FC2ブログ

ラッキーが死んだとき僕も消えた


IMG_7473 (Custom)



自然界における最強の残酷ストーリーのひとつに
「犬のいのちは人間にものよりずっとずっと短い」というものがある。

僕の犬ラッキーは一年前の春に死んだ。
私のレポーターという職業柄、ラッキーはミニセレブであった。
僕たちのテーマソングだってあったのだ
(アメリカツアーの非表示の料金に含まれていたボブとラッキーの歌)
ファンタスティックなジャーナリストとして有名だったラッキーが
次の旅行に行く直前に突然死んだ。
世界中のあちこちにいる読者の皆さんに
残念ながらジープの窓から顔を出すラッキーを
お見せすることはもはやできない旨を伝えなければならなかった・

犬が死ぬと100万のことがうまくいかなくなる。ここにその一つをあげる。

「飼い主は透明人間になってしまう」

世界との関わりが根本的に変わってしまうのだ。
ペットを飼っている人はわかると思うがあ
なたは「だれだれの飼い主」として知られているだけだ。
隣人は犬の名前は知っていても僕の名前はご存知ない。
犬が突然いなくなり、僕も消えてしまう。

ラッキーと歩くときは終わりのないパーティー会場を巡っているようだった。
行きかう人みんな立ち止まって30分ほどおしゃべりをしていく。
毎日10人くらい新しい友達が増えている感じだった。

今は仕事からまっすぐ空っぽなアパートに戻る。
歩く足取りも年寄りのようだ。
筋肉の一つ一つが鈍い痛みを訴えてくる。
心臓のポンプが血液を押し出すのをやめたように感じる。

元気を振り絞って外出したときにも
もうだれとの交流がなくなってしまった。
微笑みかけると奇妙な顔をして足早に去り去る。
だれも30分犬のことでおしゃべりする人はいない。
パーティーは終わってしまった。

1960年代、心理学者エリック・バーンは
「私たちの一日は大小の人間同士の交流で構築されている。
友人との挨拶から他のドライバーから受ける批難のまなざし、
恋人たちのディープな愛の会話に至るまで、
ポジティブかネガティブもすべてひっくるめて。

人の幸せはこの交流の働きにより作用される。
一日のうちでどれだけポジティブな交流が積み上げられたかによる」と説いた。

ポジティブな交流は
水や食料が人間の肉体にとって必要なように、
精神面でも非常に重要だそうだ。
みなさんも数日間の人とのやりとりを記録してみるとよい。
バーンの説が正しいと確信するはずである。

ラッキーが死んだときに私が感じたのは孤独だったのだろう。
現代は微笑を返すよりも携帯のメッセージのほうが重要なのだ。
よろいを着て本当の自分を見せないようにしなければならない
都会の残酷さか。
犬はそんなときに微笑みを交わしたり、
会話を始めたりするきっかけになる存在であることを
誰も否定しないはずだ。

ラスティ参入

失った犬の代わりはいない。ペットは車や冷蔵庫ではない。
次の犬を迎えるタイミングは人それぞれである。
私は一年待った。一日一日が悲しかった日の記念日。もう一度愛することができると思った。

犬を飼わない理由はたくさんあるだろう。
しかし犬を飼うことの素晴らしさは、
それらの理由をはるかに凌ぐものというところが問題なのだ。そのひとつをあげると、

「あなたは目に見えるようになる。
犬があなたをこの世に存在しているものにしてくれる」

新しい犬、ラスティは美しい。
アーバンレッドの毛並みで人の心を一瞬にして溶かす。
すれ違う人たちはその柔らかい頭をなでずにはいられない。
次に通りかかる人は「可愛いね。これは何の犬種ですか」と興味を示す。
そして微笑みや、ハローや、手を振ったり、握手や初めましてが交わされる。
ゴールデンレトリーバーは客をとりもつ世界のバーテンダーだそうだ。

