悲しそうに掃除をする

DSC_1438.jpg


バタシー・ホーム発行のレスキュー犬を迎えるガイドブックの続きです。

トイレ・トレーニング

犬は基本的に清潔好きな動物である。
他の動物のウンチを体にこすりつけるというような行為も見られるが、
通常は自分の寝床の周りでは用を足さない。
しかし、レスキュー・センターで長い間生活すると、
環境の変化により排泄のパターンが崩れることがある。

最初は二時間おきに庭か外に連れ出す。
うまくいけばこれだけで矯正できるかもしれない。

だめな場合は以下を参考

犬がトイレに行きたくなる時を察知する。食後、起床後、遊んだ後、
エキサイティングなイベントの後、(たとえば子供たちが学校から帰ってきたあと)
たいていの犬は何らかのサインを示すものだ。
臭いをかいだり、ぐるぐる回ったり、しゃがんだり。

そこをキャッチして、すぐ庭に連れ出すか、トイレと決めた場所に連れていき、
用を足し終えるまで待っていて、ほめまくる。おやつを与える。
遊んでやるなどの褒美を用意しておく。

四六時中見張っておくわけにはいかない場合もあるだろう。
そのときは失敗してもかまわない場所を作っておいてやる。

失敗しても怒らない。失敗を許す余裕を持つこと。仕方のないことである。
トイレの最中や後で怒っても、悪いことをしているとわからせるのは難しい。
ただ恐怖に陥れるだけである。怖いから犬は飼い主にウンチやおしっこを隠そうとする。
ソファの下などの隠れた場所にしたり、あるいは食べたりして証拠を消そうとする。

こうなるとトレーニングはほぼ不可能になる。
飼い主がよく言う「この犬は悪いことをしたと知っている」とか
「罪の意識を感じている様子だ」という表現はまったくの見当違いである。
犬はただ飼い主の突然の理不尽な怒りの表現を見て恐怖と心配を示しているだけである。

猫と長く生活している私にとってこの犬のトイレ・トレーニングはかなりのストレスでした。
どうして怒られているのかわからず、混乱している犬の気持も不憫でしたが、
どこをどうやって教えていいかわからない私もすごいフラストレーションでした。
失敗しなくなったと思ったら、ある日また逆戻り。

その中で、「悲しそうにお漏らしの場所をふく」という友人からの秘伝が
かなり効果的でした。柱の陰から申し訳なさそうに見ていた犬。

長くかかりましたが、ある日ぴったり完璧にわかってくれた時には、
水の概念がわかったヘレンケラーを抱きしめるサリバン先生のように
犬を抱きしめる私でした!

スポンサーサイト

犬を大切に思う気持ちを育てること

dog photo
From Tumblr

それからバタシー教本は性格や扱い方の違いを犬種ごとに分類し、
どんな犬種が自分に合うかを参考にするように述べていますが、
それは省くことにします。

さて今度はあなたのライフスタイルに合う犬を考慮しなければならないでしょう。
たとえば毎日仕事に連れていこうと思っているのなら、
車や公共交通機関などに乗っても平気な犬がいいですね。

トイレのしつけ

犬は本能的に自分の周りは汚さないような本能がありますが、
外へのアクセスがなければ室内の特定の場所にしてしまうことがあります。
この習慣は早いうちに断ち切らなければなりません。
しかし犬はひとりではできないのです。あなたが教えていかなければならないことです。
レスキュー・ドッグはたとえ以前の家でしつけられていたとしても、
また再度トレーニングをし直す必要がある場合もあります。

先住動物

すでにいる動物たちと一緒に暮らしていけるかどうかは不可欠な考慮ポイントです。
たいていの犬はうさぎや小動物を追いかけます。
あなたの猫たちは外に追いやられ、家の中が安全でないと思うともう帰ってこないかもしれません。
先住動物とうまくやっていける犬を選ぶのはたやすい事ではないかもしれませんが、
はずせない要素です。引き取る前に十分考えてください。

犬を一人にする時間

犬を長時間一人にするべきではないのですが、一人でいることも慣れなければなりません。
レスキュー・ドッグの多くは山あり谷ありの犬生を送ってきたので、
落ち着くまでに時間がかかるかもしれません。
ひとりぼっちの時間が多かったであろう犬が
新しい家族の生活パターンになれるまで辛抱強く訓練してください。

トレーニング

あなたの家でこれから長く楽しく暮らすためには、
最低限のルールを第一日目から決めていくことが大切です。
家族の皆が「犬の良い行動」の意識あわせをし、規律を決めます。
良い行動をとるとごほうびがもらえるということを教えていかなければなりません。
そうすれば、犬は良くない事をしたということもすぐ認識できるようになります。

基本のしつけをするために
地域のトレーニング・コースに申し込むことも考慮しましょう。
以下は基本のしつけです。

●お座りと待て
これを覚えさせればどこにいても必要なときにコントロールができます。

●呼べば戻ってくること

●リードでの正しい歩き方

●正しく遊ぶ方法を教える。喧嘩せずに持っているものを渡すことができるように。

●扱われることに慣れること。
獣医やトリマーの人たち、その他必要な時に誰が触っても大丈夫なようにしておかなければなりません。

他の犬


たいていの犬はしょっちゅう会っていて、きちんと紹介されていればうまくいきます。
近所の犬やよく会う犬とコンタクトさせて社交術を学ばせることは非常に大切です。
こわがったり、警戒したり、敵視したりするようだと、
外出する時に非常に難しい状況になります。

子供

小さいときから一緒にいればたいていの犬は子供と仲良くやっていけます。
大切なことは子供たちに犬を大切に思う気持ちを教えることです、
おもちゃのように扱う事を許してはいけません。
犬にもそっとして欲しい時間があります。
ご飯を食べているときや眠っているときは決して邪魔をしないように言い聞かせてください。
犬と子供が一緒にいるときは必ずあなたもそばにいてください。

最後に

犬をもらう事のできる場所は数多くあります。
しかし、どうぞレスキューセンターから選んでください。
レスキューセンターには経験豊かなスタッフが
あなたと家族にぴったり合う犬が見つかるようお手伝いします。

もしブリーダーからもらうと決めたのでしたら、リサーチをしっかりしてください。
そして父親と母親を必ず見ること。そして仔犬のときにどのようなところで
飼育されていたかもしっかり見てください。


これで犬を貰う前の注意は終わりです。
次はまた不定期に「貰ってからの注意」をご紹介します。


家族みんなが納得すること

bond street
At South Molton Street

バタシー・ホームは3つのセンターがあり、いろいろなタイプの犬がやってきます。
どんな犬がどんな家庭にどんなライフスタイルに適しているかを見極めることが
非常に大切であると思っています。
これから挙げます様々なファクターを考慮して、引き取る前に家族みんなが納得して
飼うことを考えましょう。

サイズ

犬のサイズは気性やエネルギーのレベルに比例するわけではありませんが、
家のサイズに合うかどうか現実を見なければなりません。
一番大切なことは、あなたと家族が迎える犬を扱えるかどうかです。
あなたが散歩に連れて行くのであって、あなたが連れて行かれるのでは困ります。

年齢

一般的に言うと、若い犬ほどエネルギーがあふれています。
子犬はエネルギーのかたまりで、長い時間一人ぼっちにさせてはいけません。
成犬は落ち着いていてあまり長くなければ一人で、留守番ができます。
老犬はあまり運動をさせなくてもよいので、もしあなたがお年を召していたり
あまり活動的でない人であれば、利点となります。
バタシーの犬たちの大半は1歳から3歳を占めていますが、どんな年齢の犬もいます。

オスかメスか

これはもう個人的好みです。
しかしもし家にすでに犬がいるのであれば、結構重要なファクターとなります。
私たちの経験では反対の性の犬のほうがうまくいくようです。
個々の犬の性格にもよると思いますが、どちらにしても
不妊去勢手術をお奨めします。

短毛か長毛か

毎日グルーミングが必要となる犬がいます。これはかなり手間がかかりますので
飼う前に考えなければなりません。毛が低規定に抜け落ちるので
掃除機をかけっぱなしの生活になるのもストレスになると思います。

毎年バタシーにアレルギーが原因で犬を持ってくる人が後を絶ちません。
家族の中に犬の毛にアレルギーを持つ人がいるかどうか確認し、
もしアレルギーがあれば、抜け毛のない短毛の犬を選ぶことをお奨めします。


一年前、このパンフレットを見ながら、私はアクティブじゃないし、散歩もおっくうなので
猫たちもいるし、老犬がぴったり!と思っていたのを思い出します。
家族は仔犬が欲しいと言っていましたが、話し合って、結局若犬に落ち着きました。
それでよかったと思っています。老犬は次の引き取りのお楽しみにとっておきます。

犬を飼うのに適切な時期でしょうか

selfridges.jpg

バタシー・ホームから犬を貰うと「飼い主へのガイド」がどっさりついてきます。
それを少しずつ訳して時折ブログにはさみこんでいき、
150年のレスキュー活動で培ったノウハウをお伝えしていこうと思います。
どこかでどなかたのちょっとしたヒントになったら、これ以上の幸せはありません。

まず犬を貰いたいと申し出ると次の小冊子を渡されます。

犬を貰う前に

犬を貰う事は非常に報われる経験ですが、長期間のコミットメントです。
飼う前によく考えなければなりません。

バタシー・ドッグス・アンド・キャッツホームは前の飼い主が動物を飼う時間やお金がなくなり
センターに持ち込まれる犬猫をたくさん見ています。
この動物たちを一生可愛がって愛してくれる飼い主に引き渡すことができるよう
飼い主候補者の方々に次の事項をよく読んで、じっくり考えてくださるよう
お願いします。

家族に新しいメンバーを迎えるときに考えること

毎日の散歩とたくさんのゲーム
ホリデーに行く時の預け先
予防接種
定期的な健診と虫下し
首輪とリード
リラックスできる快適なベッド
トレーニング・クラスが必要になるかもしれない
一日二回の健康的なミールとたっぷりの水
ペット保険
いつも抱きしめてくれる愛情あふれる家族
犬が落ち着ける健全な家

● 金銭的に余裕がありますか

犬の人生を最後まで安全に健康にハッピーにするためには、ある程度のお金が必要です。
食べ物、おもちゃ、ペットID,首輪、リードベッド、グルーミング、
獣医費用(定期的なノミとり、虫下し、予防接種)、不妊去勢手術、ペット保険、
トレーニング教室。
またあなたがよく旅行するのなら、ドッグ・ウォーカーやペット・ケンネルの費用もかかるでしょう。

これらの出費があなたの財政を圧迫するかどうか
犬を飼う前にもう一度考えてみましょう。

●犬を飼うのに適切な時期でしょうか。

金銭的な問題だけでなく、レスキュー・ドッグを
飼うことは多大な時間と労力がかかります。

犬を引き取る前に、あなたの人生で近い将来、何か大きな変化があるか考えてみてください。
引越しの予定があったり、転職の予定がありませんか?赤ちゃんが生まれたり
結婚を予定していませんか?こういった変化は人間にとってもストレスがかかります、
バタシー・ホームからの犬を迎えいれて落ち着かせるには非常に難しい状況となるでしょう。

あなたが動物と絆を持ち、ベーシックのトレーニングを施せる時間を持てると
確信したときだけに犬を迎え入れることを考えてください。

(続く)


プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR