Take a sad song and make it better


IMG_4987 (Custom)

エジンバラの長屋で生まれ育った私の部屋に家族で愛用しているものがある。
祖母からのミニ・グランド・ピアノだ。
この美しいピアノは地球の反対側まで旅をして、またここに戻ってきた。
私はいつもポール・マッカートニーになったつもりで弾いていた。

今私はそのピアノを前にして嫌悪感がつきあげてくる。
象牙製品を所有している人はすべて同じように感じるべきだ。
象牙取引は終わった。終わるべきである。

ナイフの柄、アンティークの爪楊枝。
そこには断首され、牙のない母象の身体に無力な小象が
なす術もなくすがりついている姿がみえる。
ゴリラの手の灰皿、ライオンの骨で作られたガラスも同じだ。

象が驚くべき知性の持ち主であることは疑う余地もない。
象は悲しむ。泣く、心の憐れを示す。ディズニー映画ではない。科学だ。
進化生物学者も動物習性学者も科学者も喜んでそれを証明してくれるだろう。

象の自然死から採取される象牙などほんの微々たるものだ。

英国の象牙取引は、終止符を打つと過去2回の選挙で公約されたのに、
なぜいまだに完全な終焉ができないのか。
英国はEUの中の最大の輸出国であり、
輸出書類が繰り返しごまかされている。
おまけに販売廃止案の中に
1947年以前に製法されたものは含まれていない。

象を殺戮されている31のアフリカの国が中国に圧力をかけ、
中国は驚くべきことに同意した。香港も。
中国は3月31日までに国営の象牙彫りの工場を閉鎖し、
2017末までには象牙取引を終焉させると発表した。

世界第二位の市場である合衆国も
象牙市場の国内ラインのほぼ完全廃止の方向を示唆した。
各州もさらに強化に拍車をかけるべく
独自に販売廃止を立案している。

そしてこの31の国は同様に英国にも働きかけた。
しかし、何も進展していないどころか、
政府は1947年以前の製品のトレードを可能としようとしてる。
多くのアンティーク産業が
決定的にダメージを受けると思っているからだ。

イギリス国内で象牙のセールスを全面廃止しても、
それだけで象を救うことができるほど簡単なことではないだろう。
しかし、象を生き延びさせるための方法をさぐる出発時点に戻り、
他の国と一緒になって素晴らしいアクションを起こすことができるはずだ。
イギリス国民の85%が象牙産業の全面廃止をサポートしている。

象牙が価値を持つのは象だけである。
金銭的価値をつけたのは欲望と虚栄心の塊の人間だ。
今この世に生きている私たちは
その虚偽の価値を取り去ることが可能なのである。
私達人間はもっとすごいはずだ。

ピアノに戻るが、政府は正しい音程を合わせることができるか?
Take a sad song and make it better
悲しい歌を明るい歌にしようじゃないか
(ビートルズ、ヘイ・ジュード)

Ivory is not beautiful
Nicky Campbell
Guardian UK
http://https://www.theguardian.com/global-development-professionals-network/2017/feb/09/ivory-is-not-beautiful-its-barbaric


スポンサーサイト

嫌悪の気持ちを表す言葉が見つからない

IMG_1942.jpg

「私たちの人生の目的は他者を助けることである。
それができないなら、少なくとも他者を傷つけることはやめてくれ」
とダライ・ラマもおっしゃっています。

アメリカ人の狩猟愛好家によって射殺されたライオンのセシルのニュースを受けて


絶滅の危機に瀕している動物(現在アフリカで2万頭以下)を殺すということが理解できないどころか、
国定公園で安全に保護されていたはずのセシルにどうして大弓を放ち、銃で撃ち殺すのでしょう。
嫌悪の気持ちを表す言葉がみつかりません。
しかもセシルは銃で撃たれる前、何時間も苦しんだあげく、
彼の美しい頭は胴体から切り離されたのです。

この行為はスポーツと呼ばれています。

今回の出来事の中で唯一の救いは、
これを知った多くの人々もまたショックを受けたことです。
人間の暗闇の部分に目を向けることができたのです。

野生動物とその環境を守る闘いを受けて立つ準備ができたと確信します。
そこに希望が見出せます。

Jane Goodall, Ph.d., DBE Founder, the Jane Goodall Institute & UN Messenger of Peace
イギリスの動物行動学者、霊長類学者、人類学者、国連平和大使

アフリカ大陸の中で唯一ワイルドライフのハンティングを禁止している国があります。

「銃でShooting(撃つ)するのではなく、写真をShooting(写す)しなさい」を伝統とする
ジンバブエのお隣の国、ボツワナです。






個人プライバシーもへったくれもない

Picture 946

ディズニー映画「マダガスカル」で子供たちに人気のあるまつげの長い美しいきりん。
その愛らしい姿形と優しい性質で世界中の人に愛されている。

数千ポンドでそのきりんを撃ち殺すツアーがアフリカであちこち行われている。
銃と弓矢で無抵抗のきりんを殺す。
急所をはずせば動物は苦しむ。客は死骸の首や皮を土産に持ちかえる。

それに喜んで参加する人間たちがいる。
イギリス人もいるが、多くは北米、ドイツ、ロシア、スカンジナビアから。
アフリカ人のガイド、運転手などは殺戮の手助けをしてきりんの肉を報酬としてもらう。
きりんの数も激減していて絶滅の危機に瀕する種の中にいれることを考慮されている。

この心優しい大きな動物を家族づれで殺すことが、本当に楽しいスポーツなのか。

Mail Online

ハンターたちの満面の笑顔を見たとき、
最初は人に慣れているきりんと一緒に撮影しているのかと思ったら
死んでるきりんを前の笑顔だったのです。
(かわいそうなきりんの写真はできるだけトリミングしました)
そうすると、ハンターたちの笑顔がそら恐しく見えます。

優しい動物でも獰猛な動物でも、
殺して喜んでいる怪物たちの顔(子供たちの顔はぼかしている)
をお見せしたくてアップしました。

そして、こうやって顔写真を堂々と載せるイギリスの新聞はえらい!
個人のプライバシーなど知ったこっちゃない!
この怪物たちの写真が英国全土に世界に公開されると、誰かが必ず特定してくれます。
それでも彼らは恥を感じないかもしれませんが。。。

article-0-116444DE000005DC-747_634x455.jpg


article-0-1164449A000005DC-591_634x476.jpg


article-0-1164449E000005DC-814_634x422.jpg


我々が文明人だと誰が言ったのか

Picture 874_picnik

合衆国の政治家サラ・パリンが次回の大統領選挙に出馬しないと発表したとき、
(神と家族の時間を大切にするためにだそうだ)、以前彼女がコメントしたことを思い出した。
達成感という話しになったとき、彼女は北米トナカイを撃ち殺したとき、
気持ちがすっきりするといったのだ。
殺したときにすっきりする?

私はかつて人間の利益のためとされる動物実験に関わっていた。
しかし生きた動物と向き合い、、それらが死んでいくのを見るにつけ
人間のためと理解しながらもハッピーになることは決してなかった。

ハッピーな気持になったのは動物が自由を楽しむ姿を見ることであった。

現在は田舎に住み、毎日動物が自然の中で楽しんでいる姿を見ることができる。
吼えて、休んで、食べて、寝て、繁殖する自由。

しかし ケント州の田舎でも動物は生きる権利がないということは明らかである。
私のいとこはスポーツという名目で彼らの自由を脅かしている。

国会で猟を禁止すべきかどうかの討論に
長い時間を割いているのがどうもわからない。
世界にあれだけスポーツがあるのだ。
猟をやめることが理にかなっていると心の底から思う。
何故猟をするのか友人から長々と聞かされても、
逃げ遅れた動物が狩猟犬からずたずたにひきさかれることが、
楽しいことだとは考えらない。

食べるために?過去には必要だったかもしれない。
害悪動物の駆除のためと称するか?もっと立派な理由はないのか。

ハンティング、シューティング、そしてフィッシィング。
私の研究所のねずみたちのように、最後には動物を殺してしまう。
かつては人間が生きるために追いかけていた獲物を、
今やスリルを追い求める目的で殺戮するのである。
動物の生命を奪うことが恐ろしいことではなく、
楽しいスポーツと思う心は背筋を凍らせる。
私が使ったねずみたちがすべて癌を治す目的だとしても、
アフガニスタンで殺されたタリバンがテロリストだったとしても、
殺すことを楽しいと思うのか?

私は皮の靴をはく。肉を食べたい人に調理する。 私は小心な偽善者である。
人を諭すほど知らないので宗教や政治の問題に触れて友達をなくしたり、
選んだりしないようにしている。

そして狩猟ガンを持つ人や、魚釣り道具を持っている人たちを好きになることもありうる。
しかしそういう人たちを見ると心配になる。
スポーツとしてからめて、死の事実を見過ごしているのではないかと。

田舎へ引っ越したとき、子供のころスポーツがどれだけ好きだったかを
パートナーに話したところ、私は魚釣りの道具を渡された。
釣り道具をもった私はチャレンジをしようと気持ちが高まった。
しかしその気持ちはすぐに変わった。釣りに成功するということは、
少なくとも痛みが介在し、最悪の場合は生き物を
死に至らしめることになるとわかったからである。

スペインのカタラン地方で闘牛が禁止された。
しかし政府は芸術と文化の産物だとして守るべき伝統とすると発表している。
私は闘牛をお楽しみだと感じる人たちと世界を共有していることに不安を覚える。
血とスポーツが一緒に存在することが文明なのかとパートナーに問うた。

「我々が文明人だって誰が言ったのか」と弾丸よりはやく答えが返ってきた。

By Sophie Petit-Zeman

guardian uk

ハンティングと称して、害獣駆除と称して、無力な動物たちを銃でしとめたとき、
「やった!」と思うその人間達をこの地球上から駆除したいと思っています。

This creature was happy as I was

Picture 749

12歳のとき、
父と一緒にハンティングに行き、鳥をしとめた。
地面に横たわる鳥を見て、何かがこみあげてきた。

この鳥は朝起きたとき、私と同じようにハッピーだったに違いない。
その生き物を殺すことをどうして「楽しいスポーツ」と呼ぶのだろうか。

When I was twelve, I went hunting with my father and we shot a bird. He was laying there and something struck me. Why do we call this fun to kill this creature [who] was as happy as I was when I woke up this morning. ~Marv Levy


プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
Tweet It
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大の男が号泣するとき
When a big man cries キンドル版
イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR