい動物たち」
というタイトルでエッセイを募りました。

カテゴリーは4つ

「老犬老猫」
「あまりなつかない動物」
「アグレッシブな動物」
「特別なケアが必要な動物」

一位に輝いた人の作品をご紹介します。
星を見るように夜の街灯に魅入るジャックの姿が目に浮かびます。
老犬老猫は尊い。引き取る人たちも優しい人たち。

先住犬、ゴールデン・レトリーバーのエイデンの友達を探しに
ネバダ・ヒューメイン・ソサエティに行った。
帰りぎわ、年寄り犬の部屋がいくつかあるのに気がついた。
どんなものだろうと好奇心で覗いてみると、そこには11歳の黒いラブラドールがいた。
犬の茶色の瞳と私の茶色の目は合ったのだ。
その犬は、ゆっくりだが、目的をもった足取りで私のほうへ歩いてきた。
そして私の足に鼻をこすりつけた。彼のあごを優しく撫でると私に体重を預けてくる。
その瞬間、彼は私の魂に入りこみ、それ以来ずっとそこにいる。

ジャックを車の後部座席に乗せる。窓の外に鼻を突き出し、外の景色に見入っている。
彼のエッセンスである痛烈な可愛らしさというのはその時点から始まっていた。
最初の夜は用意したベッドに彼を乗せることができなかった。
足をこわばらせていた。柔らかいベッドという存在がわからなかったのだと気づく。

日々の散歩は壮観なものになった。エイデンは先頭を切って私をひっぱり、
ジャックは自分のペースでゆっくり私の後ろから歩いてくる。
私は腕を前と後ろに長く伸ばして歩かねばならない。

ジャックは夜の街灯に魅了され、しばしば立ち止まる。まるで人間が星をみるように。
夏のそよ風の中でこおろぎの音にびっくりし、耳はぴんとたち、立ち止まり頭を傾げる。

ジャックは毎日出会う事柄に新鮮に驚き、賞賛する。
その姿は美しく、彼は日々を楽しみ、成長していった。
年だから物事に興味がないだろうと思っていた私たちの考えは完全に覆された。
ハイキングに行くのをとても楽しみにしている。雪の中で遊ぶのも。
車に乗るのもとても喜ぶ。子供たちも大好きだ、
彼を知れば知るほど、どんなに多くのものをもらっているかわかる。
私たちがジャックにあてた言葉を読んでいただければ、そのことをわかっていただけると思う。

親愛なるジャック

私たちが一緒に過ごすダイヤモンドのような日々の中で、お前は本当に多くのことを教えてくれた。
お前にもらった幸せをどのように感謝すればいいかわからない。
私たちはみないずれ虹の橋へ渡るということは知っているが、そこは輝いていることだろう。

せかせか歩く必要はないと。走る時はもちろん耳をはためかせること。
夏は外にいるのが気持がいい。そして生きていくのが辛くなったときは踏ん張ること。
ハッピーなときは笑い、何がなくても私たちには愛がある。
そしていつも光の方を見るということ。
それをお前は私たちに教えてくれた。

無限の愛をこめて
エミリー、ダニーそしてシリーンより

Less Adoptable pet essay contest


25 July 2015 の記事再掲載


17番の電話

IMG_7431 (Custom)

はい、こちらXX動物収容所です。
ただいま電話が大変込み合っておりますので、
次のオプションをお聞きになり、該当の部門の番号を押してお待ちください。

15歳の息子さんが今まで飼っていた10歳になる犬 に
突然アレルギー反応を起こしたので、すぐ他の人に譲りたいという方は1番を

本日引っ越すので、大型の8歳の犬をただちに他の人に譲りたい方は2番を

この世界であなたしか犬3匹と赤ん坊の面倒を見る人が存在していないので、
犬3匹を処分したいという方は3番を

新しい子犬を飼うようになり、以前からいる老犬が慣れないので、
老犬をすぐ処分したい方は4番を

仔犬を飼っているが、すぐ大きくなり、可愛らしくなくなってきたから、
新しい犬種の子犬と交換したい方は5番を

過去3年間野良犬に餌を与え、世話をしてきたが、
引っ越すことになり、突然その犬は自分の犬ではないと考え、
処分したい方は6番を

犬が病気になり、獣医費が必要だが、
自分のホリデーのお金がなくなるので処分したい方は7番を

親戚が老犬を残して亡くなったが、
自分のライフスタイルに合わないので処分希望の方は8番を

不妊去勢手術をしていない2歳のオス犬が
家中をマーキングして回るので、ひきとって欲しい方は9番を

外で飼っていた犬が妊娠したため処分したい方は10番を

1月の寒い日、シェルターの敷地に犬を捨てた人がいると
匿名の電話をよこしてきて、実際は自分が捨てた方は11番を

15歳の犬を引き取らないとは責任放棄だと怒る方は12番

シェルターが引き取らないなら
10歳の犬を安楽死させてやると脅したい方は13番

クリスマスイブ、子供が目覚める6時半前に
仔犬を家まで届けて欲しい方は14番

イースターに子アヒルや子ウサギを子供に買ったが、
可愛くなくなったし、もうクリスマスも来るし、そろそろ処分したい方は15番

新しい恋人が犬が嫌いだというので、おばかなあなたは彼を捨てるかわりに
(来月どうせあなたは捨てられるのだが)犬を捨てたいという方は16番
.
これらに該当しないかたは、17番を押してください。
この電話は自動的にある音へとつながります。
捨てた家族を探し、混乱し、悲しみ、疲れ果てた老犬を
獣医が苦しみから解放する注射を打つとき、
保定するスタッフが絞り出す涙の音に



Make a Difference Rescue Facebook

18 Nov 2018 記事再掲

特別に優しい人たち

IMG_5318 (Custom)


老犬ジュレップに予期せぬことが起こったのは18歳の時でした。
飼い主が亡くなったのです。
老犬をひきとってくれる家族や友人は誰もいず、
とうとうシェルター送りという悲しい身の上になりました。

シェルターのスタッフはジュレップに独居小屋を与え、
玩具と毛布で一杯にし、撫でたり、さすったりしてあげましたが、
非常に不安そうでした。
老犬にとっては厳しい環境ですし、
飼い主が見つかるのはかなり難しい状況でした。

スタッフは語ります。

「老犬を探しに来る人はめったにいません。
ましてや18歳という年齢では。。」

3週間が経ちましたが、それでもスタッフは諦めず、
週のハイライト犬として毎週宣伝をしました。

そしてついに現れたのです。
最近11歳のピットブルをなくしたウェインが。。

フェイスブックでジュレップを見たウェインはすぐシェルターに飛んでいき、
出会った瞬間からウェインの確信は揺るぎなきものになったのです。
彼はこれだと思った犬は瞬間でわかるそうです。

輝く晩年の日々をシェルターではなく、家で過ごすべきだと
そんなに長くは一緒に過ごせないだろうが、
もう一日たりともシェルターで寝かせやしないと、
新しいお父さんはジュレップを連れてシェルターを後にしたのです。

スタッフは最後にこう結びました。

「シニア犬やシニア猫の利点はたくさんあります。
物を噛んだりしませんし、物事が判っており、
しつけもされています。散歩もそんなに必要ないでしょう。

しかし、その利点を越えて、
私は老犬や老猫を引き取る人たちというのは、
特別に優しい人たちなのだと思います。
ジュレップをひきとったウェインもその一人です。

ウェインはジュレップをひきとる事ができた自分を
幸運だと思っていると思います。
それがウェインという人を物語っているのです。
そういう人たちが特別に優しい人たちなのです」


3E8E8BDB00000578-4342612-image-a-30_1490279091033.jpg 3E8E8BC700000578-4342612-image-a-18_1490278990431.jpg

Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4342612/Man-adopts-18-year-old-dog-owner-died.html


23 May 2017 再掲

ただでいいじゃないですか

Picture 1239

いつも聞かれることです。ホームレスの犬猫をひきとってやっているので
無料でいいじゃないかと。

ううむ。。。そうだったらいいですね。理想の世界です。
できないことではないかもしれません。
しかし獣医費用やケアコスト。毎日続けていくためには
この費用をどこかで獲得しなければなりません。
全部でなくとも一部はどこからか調達しなければやっていけませんよ。
一匹一匹、ヘルス・チェックを受けさせ、予防接種や虫下しも。
レスキュー・センターはこのコストを
自分たちの財布から捻出しなければなりません。

あなたがレスキュー・センターに払うお金はこの基本的なコストにあてられます。
もし動物がややこしい病気を抱えていたら、足が出てしまい、
レスキュー・センターの負担となります。

何はどうあれ、
ペット・ショップやブリーダーから買うよりはバーゲンではありませんか。

そうだと納得されました?そしたらまず最初のステップは何かと思われるでしょう。

ペットを飼うということは大きな責任が伴います。軽くみてはいけません。
あなたのライフ・スタイルを熟考すること。
旅行が多い人や仕事で家を空けがちな人は
ペットを飼う時期ではないと思ってください。
仕事が忙しい人は成猫がいいかもしれません。

人生の大きな変化を迎えている人、たとえば、結婚、引越し、
赤ちゃんを迎える人たちは、落ち着くまで待ちましょう。
これらはペット放棄の3大理由です。

餌代、備品、獣医費用などびっくりするような請求がくることがあり、
ペットを飼うのは金いりです。これを15,6年続けられますか?

いや、それでも引き取ってみたいという方、
どうやって良いレスキュー・グループを見つけたらいいのかと思われるでしょう。

レスキュー・センターではあなたが飼い主として適正かどうかインタビューしますよ。
これは結構嫌なモンです。
しかし同時に、相手側が適正なレスキュー・グループであるか
あなたがテストするチャンスでもあるのです。


アメリカのレスキュー・センターのサイトから

19 Aug 2012 再掲


合衆国独立記念日に花火大会に行かなかったアメリカ人たち


b5be1d945d1d5ddbac28ce936ea2f2d4 (Custom)


多くの人は花火が好きだ。

しかし残念なことに犬にとって花火は恐怖でしかない。
花火の美しさは犬の苦しみに値するだろうか。。
の答えを模索する前に
とりあえず、私達が国民の祝いの日に
犬たちのためにできることをやっていかなければならない。

7月4日ボランティアの人たちがやったことをご紹介しよう。

独立記念日、英国のガイフォークス・ナイトとともに
国中をあげて花火で祝う。
バーンという突然の大きな音は犬にとって
恐怖とパニックを引き起こす。

飼い主の愛情と安らぎが得られる家庭犬と違い、
シェルターの孤独な犬たちの恐怖は筆舌に尽くしがたい。

写真を見てほしい。

アリゾナ州、フェニックスのグッド・サマリタンの
ボランティアの人たちはフェスティバルに行かなかった。
代わりに恐怖におののく犬たちを慰めに
地域のシェルターに足を運んだのである。

Maricopa County Animal Care and Control が始めた
「犬たちを安心させよう」運動。
二つのシェルターに300人以上の人たちが集った。

開発部長のベン・スウォン氏

「地域の人たちがこれだけ反応してくれました。
私たちは助けるためにここにいるというメッセージを
拡散してくれたのです。
300人以上の人たちが花火の日、
愛が必要な犬たちと一緒にいてくれました。
人々の心を掴んだこの行動は
7月4日のフェスティバルだけではないと、
これ以降、フォスターケア、ボランティア、里親になりに
大勢の人たちが戻ってきてくれたのです」

参加したエイミーエンゲルさんも語る

「犬に歌を歌ったり、本を読み聞かせる人もいました。
ただそばにいておやつをあげる人も。
本当に素晴らしかった。
犬たちは私たちがそばにいることをとても喜んでくれ、
外の花火のことは気にしないようでした」

他愛、利他、無私、滅私の愛情溢れる人たち。
敬意をこめて脱帽


by Jakek Massey
Lad Bible