弱い決意

grieving-WeakResolutionlgfl.jpg



何度味わってきたことか

白くなった鼻ずら。よろよろ歩き

痛そうにゆっくりと床から身を起こす

眼付も変わって耳も聞こえてるんだか

追いかけまわしていた猫からは塀の上で冷笑されているし

固くなった顎で骨を嬉しそうにくわえるけど
そのまま私のバラ園にこっそり埋めているのを知っている

もう犬はいらない

代わりはいない。 死ぬたびに、心がボロボロになる
耐えられない

また愛して、また別れる

これで犬は終わりにしたというのが私の決意だ


ああ、どうか私の家の前で家のない仔犬たちが鳴いていませんように!


詠み人知らず






スポンサーサイト

私は彼らに見惚れてしまう

IMG_5740 (2) (Custom)


動物とともに生活できたらなあと思う。
彼らは落ち着いていて無口だ。
長い間立ったまま、私は彼らに見とれてしまう。
彼らは自分たちの境遇について、悩んだり、泣き言をいったりはしない。
彼らには、暗闇で眠れぬ夜はなく、罪に涙することもない。

彼らは神への務めを討論して、私をうんざりさせることもない。
誰も不満に思うこともなく、誰も物欲に狂ったりはしない。
誰も他のものや、何千年も前に生きていた同族のものを
たてまつることはしない。
誰もこの地球上で恰好をつけたりするものはなく、
また不幸なものもいない

「草の葉」ホイットマン



いつか必ずやって来る日

IMG_5250 (Mobile)
Highgate Wood



150年前 奴隷廃止を訴えた者は笑われ
100年前 女性の選挙権を提唱した者はバカにされた
50年前 黒人の平等を主張した者は気が触れたと言われ
25年前、ゲイの権利を支持する者は変態だと言われた
動物の扱いに抗議する私たちは今笑われている
けれども、いつか誰も笑わない日がくる


強さと優しさ


IMG_5219 (Mobile)

グリフィン (知人のレスキュー犬)

「そりを引いたり、爆弾を捜索するほど強く、しかし赤ん坊を愛し、
目の不自由な人達を助ける優しさをもつ。

しかもソファの上で人間の膝の上に頭をのせ、
一日中支えのまなざしで傷ついた心を癒してくれる。

そういう存在が必要だな」と神は犬を創られた



何万人の人々が倍々になっていく時にd


変化を起こすために、派手なヒーローのようなアクションをとる必要はありません。
どんな小さい行動でも、何万人もの人々が倍々になっていく時に、
世の中を変えることができるのです。


CoKaptUWIAQkn3X.jpg





プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
当ブログについて
記事すべてリンクや転載フリーですが、もしご使用いただく場合はリンク元を記していただけると嬉しいです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR