静かな穏やかな存在



IMG_5329.jpg


裁判所で証言をするのは非常に辛い経験です。
犯人と対峙しなければならないこともあり、
しかもそこにいる人たちは知らない人ばかり。
トラウマになる可能性は十分あります。

このような状況を改善するために、合衆国を主として
裁判犬の導入という新しい動きがあります。
特に若い性犯罪被害者の裁判での証言は
常にトラウマになるとの研究結果が出ています。
証言をしているときに、襲われたときと同じ心理的体験を
することになり、すさまじい打撃を受けるということは
想像に難くありません。

そんな時に犬が「静かな穏やかな存在」として
証言台に一緒に建つことが許されます。
子どもが検察官から尋問を受けているとき、
足元に静に眠っているのです。

人間と犬との長い関係から見ると、
私たちにとって犬は
「悪い人がそばにいると教えてくれる」存在なのです。
そういう意味で、リラックスした犬がそばにいるということは、
そこは安全な場所なのだと子供がわかるのです。
被害者の血圧は下がり、心配や不安が減るのです。

カナダでも児童虐待の裁判のとき、
被害者の子供たちを落ち着かせるために
犬の入室が許可されました。少女は7歳のラブラドールのケイバ―と
証言台に立つことができたのです。
裁判の間、小jはずっと犬のリードを持ち、
何度も固く握りしめていました。

イギリスの法廷弁護人によると

「合衆国では広く行われていますが、
ガイドドッグなどを除いて、
イギリスではまだ実現していません。
こういった面ではイギリスはアメリカより10年オクレテいると
言われていますので、将来的には必ず追随する事と思います」

裁判犬は普通の犬ではなく、
何年にも渡り、訓練を受けてきた犬たちで、
その中でも裁判所に立ち会っているのは
ベストの中のベストだそうです。

C6WFH_kWYAAvM6K.jpg


C6WFJYLWYAAvIol.jpg

C6WFLXZWYAIkr0-.jpg

元記事と写真はMail Online







スポンサーサイト

犬に傘を


CsoxT6WUsAEz432.jpg


首輪つけた犬が今日雨の中一人でいました。
捨てたならすてたと、逃げてたのなら逃げてたと連絡ください
よわってます、誰も名乗り出ない間うちで世話します、
ほんとに誰も、名乗り出なければ家でサダハルと、名前をつけて飼います

ツィッターでのHirokiさんの投稿です。
コメントに足を止められ、写真を見るともう立ち去れず、
美しい写真を長い間眺めてしまった。

どこかで見たことのある光景だと思ったら・・・

これだった

「人の心の温かさは動物への接し方でわかる」

a99690d582813377fba7500267be127e.jpg

ああ、サダハルという名前の美しさよ




ツバメが地面に落ちていたら

IMG_4005 (Mobile)
我が家の庭から見えるサッカー場です。
夜9時過ぎてもまだ明るい空

羽と足が短いため、スイフト(アオツバメ)は、
よっぽど強靭な体力の持ち主でない限り、
一旦何らかの理由で地上に落ちると、
平たい面から再びの離陸はできない事が多い
そうなると死が待つのみである。

もし地面でもがいているツバメをみたら、そっと拾い上げる。

まず
怪我をしていないかチェック
胸が削げ落ちていないかチェック(飢餓状態をみる)
赤ちゃん羽かどうかチェック

怪我をしていないようだったら、
手のひらにのせ、二階の窓へ連れていく
燕の頭を手の先のほうへ向ける
手の平を高くあげ、窓に近づける
こうすると鳥は翼の下に風を感じ、ハッとなり、
自信をもって飛び立っていく

しかし飛び立つ様子がなかったり、怪我をしていたり、
若すぎる燕だったら箱の中で保護する

ツバメは年齢に関係なく、地面にある餌を拾えないので、
給餌が必要になる。
また個人で世話をすることはほぼ不可能なので、
できるだけ早く専門家に渡す
それまでに脱水を起こさないために綿棒や指で水を与える。

ツバメの飛行スタイルや距離を考えると
翼の状態は100%完璧でなければならない。
ちょっとでも翼にダメージを受けているようであれば
すぐさま鳥専門の獣医の助けを求める。

http://www.rspb.org.uk/
RSPB (Royal Society for the Protection of Birds)
1889年 女性のファッションに使われる鳥の羽使用の廃止を求めて
作られた団体です。鳥に関してはイギリスで一番大きなチャリティ団体で、
鳥のご意見番、鳥のRSPCAのような感じです。

今は鳥も含め、多くの野生動物の保護活動をしています。
素敵なサイトですので、ぜひご覧になってください。


今年はBlind Dog Rescue UK へ

mojuni.jpg


今年も日本にお住まいのイラストレーターMojuni さんから
イギリス動物保護団体護団体へどうぞと
愛らしいカレンダーを送っていただきました。

2015年は Celia Hammond Animal Trustに寄贈させていただきましたが

2016年は Blind Dog Rescue UKへお届けました。
とても喜んでいただけました。

Blind Dog Rescue UK は国内国外どこでも助けを必要としている目の不自由な犬を救助し、
リハビリし、リホームをする団体です。

ルーマニア、キプロス、ギリシャ、ブルガリアなどの国々から、
またシェルター、ブリーダー、獣医や一般の人からでも、
地理的な距離も場所も関係ありません。助けを必要としている犬のためなら
どこにいても救出します。

ブログ内の以前の記事
ブラインド・ドッグ・レスキュー

Mojuniさんのイラストも素敵なのはもちろんですし、
Mojuniさんご自身の猫の保護活動もこれまた素晴らしいです。

Mojuniさんホームページ

Mojuniさんブログ






微笑ませたことを後悔するな

IMG_3385 (1)



大晦日です。

拙ブログを覗きにいらしてくださる皆様、応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

今年は初の電子書籍を作りました。
「大の男が号泣するとき」アマゾンです。
利益はすべて動物チャリティに寄付いたします。
今までお買い上げくださった皆様ありがとうございます。
まだの方はどうぞ「動物のためになるのだったら、寄付してついでに
ノーマンテイラーの本でも眺めるか」というお気持ちでどうぞ宜しく
お願いいたします。

どこの動物チャリティへ行くのかというと、現在のところ夢想段階ですが、

神奈川県動物保護センター建設資金へ

Sustainability (持続可能性のあること)への寄付と考えております。
新保護センターはシステムやプロセスを将来的に発展させ持続することができ、
また日本全国へ広がる可能性が高いとの期待をこめて。

台湾のサンクチュアリー The Pack Sanctuaryへ

車に轢かれたり、轢かれそうになる状況にいる動物たち、
罠にかかって瀕死の野良犬や野良猫、その他大変な目にあっている動物全部を
拾い上げ、救い上げる素晴らしい活動をしている団体
この団体もアジアの動物福祉の未来を考えたときの
Sustainabilityを可能にしてくれる団体だと思っております。

そしてあとは「切羽詰まった」シリーズとして、

ルーマニアの犬シェルター Hope for Holdaへ

2014年のドッグ・トラスト・インターナショナル・プログラムに参加していたグループです。
犬を保護するとか、里親にするとかそういった概念が全く存在しない国で
ボロボロになっている犬たちをボロボロのシェルターで保護し、イギリスやドイツに
送っているボランティアの人たちへ何とかして応援したいと思っております。

飢えている動物たちを抱えている切羽t詰まった日本の動物保護の人たちへ

これはどんなところがあるのか(たくさんあると思いますが)
日本の方々に教えて頂かなければなりません。

それぞれの団体さんは私がこんなふうに思っていることは
露もご存じありませんが、
どうぞ「大の男が号泣するとき」広めてくださるよう宜しくお願いいたします。

皆様本当にありがとうございます。
2016年も皆様にとって素晴らしい年になりますよう。

ノーマンテイラー邦子


人生は短い。ルールは破れ。すぐに許せ。キスはゆっくり。真剣に愛せよ。
涙が出るまで笑いころげ そして何であろうと君たちを微笑ませたことを後悔するな。

20年後、君たちはやったことよりやらなかったことを悔やむのだ。
さあ、錨をあげて、安全な港から出航せよ。
貿易風にのり、探検せよ。夢見よ。発見せよ。


Life is short, break the rules, forgive quickly, kiss slowly, love truly, laugh uncontrollably,
and never regret anything that made you smile.

Twenty years from now
you will be more disappointed by the things you didn't do than by the ones you did.

So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor.
Catch the trade winds in your sails.
Explore. Dream. Discover.

by Mark Twain


プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR