亡くなる前に動物園の残酷さを広く伝えたはな子

IMG_3972 (5)


海外在住の私でも、衛星放送で日本のNHKニュースを
リアルタイムで見る事ができます。
象のはな子の死は一点の曇りのない美談として放送されていました。

ところがイギリスのニュースでは象を虐待したと怒りと批難の嵐です。
日本と海外では本当に同じ象のことを話題にしているのか、
しばらくわかりませんでした。 どうなっているのでしょう。

以下は署名サイトです。
和文があるかどうかわかりませんでしたので、ざっと訳しました。

署名宛先人:井の頭公園自然文化園、堀秀正副園長兼飼育係長

目的:罪のない動物が老いて孤独の中で死んでいくような事態を
二度と招かないよう再発防止を要求



日本の動物園で飼育されていた象のはな子は、
象にとって必要不可欠な精神面での刺激や楽しみを与えられず、
長く孤独な生涯を終えた。
終生コンクリートの囲いの中で玩具も、草木もなく、
たった一匹で囚えられていた「世界一孤独な象」と呼ばれている。

象は知能指数も社会性も情緒的にも非常にレベルが高く、
自然の中では他の動物たちと関わりや絆を結ぶ。
はな子はその必要性を最後まで満たされるチャンスは与えられなかった。
ひどい環境に生涯閉じ込めておいた動物園の責任は計り知れない。

これまではな子の悲惨な状況に心を痛めた海外の動物擁護家たちは、
はな子を象のサンクチュアリーに移すように何度も署名を集め、
資金を集めたが、何ら聞き入れられる事はなかった。

はな子は普通の生活のかけらも味わうことができずに死んでいった。
この美しい生き物はこんな形で生きるべきものではなかった。
動物園の責任を問い、このような悲劇が
今後他の動物に二度と起こらないように強く要求する。


以下は堀飼育係長への署名文です。ご賛同の方はネットで署名をしてください。
私は署名させていただきました。

堀副園長兼飼育係長殿

あなたの監視下のもとで、はな子という名前の象が玩具も植物も与えられず、
仲間もいないコンクリートの囲いの中で、孤独のまま死んでいきました。

以前から何度も、はなこ子のために良い環境を願って、
多くの人々が嘆願書を提出し、資金も集めましたが、
何も聞き入れられませんでした。
本来ならそんな嘆願書は必要ではなかったはずです。
はな子があんな残虐な環境の中で
生きていかなければならなかった正当な理由はまったくありません。

はな子はもうこの世にいません。
はな子の幸せになるチャンスは完全に消えてしまいました。
世界一孤独な象として死にました。

すべてあなたのせいです。
二度と再びこのような環境で動物を囲っておくことがないように、
園の動物たちがそれぞれの固体が必要とする自然な生環境を与えられ、
刺激を受け、幸せに生きていけるよう
あなたの責任で実行して頂くよう強くお願いいたします。

https://animalpetitions.org/131740/justice-for-worlds-loneliest-elephant-now-dead/

また今回の件に関して日本のPEACEさんのご意見が
私の気持ちと一緒ですので、ご紹介させていただきます。

井の頭自然文化園のゾウ「はな子」の死に寄せて        

本日、井の頭自然文化園のゾウ「はな子」が死亡したとのニュースがありました。

晩年、外国人ブロガーが署名を立ち上げたことで話題になりましたが、
単独飼育のゾウの問題は
日本の保護団体も訴えてこなかったわけではありません。
しかし、もうかなり以前から、
高齢で動かすこともできないというのが管理者側の見解でした。

亡くなったことにより、
再び「愛されてきたはな子」
「動物園の献身的な世話」といった美談が数多く流されることでしょう。

しかし、亡くなるまで改善することすらされなかった狭いコンクリートの獣舎、
家族で暮らすべきゾウがひとりぼっちでいること、
それらがゾウにとって虐待であった現実が消せるわけではありません。

人間の「ゾウを見て楽しみたい」
「子どもにゾウを見せてあげたい」というエゴの犠牲になったはな子。

東京都及び井の頭自然文化園には、
二度とゾウを導入することのないよう求めます。
また、はな子が亡くなったことで、
井の頭自然文化園の動物飼育の廃止自体を議論すべきときが来たと思います。
1つの自治体にいくつもの動物園はいりません。

亡くなる前に動物園の残酷さを広く伝えたはな子。
どうか安らかに眠ってください。
天国にコンクリートの檻はありません。

そして、どうか家族と会えますように……。


http://animals-peace.net/wildlife/hanako-death.html



スポンサーサイト

日本国民は未曾有の惨劇に瀕したとき天才的な力を発する

london.jpg



熊本地震に遭われた熊本の皆様、九州の皆様
心よりお見舞い申し上げます。心身のご健康に充分ご留意なされ、
一にも早く元の生活に戻る事が出来ます事をお祈り申し上げます。

また今回、ペット同伴避難を推進する熊本県のポリシーに大変勇気づけられました。
充分に体制は整っていなかったかもしれませんが、
少なくとも「置いて逃げることはしないでくれ」と言われることの心強さ。

犬にリードをつけ、猫をケージに入れ、一緒に走っている方々を拝見したとき、
正直申し上げて、日本に見えなかったです。

避難所に尻尾を振りながら一緒にいる犬たちを見たときに
「日本は確実に変わった」と感動いたしました。

またSNSで途切れなく発信されるペット同伴推奨メッセージも、
どれだけ気持ちをあげてくれたことでしょう。

そしてこんなに大変な状況の中で、
迷子の動物たちを保護し、家族と再会させるため奔走なさっている方々、団体の方々、
皆様本当にありがとうございます。

拙ブログで以前ご紹介させていただいた
2011年の東日本大震災後の3月19日に
イギリスの新聞に掲載された記事を
再度アップさせていただきます。

「日本国民は未曾有の惨劇に瀕したとき天才的な力を発する」

世界の人々は日本人のストイックな勇気を常に畏敬の念でもって見ている。
国民の特性を一般化するのは少々危険である。
気候や自然などのようにきちんと測ることはできないからである。
しかし、常識的に考えてみると、
サマセットのグリーンフィールドに住んでいる人たちの生活と
火山地帯に住んでいる人たちの生活には少々の違いがあるであろう。

人間は死んでいくけど、街が残る。
ヨーロッパ人は、少なくとも永遠に残るものがあるという幻想を抱いている。
だから私達はカテドラルを作るのだ。
今回の東北地震により一瞬ですべて破壊された日本人は
そんな幻想など抱いたこともない。

東京は1923年の地震.とアメリカ軍の1945年の爆弾で
20世紀に2回破壊されている。
そして二度とも東京は記録的な早さで
よりモダンなエキサイティングな都市にかわったのである。

自然の脅威から立ち直る日本人の原動力として
ひとつ考えられるのは彼らの宗教である。
仏教、神道、儒教の考えかたが
日本人の行動に影響を与えていると思われる。
終わりのない輪廻転生という仏教の思想は
崩壊と喪失において重要な意味をなす。
地震や津波を止めることはできない。
避けることのできない運命としての大きな破壊を受け入れるしかない。

日本人がよく使う言葉に「しかたがない」と言う言葉がある。
英語では ‘it’s only fair’ ‘it can’t be helped’.と置き換えればいいだろうか。
日本人が生命を軽んじているという意味ではない。
ただ人生というものは突然断ち切られることがあり得ると気づけば、
人はこの地球においてその時間をもっと愛おしむべきである。
形のあるものはすべてなくなるという事実に気づく度合いがその国の文化である。

何か美しいものが消滅するときに人は悲しむ。
日本人の桜の花に対する思いはひとしおである。
花見酒を酌み交わす間まもなく、短い命の桜の花は散っていくのである。
人生の諸行無常感は日本人の詩、絵画、映画、
さらに建築にでさえも見ることができる。
若い命が散っていくさまは桜の花にたとえられる。

国難を克服する日本人のリアクションは驚くべきものがある。
破壊されたものを再構築する際の基本概念として勤勉に力いっぱい、
そしてこんなに明るく適合させている姿は戦後どこの国にも見られない。
江戸時代に火事の被害を受けた市民のように
地震後まったくの無から築きあげるのだ。
日本人は打撃を受けてより強くなるのである。