小さい子犬がかけよってきた。
そこへ二匹の犬をつれた飼い主がやってきて犬たちも遊ぶ。
おしゃべりをしている途中、小さいころ犬をなくした婦人がやってきて
犬たちをtなでながら話しに加わる。
そこへパグをつれた老婦人が私たちをめがけてやってくる。
これは即席のカクテルパーティだ。
この瞬間瞬間が大好きだ、幸せで心がいっぱいになる。

ラッキーも天国からテニスボールを追いかける足をとめて、
この場面を喜んで見ているに違いない。

透明人間になっている皆さん、あるいは悲しみに沈んでいる皆さん、
アメリカでは毎年3,400万の犬猫が殺処分になっています。
あなたが救う命はあなたを救うかもしれない



lucky.jpg


Bob Sullivan
https://www.today.com/pets/when-my-dog-lucky-died-i-disappeared-too-994165

犬を語る人はいつも饒舌です。 この記事もともと長い。それをを削ってもまだ長い。
長いのでいずれもう少し削ります(笑)

いつも読んでくださってありがとうございます。



スポンサーサイト

月へ行って戻ってくることをいとわぬほどの愛

tom hardy

マッドマックスなどで有名な英国俳優トム・ハーディーは
犬好きで知られています
最近、亡くした愛犬のウッドストックを偲ぶ記事が皆の胸を打ちます。
本文記事を短く短く抜粋翻訳しました。
オリジナルをぜひご覧ください。

ウッドストックを最初に見たのは
映画を撮影していたアトランタ州のジョージアだった。
夜も更けたころ、道路を横切っていた。

野良犬か。犬かどうかもわからない。とにかく保護しなければ、轢かれてしまう。
携帯の灯りで自分を照らさないとこちらが轢かれてしまうほどの漆黒の闇であった。
捕まえようとするも、犬らしきものはさっさとトラックが猛スピードで走る
真っ暗闇の高速道路へ消えていった。
車に跳ね飛ばされたらあのピロピロした耳はどうなるのだろうと考えていた。
私はパニックになりかけた。呼ぼうにも名前すらわからない。
とっさに指を口にくわえ、力の限り指笛を吹いた。

その音は闇をつんざいた。犬は止まり、瞬時に振り返り、私の目を見た。
そして死への途から踵をかえし、闇夜の中を私をめがけて走りだしたのである。
しかも歯をむき出して唸りながら。おいおい。。本当に犬だったのか。
噛みつかれるかもしれない。

しかし抱きかかえた小動物はやせ細り、恐怖で怯えている小さい犬だった。
大きな茶色の目で私を見つめていた。
車の中に連れ込むとすぐいびきをかいて寝入ったのをみると、
大変な苦労があったのだろうと胸が痛む。でももうそれも終わりだ。

あの夜のことは絶対忘れない。素晴らしい夜だった。
一分前まで死への道をひたすら走り続けていた11か月の犬は
見知らぬ男に拾われた。
爆睡したあと巨大なペットストアで男と一緒に玩具を選んでいる。
私は永遠にジョージア州に感謝する。
犬の飼い主になるという世界で一番素晴らしい恩恵に
あずかることができた場所である。

その後赤いバンダナをまいたウッドストックは
撮影所で多くの人と一緒に生活を始めるのである。
写真もたくさん撮ってもらい、
最も影響力のある動物としてタイム誌に掲載され、
ジョーズよりも有名になった。
彼に会った人間はすべてウッディを愛した。
「悪」というものは彼の中に存在していなかった。
骨の髄まで愛に満ち溢れていた。

私は普通は家族に関する個人的なことは言わないのだが、
ウディは実に多くの人に関わってきて、愛されてきたので、
敬意をもって皆さんにお知らせしなければならないと思う。
6か月の闘病生活を経て、2日前、天国へ旅立った。
まだ6歳だ。

彼はもう苦しんでいないという安堵の気持ちはあるが、
それらをすべて踏まえて、私の心はずたずたである。
彼が私の横にいる世界のほうがずっとよかった。
ウディは人生を共に歩く最良の仲間であった。
明るく輝く魂であった。
私達を見つけてくれて、選んでくれて、ありがとうウディ。
私達はお前を永久に愛し続け、
永遠に一緒にいる。絶対に絶対に忘れない。

お前への愛は言葉で言い表せない。
月へ行って戻ってくることをいとわぬほどの愛である。
終わりのないすべてを越えた愛である。
天国で先に逝ったマックスと天使たちと走っているいだろう。
私がそこにいく、その時にまた会おう。

トム・ハーディ



http://tomhardydotorg.tumblr.com/post/161532868851/i-first-saw-woodstock-running-across-a-turnpike-we

バスターが死んだんだぞ

Picture 167 (375x500)

At St John's Wood

ハッタスリー卿はイギリス政界の要人かつ重鎮です。そしてすぐれたジャーナリストでもあります。
今年の初め卿は15年連れ添った雑種のバスターをなくしました。
彼がデイリーメールに寄稿した記事は胸をうちます。抜粋しようと思いましたが、やはり削れませんでした。
長いですが、ほぼ全文です。

犬が死ぬということはおそらく日常のささいなことであろうに、
私はその大きな喪失感に耐えられず、身の置き場がなくなってしまう。

私の元へ全速力で駆けてくるときの首輪のタグのちりんちりんという音。
風呂に入れた後の濡れた犬の匂い。30秒で食べる朝ごはんのボウルのかちゃかちゃいう音。
私のシャワーが少し長くなったとき、突然ぬっと入ってくる姿。
タオルをとろうと手をのばし、思いがけず彼の顔に水滴がかかった時の恨みがましい顔。
雨そぶるピーク・ディストリクトへ彼に催促され出かけた時のひどい寒さ。
彼のいびきで夜中に眼が覚めたり、出かける時のハーネスの装着が複雑で面倒くさかったこと!

しかし叶うことなら私はまたもとのあの不便な生活に戻りたくてしょうがない。

ロンドンからダービーシャーに戻る車の中で眠っていたはずなのに
なじみの村の角っこを曲がると突然起きて歓喜の声をあげる。
家に戻って一部屋一部屋臭いをかいだあと、階段の踊り場で窓の外で行く人々を眺める。

バスターと階段に座ってよくやるゲームがあった。
ビスケットを一方の手に隠し、バスターの前に差し出す。
バスターは手でそっと入っているほうの私の手を叩くのである。それはそれは優しい叩き方であった。
ゲームはいつもバスターの勝利に終わるのであった。こんな小さな思い出がとても辛く胸を刺す。

誰にとっても自分の犬は特別である。なので私は書かずにはいられないことだけ書留めよう。

ラップ・トップのコードにからまるバスターを見ない朝はなかった。
暖炉の薪の匂いをひとつひとつチェックしていくバスターの手伝いなしでは冬が始まらなかった。
玄関にスーツ・ケースを見つけると、その間に座りこんだ。
まるでまだらのスーツ・ケースがひとつ加わったように。
もちろん、彼も一緒に行くつもりであることを明確に知らせるためである。

客がバスターの席(だと彼がみなしている席)に座ると、
客の横に体をぴったり密着させ座っていた。
猫やウサギや家畜とはうまくいかなかったが、人間は大好きであった。
私の本の出版のときは読者のおばあちゃんがおやつをもってきてくれるのを楽しみにしていた。
決してノーと言ったことはなかった。講演のときは拍手のときだけ一緒に吠える。

この10週間私は考え続けていた。私が彼の奴隷だったことはさておき、
私と彼をつないでいたものは何であったのだろう。

私は彼が自分の心の支えであることを楽しんでいた。
そして彼も私のことを心の支えだとみじんも疑っていなかったその気持ちを賞賛する。

彼は「希望」を放射していたのだ。

毎朝食料ドアを開けると後ろに必ずバスターが立っていた。何かもらえると期待して。

バスターのことを先天的楽天家と呼んでいたが、
彼のことを毛皮を着た人間だという風にみなしたことはなかった。
彼は犬である。

人間のテーブルで物を与えたことはない。犬専用のベッドで寝かせた。
犬として扱うことが彼に対する敬意である。
バスターが犬であってくれることで十分である。それ以上彼に望むことはない。

15年間彼の成長を見てきた。賢くなるのを見てきた。年老いていくのを見てきた。
獣医は彼は天寿を全うするだろうと予測した。
これ以上疲れて続けられなくなったときが逝くときだと。

「そのときは彼はあなたに教えるよ。」と獣医は言った。

そしてその通りになった。

短くなった毎朝の散歩でさえもきつそうだった。
朝ごはんもゆっくり食べると決めてしまったようだ。
そして一旦横になるともう起き上がるつもりはなかった。

最後の決断はバスターにとって一番良い方法に基づくものでなければならないが、
私の安楽死の選択をひきのばしたいという気持ちとの戦いであった。

ある朝 私は一瞬の苦悶のときを過ごした後、獣医に電話をかけた。獣医はすぐやってきた。

バスターはブルーチーズのかけらを食べながら死んだ。
普段は食べることを許されなかった、錠剤を包むときだけ口に入れられた大好物だったブルーチーズ。

私の悲しみだけが特別だというつもりはない。どれだけ多くの家族が落胆と絶望に陥っているだろうか。

ただ事実をここに述べさせて欲しい。

人生の中でバスターが逝ってしまったことほど痛みを感じたことはなかった。

そして人前で我も忘れて泣いて取り乱したこともなかった。

一階の私の仕事部屋の窓から人々が日々の生活を送っているのをながめているとき、
驚きとともに怒りを覚える。
なぜそうやって普通どおりの生活を送っているように振舞っているんだ。時計を止めろ。
バスターが死んだんだぞ。

犬を過小評価するなかれ。彼は永遠に続く財産を残してくれた。
彼が与えてくれた喜びの思い出である。

バスターにお手やおすわり、ごろり、握手、死んだまねなど教えるつもりはなかったし、
彼も新聞をくわえてもってくるようなまねもしなかった。

しかし、彼は ―たいしたことではなかったのかもしれないが、

私の人生を変えた。

バスターは私の人生は犬なしでは考えられないことを教えてくれた。

またレスキューセンターへ行って雑種の犬を家に連れてかえることは
バスターへの裏切りのような気になった時期もあったが、10週間後また私は探し始めた。
新しい犬はバスターの代わりではない。誰もバスターの代わりにはなれない。
彼の後継者はまったく別の犬である。

ただしその犬はバスターが輝きをもって示してくれた
[犬を所有することの至上の喜び」を再び証明してくれるであろう


メールオンライン2010年1月11日Roy Hattersley ノーマンテイラー訳

卿の当記事の原稿料はブルークロスアニマルトラストに全額寄付されました。

bg (189x300)
メールオンラインより転載

原文と写真
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1242173/Roy-Hattersley-How-I-miss-beloved-dog-Buster.html

愛されなかったという思いを持ってこの世を出ていかなくてもよい


IMG_3879 (2)

この美しい遺稿文はルーの里親からです。


「お腹に大きな腫瘍ができて骨と皮になっていた老犬ルーに出会ったとき、
私は15年間の動物の世話で、
そろそろ自分自身にも休憩が必要だと思っていたところでした。
正直言って私は病気の保護老犬を
死ぬまで世話をする経済的余裕があるのか、
そもそも看取りたいのか、まったく自信がありませんでした。

しかしすぐに何とかしなければならないというのはわかっていましたので、
ミスター・モー・プロジェクトという団体の助けを借りて、
ルーをひきとり、手術を受けさせました。
体重も増え、少しずつ元気がでてきました。

ルーはもともと走り回る活発な犬ではないので、
ぱっと見にはわからないと思いますが、
本当に幸せになったと確信しています。

もうひもじい思いをしなくてもよい。自分の糞尿の上で寝なくてもよい。
腫瘍の痛みがひどく、
後ろ足をあげたまま寝るに寝れなかった夜を過ごさなくてもよいのです。

そして何より、愛されなかったという思いを持ってこの世を出ていかなくてもよいのです。

ひきとってからのルーの人生はとてもシンプルでした。
草を食むのが好きで、時々釣った小魚。たいていは寝ていました。
気持ちの良いベッドと安全なところが彼女にとってとても大切なものだったと思います。

しかし群を抜いて好きだったことは一緒に丸まってテレビを見ること。
私の膝の中にもぐりこみ、頭を私の胸にもたせかけ、
ただ私と一緒にいること。それだけです、それ以上は何も求めませんでした。
ガンは非常に進行が早いものでしたが、
痛みをとり、幸せな最期の日々を送らせることが私の願いでした。

本当に悲しいことですが、本日、ルーは病との闘いに敗れ、
虹の橋へ逝ってしまいました。
私が一生かかっても返せないほどの沢山のものを残して」



rue2 (2)


犬が夜目覚めるのは

IMG_3106.jpg



ハリウッド・スター、ジェームズ・スチュワートが
愛犬ゴールデンレトリーバーのボーを亡くしたときに作った詩を
テレビで披露しながら、喉が詰まって読めなくなった映像があります。
その時の詩をご紹介します。

呼んでも来ない
私がボール持っていれば別だが
あるいは気が向いたとき
それでもほとんど来ない

若いときに
伏せもお座りも待ても覚えなかった
しつけなどという言葉は彼の辞書にはなかった
私を困らせるためにバラの苗木を掘り、
やめさせようとすると、振りむきざまに噛み付く

いろいろな人たちに毎日噛み付いていた
格好の餌食となったのは配達の少年である

ガス検査官はメーターを見る事できず、
「あなたは本物の人食い犬を所有している」と言った

彼のおかげで家が火事になったことがある
長い話なので省くが、
幸いに彼も家もなんとか無事だった

散歩はいつも犬が先にドアから出る
夜は妻が散歩に連れていく
犬に引きずられて歩く妻。なんと美しい光景よ
けれど時々振り返っては
妻がちゃんとついて来ているかどうか確かめる

夜は老夫婦は早くベッドに入る
犬はボールでひとしきり遊んだあと、
部屋の隅にある自分のベッドに寝るのだが
私たちのベッドに上り、真ん中に寝る事もある
私は犬の頭を撫でる

時々犬から見つめられている感じがして目が覚める
するとやはりそこに座って私を見つめている犬がいる
手を伸ばして彼を撫でる
彼はため息をつくことがあった

なぜかわかる

犬が夜目が覚めるのは
闇が、犬生が、その他もろもろのことが恐いからだ
そんな時私がそばにいてよかったと思ってくれているのが嬉しい

犬は今はいないけれど、
私たち夫婦の真ん中に寝ているような気がする夜がある

彼が私を見つめているような気がする夜もある
彼を撫でようと手を伸ばすが、
彼はいない。
ああ。。そうじゃなければいいのに


犬のボーについて以下の記事が見られる

アリゾナで撮影中、スチュワートは
獣医からボーが不治の病に倒れたという電話を受け取った。
妻は夫から安楽死の許可をもらうために獣医に電話をかけさせたのである。

スチュワートは断り、自分が戻るまで生かしてくれ、すぐに行くからと言った。

スチュワートは2,3日休みをもらい、ボーと過ごし、
その後獣医に安楽死の許可を出した。

ボーが逝った後、涙をぬぐうために
車の中で10分ほど座わらなければならなかったという。

後年スチュワートは語る。

「ボーが逝ってからもベッドに彼がいるのを感じる夜が何度もあった。
頭を撫でる感じも全部リアルなんだ。
あまりにも現実的なので、詩を書いたのだけれど、
そうすると、もうボーはそこにはいないんだと気づかせられて本当に辛い」
.




司会者も一緒に目をうるませています。
私も。。。




プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR