バスターが死んだんだぞ

Picture 167 (375x500)

At St John's Wood

ハッタスリー卿はイギリス政界の要人かつ重鎮です。そしてすぐれたジャーナリストでもあります。
今年の初め卿は15年連れ添った雑種のバスターをなくしました。
彼がデイリーメールに寄稿した記事は胸をうちます。抜粋しようと思いましたが、やはり削れませんでした。
長いですが、ほぼ全文です。

犬が死ぬということはおそらく日常のささいなことであろうに、
私はその大きな喪失感に耐えられず、身の置き場がなくなってしまう。

私の元へ全速力で駆けてくるときの首輪のタグのちりんちりんという音。
風呂に入れた後の濡れた犬の匂い。30秒で食べる朝ごはんのボウルのかちゃかちゃいう音。
私のシャワーが少し長くなったとき、突然ぬっと入ってくる姿。
タオルをとろうと手をのばし、思いがけず彼の顔に水滴がかかった時の恨みがましい顔。
雨そぶるピーク・ディストリクトへ彼に催促され出かけた時のひどい寒さ。
彼のいびきで夜中に眼が覚めたり、出かける時のハーネスの装着が複雑で面倒くさかったこと!

しかし叶うことなら私はまたもとのあの不便な生活に戻りたくてしょうがない。

ロンドンからダービーシャーに戻る車の中で眠っていたはずなのに
なじみの村の角っこを曲がると突然起きて歓喜の声をあげる。
家に戻って一部屋一部屋臭いをかいだあと、階段の踊り場で窓の外で行く人々を眺める。

バスターと階段に座ってよくやるゲームがあった。
ビスケットを一方の手に隠し、バスターの前に差し出す。
バスターは手でそっと入っているほうの私の手を叩くのである。それはそれは優しい叩き方であった。
ゲームはいつもバスターの勝利に終わるのであった。こんな小さな思い出がとても辛く胸を刺す。

誰にとっても自分の犬は特別である。なので私は書かずにはいられないことだけ書留めよう。

ラップ・トップのコードにからまるバスターを見ない朝はなかった。
暖炉の薪の匂いをひとつひとつチェックしていくバスターの手伝いなしでは冬が始まらなかった。
玄関にスーツ・ケースを見つけると、その間に座りこんだ。
まるでまだらのスーツ・ケースがひとつ加わったように。
もちろん、彼も一緒に行くつもりであることを明確に知らせるためである。

客がバスターの席(だと彼がみなしている席)に座ると、
客の横に体をぴったり密着させ座っていた。
猫やウサギや家畜とはうまくいかなかったが、人間は大好きであった。
私の本の出版のときは読者のおばあちゃんがおやつをもってきてくれるのを楽しみにしていた。
決してノーと言ったことはなかった。講演のときは拍手のときだけ一緒に吠える。

この10週間私は考え続けていた。私が彼の奴隷だったことはさておき、
私と彼をつないでいたものは何であったのだろう。

私は彼が自分の心の支えであることを楽しんでいた。
そして彼も私のことを心の支えだとみじんも疑っていなかったその気持ちを賞賛する。

彼は「希望」を放射していたのだ。

毎朝食料ドアを開けると後ろに必ずバスターが立っていた。何かもらえると期待して。

バスターのことを先天的楽天家と呼んでいたが、
彼のことを毛皮を着た人間だという風にみなしたことはなかった。
彼は犬である。

人間のテーブルで物を与えたことはない。犬専用のベッドで寝かせた。
犬として扱うことが彼に対する敬意である。
バスターが犬であってくれることで十分である。それ以上彼に望むことはない。

15年間彼の成長を見てきた。賢くなるのを見てきた。年老いていくのを見てきた。
獣医は彼は天寿を全うするだろうと予測した。
これ以上疲れて続けられなくなったときが逝くときだと。

「そのときは彼はあなたに教えるよ。」と獣医は言った。

そしてその通りになった。

短くなった毎朝の散歩でさえもきつそうだった。
朝ごはんもゆっくり食べると決めてしまったようだ。
そして一旦横になるともう起き上がるつもりはなかった。

最後の決断はバスターにとって一番良い方法に基づくものでなければならないが、
私の安楽死の選択をひきのばしたいという気持ちとの戦いであった。

ある朝 私は一瞬の苦悶のときを過ごした後、獣医に電話をかけた。獣医はすぐやってきた。

バスターはブルーチーズのかけらを食べながら死んだ。
普段は食べることを許されなかった、錠剤を包むときだけ口に入れられた大好物だったブルーチーズ。

私の悲しみだけが特別だというつもりはない。どれだけ多くの家族が落胆と絶望に陥っているだろうか。

ただ事実をここに述べさせて欲しい。

人生の中でバスターが逝ってしまったことほど痛みを感じたことはなかった。

そして人前で我も忘れて泣いて取り乱したこともなかった。

一階の私の仕事部屋の窓から人々が日々の生活を送っているのをながめているとき、
驚きとともに怒りを覚える。
なぜそうやって普通どおりの生活を送っているように振舞っているんだ。時計を止めろ。
バスターが死んだんだぞ。

犬を過小評価するなかれ。彼は永遠に続く財産を残してくれた。
彼が与えてくれた喜びの思い出である。

バスターにお手やおすわり、ごろり、握手、死んだまねなど教えるつもりはなかったし、
彼も新聞をくわえてもってくるようなまねもしなかった。

しかし、彼は ―たいしたことではなかったのかもしれないが、

私の人生を変えた。

バスターは私の人生は犬なしでは考えられないことを教えてくれた。

またレスキューセンターへ行って雑種の犬を家に連れてかえることは
バスターへの裏切りのような気になった時期もあったが、10週間後また私は探し始めた。
新しい犬はバスターの代わりではない。誰もバスターの代わりにはなれない。
彼の後継者はまったく別の犬である。

ただしその犬はバスターが輝きをもって示してくれた
[犬を所有することの至上の喜び」を再び証明してくれるであろう


メールオンライン2010年1月11日Roy Hattersley ノーマンテイラー訳

卿の当記事の原稿料はブルークロスアニマルトラストに全額寄付されました。

bg (189x300)
メールオンラインより転載

原文と写真
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1242173/Roy-Hattersley-How-I-miss-beloved-dog-Buster.html

スポンサーサイト

愛されなかったという思いを持ってこの世を出ていかなくてもよい


IMG_3879 (2)

この美しい遺稿文はルーの里親からです。


「お腹に大きな腫瘍ができて骨と皮になっていた老犬ルーに出会ったとき、
私は15年間の動物の世話で、
そろそろ自分自身にも休憩が必要だと思っていたところでした。
正直言って私は病気の保護老犬を
死ぬまで世話をする経済的余裕があるのか、
そもそも看取りたいのか、まったく自信がありませんでした。

しかしすぐに何とかしなければならないというのはわかっていましたので、
ミスター・モー・プロジェクトという団体の助けを借りて、
ルーをひきとり、手術を受けさせました。
体重も増え、少しずつ元気がでてきました。

ルーはもともと走り回る活発な犬ではないので、
ぱっと見にはわからないと思いますが、
本当に幸せになったと確信しています。

もうひもじい思いをしなくてもよい。自分の糞尿の上で寝なくてもよい。
腫瘍の痛みがひどく、
後ろ足をあげたまま寝るに寝れなかった夜を過ごさなくてもよいのです。

そして何より、愛されなかったという思いを持ってこの世を出ていかなくてもよいのです。

ひきとってからのルーの人生はとてもシンプルでした。
草を食むのが好きで、時々釣った小魚。たいていは寝ていました。
気持ちの良いベッドと安全なところが彼女にとってとても大切なものだったと思います。

しかし群を抜いて好きだったことは一緒に丸まってテレビを見ること。
私の膝の中にもぐりこみ、頭を私の胸にもたせかけ、
ただ私と一緒にいること。それだけです、それ以上は何も求めませんでした。
ガンは非常に進行が早いものでしたが、
痛みをとり、幸せな最期の日々を送らせることが私の願いでした。

本当に悲しいことですが、本日、ルーは病との闘いに敗れ、
虹の橋へ逝ってしまいました。
私が一生かかっても返せないほどの沢山のものを残して」



rue2 (2)


犬が夜目覚めるのは

IMG_3106.jpg



ハリウッド・スター、ジェームズ・スチュワートが
愛犬ゴールデンレトリーバーのボーを亡くしたときに作った詩を
テレビで披露しながら、喉が詰まって読めなくなった映像があります。
その時の詩をご紹介します。

呼んでも来ない
私がボール持っていれば別だが
あるいは気が向いたとき
それでもほとんど来ない

若いときに
伏せもお座りも待ても覚えなかった
しつけなどという言葉は彼の辞書にはなかった
私を困らせるためにバラの苗木を掘り、
やめさせようとすると、振りむきざまに噛み付く

いろいろな人たちに毎日噛み付いていた
格好の餌食となったのは配達の少年である

ガス検査官はメーターを見る事できず、
「あなたは本物の人食い犬を所有している」と言った

彼のおかげで家が火事になったことがある
長い話なので省くが、
幸いに彼も家もなんとか無事だった

散歩はいつも犬が先にドアから出る
夜は妻が散歩に連れていく
犬に引きずられて歩く妻。なんと美しい光景よ
けれど時々振り返っては
妻がちゃんとついて来ているかどうか確かめる

夜は老夫婦は早くベッドに入る
犬はボールでひとしきり遊んだあと、
部屋の隅にある自分のベッドに寝るのだが
私たちのベッドに上り、真ん中に寝る事もある
私は犬の頭を撫でる

時々犬から見つめられている感じがして目が覚める
するとやはりそこに座って私を見つめている犬がいる
手を伸ばして彼を撫でる
彼はため息をつくことがあった

なぜかわかる

犬が夜目が覚めるのは
闇が、犬生が、その他もろもろのことが恐いからだ
そんな時私がそばにいてよかったと思ってくれているのが嬉しい

犬は今はいないけれど、
私たち夫婦の真ん中に寝ているような気がする夜がある

彼が私を見つめているような気がする夜もある
彼を撫でようと手を伸ばすが、
彼はいない。
ああ。。そうじゃなければいいのに


犬のボーについて以下の記事が見られる

アリゾナで撮影中、スチュワートは
獣医からボーが不治の病に倒れたという電話を受け取った。
妻は夫から安楽死の許可をもらうために獣医に電話をかけさせたのである。

スチュワートは断り、自分が戻るまで生かしてくれ、すぐに行くからと言った。

スチュワートは2,3日休みをもらい、ボーと過ごし、
その後獣医に安楽死の許可を出した。

ボーが逝った後、涙をぬぐうために
車の中で10分ほど座わらなければならなかったという。

後年スチュワートは語る。

「ボーが逝ってからもベッドに彼がいるのを感じる夜が何度もあった。
頭を撫でる感じも全部リアルなんだ。
あまりにも現実的なので、詩を書いたのだけれど、
そうすると、もうボーはそこにはいないんだと気づかせられて本当に辛い」
.




司会者も一緒に目をうるませています。
私も。。。




向かう先はみな同じ

皆様、いつもご訪問、本当にありがとうございます。

イギリスの動物福祉の一片をお伝えしたいと始めたブログが
おかげ様で5年たちました。

動物愛護の歴史が一番長いといわれるイギリスでさえも、まだ200年。
虐待のきわみを行っていたイギリス人がたった200年でここまで来た。
日本がイギリスより100年遅れているとしたら、
あと50年で日本はイギリスに追いついているのではないでしょうか。

100年たったらもしかして日本のことだから
追い越してノウハウを逆輸入にしているかもしれない。
私はそれを自分の目で見なくても良い、
その日へ向っていると感じて生きていけさえしたらと思います。

と「私に何の関係があるというのだ」のホームページに書きました。

2015年、神奈川県動物保護センターが動物を処分する場所から生かす施設へ向かって
出航したことは、確実にその日に向かっていると感じさせてくれました。
私にできる事なぞたかが知れておりますが、できる限り応援させていただきたいと思っております。

また私のブログをご訪問くださっていらっしゃる皆様
私の記事をご紹介くださり、お気に入りに貼ってくださったり、
応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。
とても嬉しかったです。

皆様のご活躍を拝見させていただいておりましたが、
お辛いことも多々ある中で、絶対あきらめずに、
本当に頑張っていらっしゃるんだなあと頭が下がりっぱなしでした。
どれだけ勇気と元気を頂いたことか。

日本の動物福祉は遅れていると言われていますが、
こんなに頼もしく素晴らしい方々がいるから絶対大丈夫。
イギリスを追い越すのもそんなに遠くないと信じています。
そしてきっとそれはすごい見事な追い越し方なのだろうなあ。
向かう先はみな同じです。あきらめずに、知恵を出し合い、
サポートしあい、これからも頑張りましょう。

これから当分の間更新の予定はありませんが、

電子書籍の利益が出て実際に寄付できた時のお知らせ
神奈川県動物保護センター関係のお知らせ
あと何かお知らせしたい事が出てきたとき

などなどの時はまた登場いたします。

また電子書籍「大の男が号泣するとき」をぜひお読みになってください。
お友達にもおすすめくださるよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

皆様が好きだと仰ってくださった記事を集めたこの本の所有者は
人間に虐げられている世界中の動物たちです。
利益はすべて動物たちへいきます。

どこに行くかは以下の記事をご参照ください。
微笑ませたことを後悔するな

それでは2016年も皆様にとって素晴らしい年でありますよう。
そして動物たちのためにも、皆様のお身体が大切ですので、
どうぞご自愛のほどを。

お知らせ

ブログの中からペットロスを編集した電子書籍が、皆様のご厚意に支えられ
完成しました。

利益(がでれば)はすべて動物チャリティ団体へ寄付いたします。
またブログやFBやツィッターなどでお知らせいたします。
皆様の大切なお金は動物たちへ行きます。

電子書籍リーダーをお持ちでない方は無料でダウンロードできますので
これを機にぜひご利用ください。

下がアマゾンのリンクです。


http://www.amazon.co.jp/dp/B018P6UZNW

本書のイギリスにおける安楽死の記事を読んでくださった方が、
「やっと立ち直れました。また新しい犬を探しにいきます」とお便りをくださいました。
大々的に宣伝はできませんが、
この本を必要としている方々のもとへ必ず届いてくれると信じております。

私の最大の喜びは、ジャックが食事時のエチケットを破ってくれたことである


IMG_2348 (1) (Small)



私の小さいウィペットが死んだ。過ごした日々はわずか5年だったが、
悲しみの重さは支えきれないほどである。

シェルターから受け取ったときもまだ骸骨のようで、皆は一か月持たないだろうと言った。
何の反応もない。
ただ恐怖の中に住んでいるこの小さな生き物の心の中に入ることができなかった。

彼女をジャックと名付けた。短くでシャープではっきりしていて
コマンドを教えるときに非常に便利な名前である。

あまりにも悲惨な経験をもち、ダメージが大きすぎて、
犬であるということを忘れてしまった犬であった。
走ることもできない。5年間どんな虐待を受けていたのであろう。
人間とも他の犬とも何の交わりもなかったに違いない。
私の他の犬たちにも無関心である。
トイレのしつけもできていない。階段を上がるという動作が理解できない。
立っている場所で眠る。ベッドの存在も知らない。人間とも玩具ででも遊ばない。
ジャックは犬ではなかった。

しかし、ゆっくりだが、だんだん私が家に戻ると
ちょっと嬉しそうな様子を見せるようになった。
触られ、撫でられることを喜ぶように見え始めた。
散歩に行く様子を見せると一緒に行こうとする。
ご飯やおやつのときもゆっくり近づいてくるようになった。

そしてある日私は見た。

私の別の犬、ウインク、いつも母親のようにジャックに接していた犬に頭をもたせかけて、
ベッドの上で心地よさそうに丸まっていたのを!!!

ここからジャックは大変身を遂げるのである。
彼女の声はおかしな、タバコのみのような吠え方であることが判明する。

夜寝る前、庭で最後のおしっこをさせるのだが、深夜うろつきまわる狐たちを見て、
他の犬たちと一緒にジャックも吠えたのである。
ドアでべルがなると反応する。
チョコレートとナッツの素晴らしさを発見した(どちらも犬には悪いのだが)
チーズ、ヨーグルト、そして彼女のバナナ好きにはかなり参った。

そして私の最大の喜びは、ジャックが食事時のエチケットを破ってくれたことである。
テーブルに震える足をのせて、
私の皿の上にある食べ物をしつこくねだったときの私のうれしさと言ったらなかった。

その同じ足で、寒い冬に私のベッドから布団をひきずり落とすことを覚えた。
長い身体をくっつけて私をベッドの端に押しやるジャックを見て
犬の中でウィペット種が一番自分のことしか考えていない犬種ではないかと
確信するに至ったのである。

それでも走らなかった。私の視界から消えてなくなることはなかった。
他の犬たちがボールや木の枝を追いかけているのを見ているだけだった。

しかしだ。私のところに来て3年目の夏、ジャックは参加したのだ。
私に彼女の持っていた枝を投げてくれと言ったのだ。
私は投げた。ジャックは走った、走った、走ったのである。
長く、サークルを描きながら息の切れるまで。
彼女が先祖から受け継いだもの、走る犬であったこと、
走ることにより喜びが放出される犬種であることがわかったのだ。
走るゲームは恒例のものとなった。

しかしそれも秋までだった。ジャックは走るのをやめてしまったのである。
スピードがなくなり、寝る時間も増えてきた。夜もたびたびおしっこをするようになった。
獣医は心臓と腎臓を悪くしているので、もっても数か月だろうと言った。
スクランブルエッグの中に薬を混ぜても、ジャックの病状は進むばかりで、がんも見つかった。

がんはすぐに痛みを伴うであろう。終わらせなければならないと思うのだが、
ナッシュに安楽死の注射をしたときに、痛みで叫んだことを思いだす。

私がジャックに手を下したい。致死錠剤はないのか。
犬を愛している主人が与える死の錠剤がないのはどうしてだ。
絶対の信頼を寄せている飼い主の手から与えられる心地良い死より
動物にとって愛情あるものが他に存在しているとは考えられない。

この小さい生き物、心から愛していたジャックに、
最後の瞬間まで痛みがなく、心地よい生を全うしてほしかった。
私の腕の中で静かにあちら側へ渡ってほしかった。
誰か知らない人が突然目の前に立ちはだかることは避けたかったのに。
しかし現実は現実だ。ジャックは私の膝の上で腕の中で逝ったとも。
しかし、彼女はそこに獣医という知らない人もいて、きっと心配しただろう。
私たちの別れは二人きりではなかったと気付いていただろう。


The Whippet who learned how to be a dog at last

「ジャック、私の小さなウィペット犬が死んだ」
By Brian Sewell (15 June 1931 – 19 September 2015)

Jack at the kitchen table rz
photo from
http://www.whippetrescue.org.uk/2013/06/jack-friend-of-brian-sewell.html


プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページはただいまサーバーの不具合で閉鎖中
少々お待ちください。
contact: alicetigger24★hotmail.com

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
検索フォーム
QRコード
QR