日本政府の監視の脆弱さ、能力または意志がない

IMG_3742 (2)


最近スリランカ政府がコロンボ港で密輸象牙359本
(取引価格300万ドル以上)を粉砕していたニュースを
ご覧になった方がいらっしゃるかもしれません。
1989年より象牙取引は世界で禁止されているのに、
何故こんなに多くの象牙がどこへ行くところだったのでしょう。

しかし世界のニュースの舞台にあがっていたのは日本でした。

ガーディアン紙の記事より

2012年から14年の間にヤフー・ジャパンのオークションサイトで
象牙と象牙ファッション小物を合わせて12トン相当の象の牙が販売されている。

現在も常に象牙の取引が行われ、例えば火曜日は20ドルの小物から
6万ドルの象牙に彫りを入れた5段塔も売り出されている。

密猟を取り締まる自然保護団体によると、
去年日本で一番売れた象牙製品はハンコだそうだ。

自然護活動団体 Avaaz は100万人以上の署名を集め、
ヤフーの幹部マリッサ・メイヤーとヤフー・ジャパンのトップ、
宮坂学氏に象牙の販売を中止するよう要請した。
環境調査エージェンシーの報告では
日本の象牙取引の大半は違法であるとのことである。

アマゾンとグーグルは象牙製品の販売を廃止し、
違法取引の取り締まり強化をする合衆国政府をサポートしているのに、
ヤフー・ジャパンはいまだに象牙を販売し続け、
アフリカ象を絶滅に追い込んでいる。

またヤフー・ジャパンは2015年4月、イギリスの環境調査団.により、
サイトで販売している鯨といるか肉の水銀レベルが
基準値を超えていると糾弾されている。
ヤフー ジャパンは鯨といるか肉を販売し続けている
日本で唯一のオンライン・ストアである。


ナショナル・ジオグラフィックの日本版に
もっとわかりやすい記事があります。

日本で違法な象牙取引が横行、覆面調査でも確認

 中国の象牙需要が闇市場を拡大させ、毎年数万頭のゾウが
違法に殺されるようになる以前、活発な象牙取引を後押ししていたのは
日本の印鑑市場だった。契約書などに押す、本人だと示す判である。
(参考記事:「象牙と信仰 密輸象牙はこうして使われる」)
 
日本では少なくとも千年にわたり、さまざまな素材で印鑑が作られてきた。
20世紀初めには水牛の角、木、水晶といった印材が大半だったが、
1950年代以降の日本の経済成長に伴い、象牙の印鑑の人気が高まった。
ケニアに拠点を置く調査保護団体
「セーブ・ジ・エレファント(STE)」の報告によれば、
1980年には、日本で使用された象牙の総重量のうち
55%が印鑑の製造に使われていたという。
 
1970年から1989年までに、日本が輸入した象牙は5000トンに上る。
米ワシントンD.C.に本部を置く非営利団体
「エンバイロンメンタル・インベスティゲーション・エージェンシー(EIA)」は、
これは約25万頭のゾウに相当するとしている。
1989年の時点で、日本は世界最大の象牙輸入国となっていた。
(参考記事:「ゾウの60%が消えたタンザニア、その原因は」)
 
野生生物の国際取引を規制する
「絶滅のおそれのある野生動植物の種の
国際取引に関する条約(CITES)」、
通称ワシントン条約で象牙の国際取引は1989年に禁止され、
1990年に発効した。
 
 だが1999年、ワシントン条約締約国会議は、
日本に対し象牙約50トンの試験的輸入を許可した。
違法に入手された象牙を国内市場から
締め出す対策を確実に取っていると
日本がアピールし、締約国会議もそれを認めたためだ。
008年には再び一時輸入が認められ、
翌2009年に日本は39トンを輸入した。

 現在、日本は非合法な象牙の流通を
取り締まれていないことが明らかになってきた。
EIAは12月9日に公表した新しい報告書で、
次のような厳しい結論を下している。
「日本の制度は抜け穴だらけであり、
法規制が弱いために効力が乏しく、
最も基本的なレベルにおいてさえ有効な歯止めが存在しない」

 報告書が挙げる大きな問題点5つを紹介する。

1. 日本の象牙取引規制制度には大きな抜け穴がある。

 象牙を所有するには、合法的に入手したという証明のための
登録が義務付けられている。
1999年か2009年に一時輸入された物か、
ワシントン条約による取引禁止以前の物であれば違法ではない。
しかしその証明は、禁止以前の輸入だと示す
税関の申告書のような正規の法的な書類以外にも、
日本の輸入業者が「合法的に入手した」と自分で明言した書面でも差し支えない。
「つまり、象牙の登録で利益を得る立場の者が、
合法性を証明する主要な証人でもあることを意味する」と報告書は指摘する。
当然のことながら、この制度は至る所で悪用されている。
報告書は、出所の「疑わしい」
つまり「合法的な入手または出所だという確実な証明が少しもない」象牙が、
2011年以降1000本以上登録され、合法のお墨付きを得ていると指摘している。

2. 日本の象牙取引業者は、象牙を登録するために
しばしば違法な手段を取ろうとする。
 
EIAの調査員が37の象牙取引業者に接触したところ、
30の業者が未登録の象牙を買い取るか切り分けよう、
あるいは嘘の記載をして登録しようと持ち掛けてきた。
覆面調査員に対し、複数の業者が「書類には嘘を書かないといけない。
登録証明書が欲しいなら、
本当のことを書いてはいけません」と説くという具合だった。
(参考記事:「密猟象牙の闇ルートを追う 特別調査レポート」)

3. 日本では象牙の取引が増えている。

 登録される象牙の数は年々増えている。
2010年に約500本だった登録数は、
2014年までに1900本近くにもなった。
同時に売り上げも伸びている。
Yahoo! Japanでの象牙の売り上げは
2010年には約200万ドル相当だったのが、
2014年には700万ドル近くにまで跳ね上がっている。

4. ネット販売が違法取引の中心だが、政府の監視が行き届いていない。

 日本の2大インターネット小売サイト、Yahoo! Japanと楽天市場では、
象牙の売り上げは毎年右肩上がりだ
(もちろんどちらも違法な商品の出品は禁止している)。
EIAの研究者が数えたところ、8月のある1日だけで、
この2つのサイトで販売されている象牙製品だけで
6000個、計510万ドル分もあった。
その大部分は印鑑だ。
報告書は「ネット通販業者の多くは、
法が定めた最低限の基準も満たしていない」とし、
このことは日本政府の「監視の脆弱さ、
および象牙の違法取引に対し実効性のある強制措置に
踏み切る能力または意志がない」ことの証だとして批判している。

5. 日本で売られた象牙の一部が、中国など海外に流出している。

 象牙の国際取引は違法であるにもかかわらず、
数多くの入札・購入代行業者が、国外のバイヤーに対し、
日本の小売サイトやオークションサイトから象牙を買う手助けを行っている。
香港に拠点を置くある会社は、
日本の業者が販売する8000以上の象牙製品リストを
自社のサイトに掲載しており、
日本国外からの購入も仲介可能とうたっていた。
これまでのところ、公的機関は
日本から中国へ送られた象牙1トン近くを押収している。
(参考記事:「史上最大の象牙焼却処分、香港で実施へ」)
文=Rachael Bale/訳=高野夏美

National Geographic Japan


もしかして象牙製品を有り難がって購買する人たちは
象牙は自然死した象からそっと抜き取る思っているのでしょうか。
まさかですよね。かくいう私も小学生くらいまではそう思っていましたが。。




スポンサーサイト

ベネトンにわかってもらおう


IMG_1341 (Small) (Custom)


アンゴラは動物繊維の一種で、アンゴラ・ウサギやアンゴラ・ヤギの毛を使う。
絹と同様、その生産方法は非常に残酷である。

ウサギはアンゴラ農場の小さいケージの中から一生出ることはない。
数か月おきに、皮をはがされたり、毛をむしりとられる。
しかも板に縛りつけられてだ。
あの小心な怖がりのウサギの痛みと恐怖を想像すると胸が締め付けられる。

H &M からフレンチコネクションまで、今や多くのファッション・ショップが
アンゴラ生産の残酷さに反対し、将来的にアンゴラ製品を店から排除すると決めているのに

世界的なブランドであるベネトンは
この非倫理的な製品の廃止をする意志もなく、
アンゴラ・ポリシーに関する顧客からの質問にも回答していない。

アンゴラ製品を店に置かないことによって
ファッション・ブランドの価値が増すことを
ベネトンにわかってもらうべく嘆願書を出そうではないか。


Benetton-button-2-copy.jpg

PETA UK

毎週土曜日は毛皮反対団体がCAFT - Coalition to Abolish the Fur Tradeも
毛皮服を販売しているロンドンのハービー・ニコラスの前でデモを行っています。


そして下のドイツの動物団体のビデオクリップ



クリップの説明
私たちは沈黙を破り、「何が行われているか知らない人々」に
このビデオクリップを提示します。
「動物たちの生命をどう扱うか」を心と知性で判断して頂けたらと思います。



壮観で素敵なしっぺ返し


10801805_704980602917251_7889014796286699632_n (Small)

写真は昨日、リーズ市のハービー・ニコラスの店の前で

毛皮製品を販売し続けているこの店に
一銭の金も落とさないよう、客に沢山のパンフレットを手渡した。
毛皮取引商店は私たちを追い払おうと懸命の努力をしていたが、
惜しかったね、ハービー!壮観で素敵なしっぺ返しをくらったようだ!

CAFT - Coalition to Abolish the Fur Trade
FACEBOOK より

理由と言い訳の違いを理解せよ

6648251033_b490247b16_m.jpg

カナダのアザラシ漁を肯定する手紙に対するショーン・マコーミックの返信

(魚の生態系を破壊するアザラシの赤ちゃんを撲殺するのは
環境保護の面では賞賛すべきことである。
また棍棒撲殺は一瞬にして意識を失わせるので
安楽死であるという趣旨のミッシェルからの手紙に応えて)

ミッシェル

今朝朝食をとっている際にあなたからの手紙を受け取りました。
それにはカナダのツンドラ地方のアザラシ漁の必要性と撲殺の優しさを
わかって欲しいという内容が書かれてありました。

返事をさせてください。

まず最初に私の頭に浮かんだ大きな懸念はアザラシは何千年もの間、
自分たちの頭数を自分たちで淘汰してきたのに、
今は人間がその域に足を踏み出して管理しようとしているということです。

もしアザラシの人口が生態系を破壊するほど増えているのなら、
棍棒を持って撲殺に行く人間たちが、なぜ生態系を守る職業として
きちんと雇われていないのでしょうか。
アザラシが食べる魚の個体数を調べ、
実際にどの種が生態系を破壊しているか特定すること。
すべてはそこから始まるのではありませんか。

ミッシェル

生物の人口があんなに残酷な淘汰の仕方を必要とするほど乱れているのなら、
人類の経済を支えるために、人間の大人も子供も同じような
(あなたが撲殺を安楽死と呼ぶ)やり方で間引きされてもよしとしましょう。
人間の人口は65億を超えています。
地球はもうこの人口を支えきれなくなっています。
静かに魚をシェアしているアザラシたちを殺しても、事態の解決にはなりません

アザラシを撲殺するといった不必要な殺戮が
自然保護の理由としてまかり通ることが問題なのです。
実際どのくらいアザラシを殺せば生態系が保たれるのか
仮説と方程式で説明してくれる科学者がいない代わりに、
怠惰なやり方で迫りくる危険に足がないため逃げられない動物に
一撃をくらわせる人間たちがいるのみです。

カナダのアザラシ漁師とそれに関連してビジネスをする人間たちは
単に金儲けのためにやっているにすぎません。
金銭欲に操られた不必要な行動を擁護する言い訳を探しているのです。
彼らは今やマスコミから自分たちの書類関係を隠匿していますよ。

世界中の多くのリーダーたちは占領軍を送ったり殺人や
大量虐殺をすることに関してさえも立派な理由をつけようとしています。
アザラシの殺戮を見た人々の中には、
殺戮は環境保全のために非常に良い行動であると
わざわざサポートの手紙を出すあなたのような人たちもいます。

金のために動物を撲殺する人々をサポートするのはあなたの勝手です。
しかしそれを環境保護のためだと私たちの目をくらませようとするのは
非常に不埒な行為です。理由と言い訳の違いを理解してください。
アザラシを殺して私たちが得るものは何もありません。
必要なのは救いです。私たちはこの地球を過剰搾取し、
自分たちが生き延びるために必要な資源さえも枯渇させているという
非常に危険な状態にあります。

私たちにさし迫る滅亡を予防するために
慈悲深い方法で子供たちを殺戮してくれる人間が
誰も出てきてくれていないことを非常に懸念しています。


Sean McCormack
Founder
www.animalstaiwan.org



私信です
おふみさん、ロージーの件でコメントを差し上げようとしたのですが、
3回失敗しました。おふみさんのメルアドも存じ上げませんので
こちらをご覧になってくださることがありましたら、
お時間のあるときに拙ブログ 5月12日 So You're Little Bobbie を覗いてみてください。
私からのメッセージです。お元気を出されてください。
天国で数珠つなぎで待ってくれているはずです。



革を作るために動物を殺すことの弁明などありようもない

IMG_3648.jpg



革産業の残酷さを知ったら、
死んだ動物の皮を身につけるのをすぐさま止めたいと思われるでしょう。
私たちスタイリッシュ・シューズ・チームにおまかせいただけますでしょうか。
あなたのワードローブをすぐさまヴィーガン仕様にさせていただけます。

まず PETA にあなたの今までの古い革靴を送ってください。
引き換えに20%の割引件をお送りいたしますので、
動物残酷無縁の新品の靴をオンラインでご購入する際にぜひお役にたててください。

私たちの靴はデザイン的にすぐれているだけでなく、
人間としてどうあるべきかの倫理性のすべての条件を
すべてトップでクリアしております。
しかも長持ちはするし、搾取労働とは無縁のものであり、
動物虐待には一切関与していません。
お送りくださった古い革靴は革製品が
どれだけ残酷であるかを見せつけるキャンペーンの一環として使います。

毎年世界中で革製品のために1000万匹以上の動物が殺戮されています。
狭いすし詰め状態の劣悪環境の繁殖農場で、
食餌もろくに与えられません。
麻酔なしで去勢手術や尾切断をし、
繁殖所から屠殺所までの長い残酷な輸送を強いられます。

革産業は自然破壊をし、人間の健康も被害を及ぼします。
ホルムアルデヒド、岩塩、コールタール、油や染料混合物などの
高い濃度の毒物、染料や仕上げ剤、
中には高濃度のシアン化物質も含まれた染料を使います。

皮の多くは中国とインドからやってきます。
労働環境基準など知ったこっちゃない貧しい労働環境、
毒物を扱う保護も無きに等しい状態です。
工場で働く人たちはガン、視力の問題、呼吸や皮膚の問題を抱えています。
また労働者やそばに住んでいる人たちの赤ん坊でさえも
生まれたときの異常が多く指摘されています。

私たちのマイクロファイバーの靴は動物を苦しめておりません。
革のように見え、革のように空気をよく通すのです。
しかも革よりももっと長持ちし、防水にもすぐれています。
牛や羊の命、動物たちの手足を犠牲にする必要などまったくないのですよ。
つまり革を作るために動物を殺すことの弁明などありようもないということです。

PETA UK

smart-derbys-225x300.jpg cut-out-low-boot-225x300.jpg


残念ながら欧州議会で動物福祉党は議席を獲得できませんでしたが、
できたばかりの党なのでここから出発です。
そしてこのヴィーガン仕様の靴屋さん、素晴らしいですね。
世界の苦しんでいる動物たちは自分たちのためにこうやって
日々闘っている人たちがたくさんいることを知る由もありませんが、
そこがまたよろしい。


プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR