私に何の関係があるというのだ 

What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉

国の恥だ

IMG_3088 (Custom)


春が好きだ。新しいこと、
希望に満ちたたくさんの事がこれから起こるようだ。
しかしこの季節に開催される犬の品評会(クラフト)で落ち込む。
そこから立ち直ったと思ったら、今度は競馬のシーズンだ。
そしてもちろんあのグランドナショナルである。

今年はエインツリーで3頭の馬が、
チェルトナムフェスティバルで数匹の馬が死んだ。

フェスティバルとはおかしな言葉だ。
馬への愛はなどひとかけらもない。
賭け、ドレスアップ、シャンペン、
人間のためのフェスティバルだ。
馬の福祉は何も考えていない。

競走馬は世界一手をかけられているという言葉も聞き飽きた。
ほとんどは23時間、厩舎に閉じ込められ、
馬にとって非常に大切な他の馬との接触はない。
食餌も理想的ではなく、馬本来の自然な行動が許されない。
痛みや怪我や病気にさらされている。

人間も動物も毎日怪我のリスクに晒されているが、
それが生きるということである。
しかし、人間の娯楽のために
馬が怪我や死の危険と背中合わせに生きているという事とは話しが違う。

エインツリーの死後、たくさんの記事を読んだが、
どれもスポーツにはリスクが伴うと書いてある。
それに関して、二言三言、物申させていただきたい。

まず第一にもしジョッキーが馬と同じくらいの頻度で
怪我をしたり、死んだりするスポーツであれば、
直ちに対策を講じるのではないか。

2番目にもしこの動物のリスクが許容範囲だと思うのなら、
なぜ事故が起こったとき、テレビカメラが隠すようにしているのか。

だれでも足を砕いた馬がその場で射殺されるところを見るのは不快であり、
首を折ったアップフォーレビューが2分間痙攣を起こすところを見ると
シャンペンの味もまずくなるであろう。しかしこれは現実だ。
実際アップフォーレビューの事故のときは隠す暇がなく公衆の目に触れ、
多くのレースファンがひき、賭けを辞めた人たちもいた。

よいことだ。もっと言う。

馬は自分が選んで柵を越えているのではない。
馬は自分が選んでレースをしているのではない。
私たちはむちを打ったときに馬のあざや熱が
どのくらい残るのか研究しようとしたが、
もちろん競馬協会は拒否した、そうだろうね。
必ず倫理問題にひっかかるからね。
ではなぜ続ける。ひょっとしてお金?

ばかげた帽子をかぶり、ドレスアップして、
仲間と酒を飲んで興じるのは私は一向に構わない。
しかし優雅で美しい動物の苦しみ、過剰繁殖、
放棄、残酷な死は許せない。
グランドナショナルはグランドではない、国の恥だ。

Emma Milne
National Disgrace




コアラと一緒の写真がなくとも生きていけるでしょう

IMG_1271 (Custom)

旅行先で動物とからむアトラクションは人気です。
普段見ることのできない動物たちに触れたり、
大好きな象の背中に乗ったりするのはワクワクすることでしょう。
しかし彼らは私たちの楽しみのために
存在しているのではありません。
非常に残酷なストーリーが
裏に隠されていることも少なくないでしょう。

旅先で動物に触れたいと思う人たちは、
エシカルアニマルサンクチュアリーはいかがでしょう。
救出された象、熊、トラなどの荘厳な動物たちが
自然に近い形で保護されています。

肉体的精神的に受けた傷のリハビリ機能施設もあり、
動物の福祉や自然の保護に力を尽くしている人たちと
出会える教育の場となっています。

世界中に150の箇所のサンクチュアリーがあります。
まず下のサイトでサンクチュアリーを探してみましょう。

Global Federation of Animal Sanctuaries (GFAS),

Find a Sanctuary

このサイトでは福祉の基準を満たすポイントを示しています。

たとえば、適切な環境

心身とも動物の自然の生息環境に近い囲いこみをしていること。
象、熊、トラ類のスペースが広く、歩きまわり、
自由に吼えることができること。
猿類は垂直に幾重ものスペースが確保され、
木、水場、生息環境に育つ植物などが備えられているか。
そしてもちろん、仲間がいるかどうか。.

そして 見るだけ

肩に愛らしいコアラが乗った写真がなくても
あなたは生きていけるでしょう。
動物は仲間がいれば肉体的な接触は不要なのです。
できるだけ自然に近い形にいさせることが
彼らにとっての幸せとなります。

サンクチュアリーではウエブカムを
装備しているところが多いので遠くからでもよく見えます。
また人間が近くにいないと動物たちはリラックスして、
自然な本物の動きを見せてくれるのです。

今度の旅行の日程にぜひ組み込みましょう

ETHICAL ANIMAL SANCTUARY