今回の震災は日本人の最良の特異性引き出し、
いくつかの瞠目すべき変化をもたらすであろう。
世界中の多く人たちが共同体としてのマナーのよさに驚いている。
泥棒も暴動もパニックも存在していない。

自国のためにも世界のためにも一日も早く復興して欲しい。
だれも世界第三位の経済大国が
沈みっぱなしの状態を見たくはないのである。

悲しいことに災害はまたいつか起こる。
東京は60年ごとに起こる大災害を予期している。
そしてその時期はすぎている。
しかしそれでも人生を続けていくしかないのである。

神を祭る伊勢神宮は20年ごとに壊され
新しい杉の木で同じ姿に再建築される。
日本と同様、すべての生き物と同様、
いつか消え行くものを再生することによって永遠の存在にするために。

イアンブルーマ
Mail Online

批判ではなく代替え案を

SANPO.jpg

神奈川県動物保護センターボランティア通信第32号に記事を掲載させていただきました。
私の記事はさておき、ボランティア通信は非常に内容が濃いのでどうぞご一読ください。

ボランティア通信

ペットショップやブリーダーで次から次へと売られている命の横で
不要になった大量の犬猫たちをボタン一つでまとめて殺せばこんなに簡単なことはありません。

しかしそれをしないために、日本で、世界中で、多くの人たちが苦労しながら、
試行錯誤しながら、工夫しながら、大変さを厭わず、闘っているのです。

みんなそれぞれ、シェルターから動物を生きたまま出すという同じ目的に情熱を傾け、
日々献身的な努力を重ね、成し遂げようとしています。

それゆえ、もし誰かの、あるいは団体の軌道がはずれていると感じた場合は、
批判ではなく、代替え案を出しつつ助言すべきだと思います。

生命救済活動は同志のサポートなくして成功はあり得ません。
みんな大切なパートナーなのです。

Come On Japan

IMG_3195 (1)

11月25日メール・オンラインは
東京都議会議員の塩村あやか氏のドリームボックス視察記事を取り上げました。
同記事には塩村議員の視察サイトのリンクもあります。

野良犬ゼロ政策が施行されて以来、
東京の街に野良犬の姿を見ることはなくなったが、その代価はあまりに大きい。
日本の政治家、塩村氏はドリームボックスと呼ばれる動物殺処分センターを訪ねた。
そこでは15分かけて二酸化炭素で窒息させる、効率よく大量に、
非人道的な残虐な方法で日本の犬猫たちが殺処分されていたのである。
日本では飼い主が現れない犬猫はだいたい3日から7日間後に処分されるという。
塩村氏が視察したときは10匹の犬が処分された。何匹かはまだ首輪をしていたと。

檻の中の犬たちは、スタッフが直接動物に触らなくてもよいように、
そのままドリームボックスと呼ばれるガス処分室に移動させられ、
ボタン一つで二酸化炭素が排出される。
ロマンチックな名前ではあるが、その実態はガス殺戮処分室である。

PETA のディレクター、エリサ・アレンがメールオンラインに語る。

「二酸化炭素の殺戮方法は大変な苦しみと痛みを与えます。
猫は檻に体をうちつけ、必死に逃げようとしますし、
犬は咆哮し、苦しみながら檻の中をはいつくばります」

ガス殺戮室には窓ガラスがあり、作業員は殺処分完了を確認することできる。
塩村氏はこの窓ガラスから犬たちが窒息に苦しむ最後の様子を描写する。
犬たちは処分される前に震えそして息が荒くなり、最後は崩れ落ちていく。
死を確実にするために15分ガスを流し続ける。死体はゴミのように捨てられる。

塩村議員は発表を躊躇したが、動物大量虐殺の現状を衆知することに決めたそうである。
日本では毎年17万匹の犬猫がこの非人道的方法で処分されている。

エリサ・アレンは続ける。

「世界の動物シェルターはガスを廃止し、静脈注射に移行させています。
心をかけて、きちんと行う。
訓練されたスタッフが、一人は動物を抱きしめ、もう一人は静脈注射を正しく施せば
動物たちに、痛みのない、平和で安楽な解放を与えることができるのです」

この記事は3000近くシェアされ、読者のコメント数も多いです。

コメントを少々ご紹介すると:

残酷非道な話しだ。正直言うとアジアの国々の犬に対する扱いには反吐がでそうだ。
こんな写真なぞ見なきゃよかった。動物への仕打ちは悪魔的であり不愉快きわまる。

日本人はどうかしているんじゃないか。罪のない動物を15分もかけて拷問するのか?
素早く痛みや恐怖の感じないようにすることができないって?この21世紀に?

この地球で犬猫がこういうふうな殺され方をしているのを知るのは
ほんとうに悲しく落ち込んでしまう。
短期間で処分するのではなく、飼い主を探すのに全力を尽くすべきだ。
そんなに難しいことなのか?
私は二匹のウエスティがいるが、私と家族に計り知れない喜びをもたらしてくれる。
飼い主も必死で探しているかもしれない犬たちをこんな残酷な方法で処分するとは。

一番支持を受けていたコメント、そして私も同感するコメントは:

これがテクノロジー先導の国なのか。もっと良い方法を思いつけないのか。
おい、日本よ。何とかしろ。あなたたちなら、これよりもっとよくできるはずだ。

This is a country that leads the field in technology and cant come up with something better than this.
Come on Japan sort it out, you can do better than this.

MAIL ONLINE
殺処分の現場へ。塩村あやか


傷つくのは日本の国際的イメージだけである

IMG_3197.jpg

12月1日に日本の調査捕鯨船が出発したというニュースを読み上げた
アナウンサーは、Shame on Japan (恥を知れ、日本)と一言。

ロンドンの日本大使館の前には恒常的に和歌山のイルカ漁と捕鯨漁に対して
デモが行われています。12月18日は大々的なデモンストレーションが行われる予定で、
日本人は危険なので近づかないように注意を受けています。

イギリスだけでなく世界各国からの多大なる反発と反感を物ともせず、
これだけ日本のイメージを傷つけてまで
鯨を殺しに行く「もっと良いこと」は何なのでしょうね。

イギリス在住のエッセイストくろだいぬひこ氏の記事を全文ご紹介します。

オランダ・ハーグのICJ(国際司法裁判所)で日本が南極海で行なっている調査捕鯨に対し
「国際条約違反」の判決が下されたのは昨年一月だった。
これを受けてIWC(国際捕鯨委員会)は調査捕鯨の評価や手続きの厳格化を決めた。
その狙いは日本に調査捕鯨の再開を先延ばしさせることだった。

ところが日本の水産庁は先月「南極海における調査捕鯨を再開する」と発表した。
そして今月一日には早くも勇新丸など三隻から成る船団が下関を出港した。
ICJの判決に配慮して捕鯨の規模は縮小する方針だが、反捕鯨国は納得せず、
オーストラリアとニュージーランドは日本を非難する声明を発表した。

水産庁はなぜ外国の反対を押し切ってまで調査捕鯨を再開するのだろうか。
日本にとって捕鯨はそれほど重要な産業ではない。
日本人一人当たりの鯨肉の平均消費量は年間わずか四十グラム程度である。
三十年ほど前までは日本水産、大洋漁業(現在のマルハニチロ)、極洋などの
大手水産会社が南極海に船団を送り、競ってクジラを捕獲していたが、
今はそういう時代ではない。

調査捕鯨を担っているのは日本鯨類研究所という財団法人である。
ただし、実際に捕鯨を行なうのは同所の委託を受けた共同船舶という会社だ。
共同船舶には二〇〇六年まで大手水産会社が出資していたが、
現在は日本鯨類研究所はじめ水産庁の関連企業のみが株主になっている。
民間の水産各社は「将来解禁されたとしても捕鯨事業は行なわない」と明言している。
つまり満たすべき需要も守るべき業界もないのに
水産庁は世界に向かって「日本の捕鯨を認めよ」と叫んでいるのだ。これは異常である。

日本が調査捕鯨を行ない、捕獲した鯨を国内で販売することで、
「日本人は今でも日常的に鯨肉を食べている」という誤解が世界に広まった。
欧米の新聞は日本の捕鯨船に銛を打ち込まれ、
血を流して苦しんでいる鯨の写真を何度も掲載した。
最近では攻撃的な環境保護団体、シー・シェパードが日本の捕鯨を妨害して話題になり、
「残酷な日本人」というイメージを拡散させている。
こうしたことがどれほど日本の評判を傷つけて来たか
水産庁の役人たちは知っているのだろうか。

そもそも英仏の法律家を含む強力弁護団で臨み、
必ず勝てると思われたICJの裁判で負けたのは
日本が普段から国際的な広報に力を入れていなかったからである。
そうした弱点を放置したまま、南極海で調査捕鯨を再開して何の利益があるのだろう。

「捕鯨は日本の伝統であり、鯨肉を食べることは日本の食文化だ」と言う人がいる。
しかし、それは昔ながらの沿岸捕鯨についてのみいえることだ。
日本が南極海で大規模な捕鯨を行なうようになったのは一九三〇年代で、
歴史的に見ればつい最近である。
日本から遠く離れた海域での捕鯨を「日本の伝統的漁業」と言っても説得力はない。
確かに日本の沿岸では太古の昔から捕鯨が行なわれて来た。
その漁法は今も北海道、宮城、千葉、和歌山などに残されているが、
そうした地場の捕鯨と遠洋で行なう大規模な商業捕鯨は区別して考えなければならない。 

IWCは捕鯨とは無縁のアフリカの国々まで巻き込み、
捕鯨支持国と非支持国に分かれていがみ合って来たが、
過去に一度だけ折り合えるチャンスがあった。
それは一九九七年の総会でアイルランドが独自の妥協案を提出した時だ。
簡単にいうとその内容は、(一)各国に沿岸での捕鯨を認める
(二)公海での商業捕鯨は恒久的に禁止する
(三)日本は調査捕鯨を段階的に停止する―というものだった。
各国はこの案を評価したが、従来からの立場に固執して妥結には至らなかった。
最近になって「あの時、互いに譲歩して妥結しておけばよかった」
という声が聞かれるが、後の祭りである。

日本に関していえば妥協しないのは前述したように、
満たすべき需要も守るべき業界も実は存在しないからである。
だから交渉が前に進まなくても一向にかまわないのだ。
この世知辛い時代にずいぶんノンキな話である。

日本の調査捕鯨再開を知ったシー・シェパードは
「待ってました」とばかりにこれを妨害する構えを見せている。

もう一度いうが、そうしたトラブルで傷つくのは日本の国際的イメージである。
もうこのあたりで日本は捕鯨に対する考え方を根本的に改めるべきである。
遠洋捕鯨をやめ、地場の沿岸捕鯨だけを守る方針に転換しても世論は反対しないだろう。
それによる日本のイメージの改善は大きな国益となるはずである。 



「大の男が号泣する時」キンドル版販売中です。
場所も取らず、お値段もよろしい!
405円は2ポンドちょっとで、ロンドンの地下鉄一駅も乗れない安さです(笑)
利益はすべて動物たちのお財布へ行きます。


http://www.amazon.co.jp/dp/B018P6UZNW

millie blog



プロフィール

ノーマンテイラー邦子

Author:ノーマンテイラー邦子
ロンドン在住/通訳・翻訳業
保護猫延べ6匹、保護犬一匹、庭にキツネ3匹ほど
ホームページ
私に何の関係があるというのだ

最新記事
多くの方々がご覧くださった記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イギリスの動物保護団体
ノン・キル・シェルターの成功法ヒント
お一人でも多くの方へ
当サイトはリンクフリーです。転載、引用、ご自由になさってください。 動物たちにとっての最大の脅威は「残忍な人間たち」でありますが、 同時に「実際に何が行われているかを知らない人たち」です。 どうぞお一人でも多くの方に広めていただければ、 これに勝る幸せはありません。 本ブログは私がすべて英語より意訳/荒訳/超訳/創作訳をさせて戴いております。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR