シニア・ペットを引き取る 2

IMG_5630 (Custom) (2)


問:私たちがよくおかす間違いとはどんなものがありますか

答:猫チーム

老猫にスペースと時間を与えるのを忘れる人がいます。
すべて新しいことばかりで、老猫にとっては非常なストレスであります。
しかもたいていの場合
飼い主が亡くなった悲しみの中にいることを忘れないでください。

新しい家になれるのに時間が必要です。
すべてが馴染みの場所になり、安全だと認識し、
自信を取り戻せるよう見守ってあげてください。

もうひとつ忘れがちなことなのですが、
老猫は関節が硬くなっていることが多く、高いところに登ったり、
階段を駆け上がったりすることが非常に困難になってきます。
これらは猫が大好きなことです。
だからこそ猫が自分の好きなところに
不自由なく行けるよう家の中の環境も考えてあげください。

答:犬チーム

他の家族からやってきたシニア犬は、
以前の家族ほど愛情を感じてくれないだろうと引く人がいますが、
犬は今を生きています。
彼らはセカンドチャンスに値すると確信をもってお薦めします。

家族の一員だった犬がある日突然シェルターに入れられる、
これがどのような衝撃であるか測りしれません。
犬達にとって必要なものは
肉球を休める暖かい家と愛をくれる家族だけです。

問:シニア・ペットを受け入れようとしている人たちへの
アドバイスをお願いします

答: 猫チーム

健康問題を考慮したり、新しい環境の変化に慣れさせるための尽力は
仔猫に比べ、おそらくもっとエネルギーを必要とすることでしょう。
しかし老猫は人との交流の芸術を見せてくれます。
もの静かなシニアの猫を受け入れることは素晴らしい恩恵をもたらしてくれます。
仔猫は始終かまってやらなければなりませんし、
トイレなどのしつけもしなくてはなりません。
シニア猫は愛と暖かい膝があればそれで充分満足してくれます。

答: 犬チーム

期待する事と現実に起こる事はしばしば違いますでしょう。
個性や個体が違う犬を家に受け入れる時は時間と忍耐が必要です。
すぐ馴染む犬もいれば、トレーニングしながら
ちょっとずつ進歩させていかなければならない犬もいます。
しかし家にあえば、素晴らしい結びつきになります。

バタシー・ホームの犬舎は犬たちが食べて寝て呼吸をするところであり、
すべての犬を一匹ずつ、適正な家に送り出す場所です。
私たちのトレーニング法や犬に関するアドバイスは、
常に最新のものを取り入れていますので、
譲渡後も連絡を取り続けてください。
私達はすべての犬が飼い主と一緒に
幸せに充実した犬生を送ることに全力を尽くしています。




バタシー・ホームから保護犬をもらってもう7年になりますが、
いまだにつながっている感があります。


スポンサーサイト

シニア・ペットを引き取る 1


IMG_5622 (Custom)

バタシー・ドッグス・アンド・キャッツ・ホームの季刊誌に
「シニア・ペットを引き取る」という記事があり、質問事項に対し、
猫チーム、犬チームのそれぞれからの答えが掲載されています。


仔犬や子猫に目を奪われ、老犬老猫が見過ごされる事が
ここバタシー・ホームでも起こりますが、シニアペットは要求も少なく、
素晴らしい家族と成り得ることを喚起させてください。
ただし、あなたがシニア・ペットがどういうものかを
理解していればという条件つきですが。


問:シニアペットを引き取る一番大きな問題は何でしょうか


答:猫チーム

病気です。シニア猫は既往症を持っている事があり、
その場合はペット保険の対象外になります。
加えて日常ケアに時間がかかる。
たとえば、老猫は爪とぎをしょっちゅうしないので、
爪切りの間隔が短くなる。
毛玉に気を付けないと消化機能に支障をきたすことがある。
トイレの習慣も変わってくるかもしれない。
場合によっては室内トイレを用意しておく必要があります。

10歳くらいの猫は、あまり一緒にいる時間がないのではないかと
引き取りを止めてしまう人もいますが、長生きをする猫もとても多い。
20歳くらいまで生命を楽しみ、愛を沢山くれる猫たちも少なくありません。

答:犬チーム

シニア犬も既往症を持っている事があり、
保険がカバーできない場合も考慮して、
獣医費やや薬代などを賄える経済的余裕があるかどうか
考える必要があります。

問:他にはどんな問題がありますか

答:猫チーム

老猫の場合は味覚や嗅覚が落ちるので、食欲が下がる事があります。
できるだけ美味しいもの、口にあうものを食べてもらうように
努める気持ちはありますか?人間と同じで耳も遠くなり、
免疫システムも下がり、ストレスに弱くなる。
この理由もあって老猫は
小さい子供がいる家庭は避けたほうがよいのです。

答:犬チーム

私たちが犬の査定をする場合、シニア犬の問題行動、
たとえば、人に飛びつくといった行動がみられることがありますが、
若犬に比べると矯正するのはハードルが高いと言えましょう。
しかし不可能ではありません。根気と忍耐が必要です。
問:シニアペットを引き取るメリットというのはどんなものでしょう

答:猫チーム

老猫は静かなので、
お年寄りや静かに暮らしたい人たちにはぴったりでしょう。
性格も確立しているので、シェルターにやってきた人たちは
猫の性格を見て自分に合うかどうか決めることができます。
私達のところにやってくるシニア猫たちは人間が大好きです。
たいていの場合は飼い主が亡くなったり、入院したりして
やむを得ずここにきているシニア猫たちですが、
可愛がられていたので、非常に愛情深く、
膝の上に乗るのが大好きな猫たちばかりです。
活動も穏やかですし、長い時間寝るし、狩りをする回数も少なくなります。
ということは家の中に獲物の死骸が転がっているのに耐えられない人には
うってつけでありましょう。

また寝ている時間が多いので、
一日中家を空けなければならない仕事を持っているカップルが、
家に戻ったときに愛情あふれる猫の迎えを受け、
夜はソファで一緒にゆったり過ごせるシニア猫は理想的ではありませんか。

仔犬を最初に家に迎え入れたときの大変さに比べると、
成犬は社会性が確立されているので、
新しい環境に家族の一員として、スムーズに適応できます。
シニア犬が必要としているものは
愛と食べ物と安全な寝床、適度な散歩、そして暖かい友情それだけです。

私達はお子さんのいる家族が最初に飼うときは
成犬をひきとるように薦めています。
犬の要求がわかりやすいからです。
仔犬や若犬はまずしつけや社会性を身につけさせる必要があります。

この項続きます




政府に雇われた猫パーマストン

thul-570e49c6150000ee010b4bc5.jpg

イギリスの政治家であった第三代パーマストン子爵にちなんで命名された
黒と白の雑種猫はこのたび、ねずみ撃退の任務を遂行するために、
外務英連邦省に雇用された。

シンデレラ・ストーリーを地でいくパーマストンは
ロンドンの通りでうろついていたところを
バタシー・ドッグス・アンド・キャッツ・ホームに保護されたが、
去年保護された1025匹の野良猫と同様、お腹をすかせ、
やせ細り、マイクロチップなしでやってきて、
飼い主の追跡のしようもなかった。

パーマストンは海外からの貴賓客や大使たちに会うのを楽しみにしている。
同じく首相官邸で政治活動を行っている
バタシー出身の猫のラリーとも打ち解けているようだし、
最も大切なことだが、官邸の隣に位置する外務英連邦省のねずみたちに
すでに目を光らせているのだ。

彼の名前の由来となったパーマストン子爵は46年間政府に従事し、
素晴らしい外交手腕で有名になった。
猫のパーマストンもその名に恥じないアプローチで
職務を全うしてくれると信じてやまない。

バタシー・ホームの猫舎長であるリンジーはパーマストンにエールを送る。

「新しい職場でのパーマストンは素晴らしい働きを
してくれるでしょう。
自信に満ち溢れていて、人間といるのが大好きで、
顎をなでてもらうのが一番好きです。

このバタシー・ホーム出身の雑種猫の眼から逃れられる獲物はありません。
鷲のような目で招かざる客を捕獲し、ひげをぴりぴりさせ、
獲物に襲いかかる絶妙のタイミングを狙っているのです。
敵にとって脅威の猫であり、
政府での新しい名前はまさに彼のためにあるようなものです」



CgkQHyfWkAAzzgp.jpg   ChxQw2pWkAEATvh.jpg

Civzc_QWEAEJhIt.jpg   HT_rescued_cat_in_UK_01_mm_160413_4x3_992.jpg


バタシー・ホームは去年3,1077匹の猫を譲渡しました。
平均一日約7匹の猫に新しい家を見つかっているということです。


毎年バタシー・ホームの門をくぐるたち犬たちに


2015年3月17日、新装バタシー・ホームのオープニングにクィーンとエジンバラ公が出席

Kennel-Opening-2.jpeg

クィーンをお迎えしたのは、ボランティアの皆さん、犬たち、
ポール・オグラディ、アマンダ・ホールデン、デイビッド・ガンディー、
そしてジャクリーン・ウイルソン

rtaImage.jpg

クィーンは1956年以来、バタシー・ホームの後援者です。
本日はエジンバラ公とともに新しいホームを見学され、
動物たちをできるだけ早く、新しい愛情あふれる家に譲渡するために
このセンターが担う重要な役割をご覧になりました。

battersea 2

バタシーホームの所長クレア・ホートン
「バタシー・ホームの長い歴史の中で非常に大切な日である、今日という日に
クィーンがここにいらしてくださったことはどんなに素晴らしいことか言葉に尽くせません。
新しい犬舎はホームの歴史の中の最大の開発です。
王室の後援者がいらして、動物たちに会ってくださることを非常に誇りに思います。
多くの動物たちが新しい施設の恩恵を受けることを確信しております」

battersea 3

ビクトリア時代から使っていた犬舎を480万ポンドかけて新しくしました。
毎年毎年バタシー・ホームの門をくぐる、迷子になった、捨てられた、不要だと思われた犬たちに
暖かく安全な環境を提供します。

batteresea4.jpg

犬舎には静かな音楽が流れ、外へと続く通路はプールや小山、玩具、
そして犬たちを生き生きとさせる植物が植えられています

batteea5.jpg
BATTERSEA DOGS AND CATS HOME HOMEPAGE


いつもご訪問ありがとうございます。

ほぼ魚ベジタリアンである日本人の和食文化を
肉食イギリス人にご紹介したいと、ブログを始めてみました。
このブログでさえも、更新に勢いがないのに
時間的にちょっと厳しい感がありますが。
まあ、試験的なもので、いずれは幻のブログとなる可能性高いです(笑)
お時間があれば、ちょっと覗いてみて頂ければ嬉しいです。

A Japanese Diet on a British Plate

イギリスは桜と梅がきれいです。木蓮も蕾を膨らませ、控えております。
皆様のお住まいの地域はもう春になりましたか?
南半球の方もおいでになるので秋に入る方もいらっしゃいますね。
タイのRさん、40度越えました?
皆様、お身体にお気をつけてお過ごしくださいませ。




2014年バタシー・ホームの門をくぐった1000匹目の犬

IMG_0562.jpg

イギリスの動物チャリティ団体の数はどのくらいあるのか


いくつあるのかと聞かれても困る。多いのである。RSPCAは大きなお父さん的存在だ。
RSPCAだけで17のローカルセンター、40アニマルセンター、
4か所の野生動物センター、4つの動物病院、
プラス国中に40の病院やクリニックを有する。

ドッグ・トラストはドッグ・チャリティの最大手であり、
猫のそれはキャッツプロテクションという。

PDSAは動物のための全国に網羅されたクリニック、病院チャリティである。
獣医費用をまかなうのに余裕のない人たちに
治療、アドバイス、サポートを提供する。
また動物クリニックのない地域に獣医費用の支払をサポートする。

ブルー・クロスは犬猫の里親探しをすると同時にクリニックや病院も運営する。
バース・キャッツ・アンド・ドッグ・ホームやバタシー・ドッグ・アンド・キャッツ・ホーム、
メイヒュー・アニマル・ホームは捨てられた動物たちを健康にして
新しい家庭に送り出すそのパフォーマンスの高さで有名である。
その他小さいところから大きなところまであまりにも多すぎて数を追うのは非常に難しい。

The Telegraph
Peter Wedderburn

この果てしない数の動物チャリティ団体を横につなぐ一番大きな団体が
The Association of Dog and Cat Homes。
加えて2006年に動物レスキュー・センターをサポートする団体,
Support Adoption for Pets が発足しました。
この団体の活動のひとつにチャリティ団体への奨励金があり、
今回12万ポンドという奨励金を受け取ったのはバタシー・ホームでした。

実はバタシー・ホームは以前より新しい犬舎を建設する計画を立てています。

バタシー・ホーム・ロンドン・センターの計画

154年の歴史を通じて、バタシー・ホームの創始者の決意である
「助けを必要としている動物たちに絶対門前払いをくらわさない」
の姿勢は死守されつつも、場所が崩れ落ちている。

ロンドン・センターは改築が必要である。
毎年3000匹以上の犬を受け入れるために
ビクトリア時代の犬舎を廃棄し、
犬の滞在期間を短くすべく特別にデザインされた
犬舎に生まれ変わる予定である。

これまで100万匹以上もの犬に家を見つけた私たちは
いまだに1907年に作られたものも使用している。
新しい犬舎は56の部屋に分かれていて床暖房、外の運動場も完備し、
ベッド食餌場所、遊ぶ場所も備えている。
排水を改良し、隔離施設も充実させれば衛生的で感染のリスクも少なくなる。
そしてもっと多くの人が動物を探しに足を運んでくれるよう、
公共の場所も素晴らしいものにしたい。


新しい犬舎の予定図

Visual3.jpg


バタシー・ホームの喜びの声


2014年の1000匹目の犬、ペペがバタシーの門をくぐったそのとき、
ロンドン犬舎建設費用の補助として、Support Adoption for Petsから
12万ポンドという奨励金が与えられるという嬉しいニュースを受け取りました。


一日平均13匹の犬が毎日やってきます。古い犬舎はもう目的をなしていません。
新しい犬舎を建設するのに190万ポンドかかり、支援者と一緒に金を集めています。
そういうときにこの大金をいただけたことは非常に嬉しい。
新しい犬舎は安全で清潔で弱った動物たちの病気やストレスを最小限に抑え、
迷子になった犬を飼い主に、捨てられた犬に早く里親を見つけることができます。


2014年バタシー・ホームの門をくぐった1000匹目の犬ペペ

Pepe 1000th dog

Battersea Dogs & Cats Home ホーム・ページより

バタシー・ホームの犬舎は古いけれど、清潔でそんなに悪くないとは思っていたのですが、
決してその場に立ち止まらないのですね。新しい犬舎早く行きたい。



プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR